Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

野田聖子氏側が金融庁へ圧力? 仮想通貨関係会社の調査や説明要求

野田氏側、金融庁に説明要求 仮想通貨調査対象業者伴い

野田聖子総務相の事務所が今年1月、無登録での仮想通貨交換業の疑いで金融庁から調査を受けていた企画会社の関係者を同席させたうえで、金融庁の担当者を呼び、庁としてのスタンスなどを説明させていたことがわかりました。現役閣僚側による行政調査への圧力とも取られかねない行為で、朝日新聞は同事務所に複数回にわたって説明を求めたが、回答はしませんでした。

関係者によると、この企画会社(東京都)は昨年10月から独自の仮想通貨を販売。有名芸能人も関わるなどして話題を呼んでおりこれに対し、金融庁は今年1月12日、仮想通貨交換業を無登録で行う資金決済法違反の疑いがあると同社に通告し、書面での回答を求めました。「期限までに回答がない場合、捜査当局への情報提供や必要な措置をとる」とも伝えております。

朝日新聞が情報公開請求をして開示された文書などによると、同社に通告が出された数日後の1月中旬、野田氏の事務所が金融庁に説明を求め、「相談者」として企画会社の関係者が同席することも伝えたと言います。開示文書では、説明を求めた人物は黒塗りだったが、関係者などによると野田氏の秘書だという。

要請を受けて金融庁の担当者は同月30日に議員会館を訪問し、野田氏の秘書と企画会社の関係者に対し、仮想通貨を発行して資金を集める際の規制についての庁のスタンスなどを説明したとされています。

金融庁は同月30日の説明後も調査を継続し、2月下旬に、企画会社に対して同法に抵触するため仮想通貨の販売を行わないよう行政指導を致しました。

金融庁幹部は、今回の野田氏の事務所からの説明要求について「調査に影響はなかったと思うが、大臣の関係者から調査対象会社の同席で説明を求められれば、役人としては圧力だと感じるだろう」と話しています。

行政調査に対する国会議員側からの照会をめぐっては、山本幸三衆院議員(自民)が2012年に知人が絡むインサイダー事件で証券取引等監視委員会の調査について国会質問したことや、鳩山二郎衆院議員(自民)の秘書が17年に自身が関わる会社の関連先の税務調査について国税庁に説明を求めたことなどが問題になっています。

金融庁からは厳しめの意見を頂いており、仮想通貨をより安心安全で行うために必要な業務ですね。

金融庁の厳しめな意見がありますが仮想通貨は少しづつ伸びております!

ビットコインは2日間で1000ドル上昇

18日の仮想通貨相場は上昇を続け、過去24時間で見ると時価総額トップ100うち実に98の仮想通貨がプラスでした!ビットコイン価格に対する新たな強気発言もありビットコインが引き続き上昇した他、ステラやカルダノなども相場をけん引しました。

仮想通貨相場全体の時価総額は2960億ドルを突破し、ビットコインが7000ドル以下だった6月11日以来の高値をつけました!7日間で400億ドルもプラスになったことを示していますね!!

 

過去24時間でステラ(XLM)とカルダノ(ADA)の上昇幅が大きく、それぞれ約30%と21%上がりました!ステラは執筆時点で0.30 ドルと1週間で約59%上昇した。ステラを運営するステラ・デベロップメント・ファンデーションは17日、ステラの技術とネットワークがシャリア適合認証を取得したと発表。イスラム金融世界におけるステラのエコシステム拡大が期待されています!!

一方カルダノは、現在約0.18ドル付近で推移していて、過去7日間で約41.5%のプラスでした。

先週、米国の仮想通貨取引所大手のコインベース が、ステラとカルダノを含めた5つのアルトコインの追加を模索していると発表しております!

18日には今後のビットコイン価格に対する強気な見解がまた飛び出し、億万長者であり投資会社アベニュー・キャピタル・グループの共同創業者であるマーク・ラスリー氏がビットコインは「主流」になりつつあり4万ドルをつける可能性があると話しました。ラスリー氏によると「ビットコインの投資家は3〜5年で5〜10倍儲ける」ことになると言います。これは同感できますね!

仮想通貨の値上がり、値下がり、なぜ変わる?

仮想通貨は株式などと同じように価格が変動します。

例えばビットコインの2017年10月から2018年の4月までの間の値動きを示した以下のチャートを見ると、半年間で大きな価格の変動が起こっていることがわかります。

では、なぜこのような価格の変化が起こるのでしょうか?

仮想通貨が値上がりする仕組み

仮想通貨が値上がりする仕組みとして需要と供給将来性通貨や発行者の知名度や信頼性取引所への上場インフルエンサーの発言など様々です。

これからそれらの要因について説明します!

需要と供給

資本主義社会において、物の値段は全て需要と供給の影響を受けて決まります

例えばカードゲームのカードの場合、当たる確率が高くてみんなが欲しがらない弱いカードであればネットオークションなどでも安い価格で購入できます。

一方で、たまにしか当たらないカードでみんながどうしてもそのカードが欲しいと思えるカードの場合はそのカードの値段は上がります。

このように人々の欲しがる気持ち(需要)と売り手の在庫(供給)により物の値段は左右され、仮想通貨も例外ではありません

将来性

仮想通貨は将来性により値上がりすることが多くあります。

仮想通貨は現在まだ黎明期で、日常生活ではあまり使えません。

そのため実際の需要よりも「今後需要が拡大するのではないか?」という思惑で価格が変動しやすいです。

例えば大企業や人気サービスとの提携の噂などから「もし提携が発表されれば通貨の実用性が高まり需要が高まるのでは?」という思惑で価格が高騰します。

通貨や発行者の知名度

仮想通貨の上昇の大きな要因の一つに通貨やその通貨の開発陣の知名度や信頼性が大きく影響します。

数多くの仮想通貨が存在する中、発行されたばかりの通貨はBitcoin(ビットコイン)などと比べて投資家に認知されにくいため需要が高まりにくく値段もなかなか上がりません。

仮想通貨の価格向上にはまず認知度の向上が必須です。Tron(トロン)というアルトコインはジャスティン・サンというツイッターで40万人以上のフォロワーを持つ創業者により開発されました

創業者である彼の知名度はとても高く彼のSNSにおける情報発信はTronの知名度と信頼度の向上に大きく貢献し、その結果Tronの理念や優れた機能などを理解する投資家が増え価格が上昇しました。

取引所への上場

仮想通貨が上昇するタイミングとして取引所、特に世界規模にユーザーを獲得している取引所へ上場する時が挙げられます。

仮想通貨は基本的に発行された当初は取引所を通して購入できることは珍しく、ICOなどを通じて投資家が自ら購入する必要性があります。

そのため初心者にはハードルが高いです。

しかし仮想通貨が取引所に上場して取引所で購入できるようになると購入までのステップが簡単になるので多くの投資家が簡単に売買できるようになります。

そのためその通貨に対する需要が高まり、価格が向上することが多いです。

インフルエンサーが発言する内容による上昇や下降

日本ではイケダハヤトさんなどをはじめとする仮想通貨の情報を発信するインフルエンサーが多くいます。

海外にも同じように仮想通貨界におけるインフルエンサーは多く「マカフィー砲」と呼ばれるジョン・マカフィーさんがツイートした仮想通貨は価格が高騰するという現象が起きています。

このように影響力のある人の通貨に対する肯定的な発言が値段を押し上げることはよくあります。下げることもありますが・・。

一方で自らの知名度などを悪用した仕手行為を仕掛けるインフルエンサーもいるのでインフルエンサーの発言は安易に受け入れずしっかりと自分で判断をしましょう。

仮想通貨の値動きが激しい理由

仮想通貨の値動きは為替や株式などの金融商品と比較するととても大きいです。では仮想通貨の値動きが大きい理由は何でしょうか?以下詳しく解説します!

投資家が仮想通貨売買を噂を頼りにしている

仮想通貨は実体がない通貨です。

株式などの場合はその会社の業績などに紐付けられて値段が決まりますが仮想通貨はその価値を担保するものがないことが多く、純粋な需要と供給の関係で値段がつくことが多いです。

そのためいい噂が広まれば大勢の投資家が一気に買いに走り、逆に悪い噂が広まれば売りに走るという状況が生まれます。

したがって値動きが激しくなると考えられます。

取引総額や購入者、投資家数が少ない事も!

仮想通貨はまだ新しくできた金融投資のジャンルであるため市場全体の取引総額や、投資に参加している投資家の数が少ないです。

取引量が少ない市場に大口の注文が出された場合、その買い注文分の売り注文がなければ値段は上がります。

仮想通貨市場はまだ購入者数が少ないので少しのお金の動きで市場が大きく影響を受けるため結果的に激しい値動きになります。

ストップ高・ストップ安がない

ストップ高、ストップ安については後ほど詳しく説明しますが簡単に説明すると仮想通貨市場には1日あたりの値動きの上限がありません。

そのため上昇ムードや暴落ムードに入ってしまった場合一気に値段が動きます。

機関投資家の参加数が少ない

仮想通貨市場には機関投資家と呼ばれるプロのトレーダーが株式や為替市場と比べると参入していません。

機関投資家は売買をする際にその売買の根拠をしっかりと持って行いますが、素人投資家は噂などに流されやすい傾向があります。

そのためいい噂が流れれば大勢が買いに走り、悪い噂が出れば売りに走るという動きが起こるので素人投資家が多い仮想通貨業界では激しく値段の変動が起こります

国家などによる規制のリスクがある

仮想通貨は投資手段としてはまだ黎明期です。

そのため法整備などがまだ追いつききれていません。

例えば2017年には中国において仮想通貨取引所が政府によって規制されてしまうなどの事態が起こっています。

このように政治的権力により市場が閉ざされてしまうリスクを伴う仮想通貨は規制の噂などによる大暴落や規制緩和の噂による急騰が起こりやすいです。

仮想通貨値上がり仕組み まとめ

仮想通貨の値上がりの仕組みについて色々な原因を交えて説明致しました!

仮想通貨が値上がりする原因は多数あり、中には仕手行為による上昇などといった人為的に作られたものもあります。

仕手行為に引っかかってしまうと損をしてしまうことが多いので気をつけましょうね!

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る