Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「モネロコイン」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

時価総額や知名度について
時価総額は約4000億円で時価総額ランキング13位の結構メジャーな仮想通貨です。通貨単位はXMR(Monero)となっています。 1XMR = 25000円ほどで、公開当初から成長し続けている通貨です。
管理主体や発行枚数について
モネロコインに発行上限枚数はありません。 市場には約1600万枚のモネロコインがすでに供給されています。 発行上限がないということは、発行すれば発行するほど通貨の価値が下がっていくということになるのでこの選択が吉と出るか凶と出るかわからいですが、ビットコインを始めとして通貨の希少性を保つために発行上限を設けている仮想通貨も多くあります。
こんな技術が使われている!
モネロコインには「ワンタイムリング署名」という匿名化する技術が有名です。 このワンタイムリング署名というのはCryptNightという匿名性に特化しているアルゴリズムを採用していることから実現させているとにかく匿名性に特化している技術を使っている仮想通貨です。 ビットコインを始めとしたブロックチェーン技術を利用している仮想通貨は取引履歴を完全に公開して、ユーザー同士でチェックしあって不正がないようにしましょうっていう仕組みになっています。 しかし、モネロではそれとは反対に、取引履歴をチェックするっことが難しい仕組みにすることで匿名性を保っているということです。
こんなところが優れている!
やはりモネロコインの一番の良いところは、一番の特徴でもある匿名性ですね。 様々が技術で匿名性を高く保つと同時にセキュリティ面も高い水準を保っていて、モネロコインをハッキングするにはビットコインをハッキングするのに比べて約1000倍ほどのコストがかかると言われています。1000倍もかかるならハッキングして盗み出せたお金よりもコストの方がかかってしまう可能性もあるのでハッキングする気も失せますよね。 もう1つの良いところは、モネロコインは取引速度が速く高速で行えます。 ビットコインの取引速度は10分で、1つの取引を承認するのに10分かかります。しかし、モネロコインの場合は2分で取引を承認することができます。 このスピードはビットコインの5倍の速度で取引処理を行うことができるのでこの面では実用性のある仮想通貨ですね。 また、モネロコインはマイニングを容易に行うことができます。ビットコインではすでに企業単位でマイニングを行っていて、一般の人々が普通のコンピューターを使ってマイニングすることはかなり厳しいです。 しかし、モネロコインはマイニングが一般コンピューターからでもできるので、誰でも参加する子ができます。 時価総額4000億円でランキング13位のメジャーな仮想通貨のマイニングに簡単に参加できるのはありがたいですね。
こんなところが残念!
モネロコインは匿名性を売りにしてやっているため、この匿名性の高さが裏目に出る可能性があります。具体的に説明すると、ブロックチェーンの取引履歴を終えないことからマネーロンダリングなどの犯罪に利用される可能性があります。 マネーロンダリングとは、麻薬取引や脱税など不正をして得られた資金を、出所をわからなくするために資金の送金を繰り返すことです。 マネーロンダリングをした際、取引り履歴が残ってしまうのが一番厄介なのですが、モネロコインのブロックチェーンを使えば、匿名性が高いので取引履歴を負うことができなくなって、逃げ切ることができてしまいます。 こういったことから、モネロコインは犯罪のプラットフォームのようになる可能性もあるので、大きな懸念点もあります。
将来性
モネロはスマートコントラクトのような革新的な技術を搭載しているわけではないので将来性についてどうこう言うには少し早い気がします。というのも、匿名というのを売りにしてやっているので、この匿名が時代が進むにつれ世間がどう認識するかがモネロコインの将来を分けるカギとなってくると思われます。 しかし、いい方向に進めばモネロコインが今のビットコインのように仮想通貨の基盤となる可能性もあるのは否めないのでまだ何とも言えない状態ですね。 賛否両論ある仮想通貨なのですが、時価総額は全体で13位とかなりメジャーな通貨なので期待する価値はあるのではないでしょうか。
その他の情報
モネロコインが世間を騒がせたと言えば韓国の大手仮想通貨取引所のBithumbに上場したことですね。 Bithumbは仮想通貨界でもかなり有名な仮想通貨取引所で、その大手取引所の上場を成功させたことでモネロコインのネームバリューや信頼度がグッと上がりましたね。
オススメの取引所
モネロコインを取り扱っている国内の取引所は今のところCoincheckしかないです。 コインチェックは色々騒動がありましたが、現状モネロコインを日本円から買うことができるのはCoincheckからだけとなっています。 海外の取引所ではKraken,Binanceなどがあります。 Krakenは海外の取引所ながら、日本円からの入金が可能なので、ビットコインやイーサリアムを持っていなくても普通に買うことができます。(日本円対応力はそこまで高くない) 通常、海外の取引所ならば日本円からの取引を受け付けていないので、日本の取引所からビットコインを買い、そこから海外の取引所に送ってから、取引を開始する必要があります。 その面からみると、Krakenからの取引はとても楽ですね。 また、Krakenは日本語サポートもあるので、英語が分からなくても安心して使うことができます。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る