Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

エストニアからみたスマートコントラクトの重要性

エストニアから見たスマートコントラクトの重要性

こんにちは、チャソ社長です。
みなさんエストニアという国はご存知でしょうか?
エストニアという国は、人口はわずか130万人(東京都だけで1000万人なので国としていかに人口が少ないかわかると思います)
ながらも、世界最先端のブロックチェーン大国であり、起業家を多数生み出している国なのです。
エストニア発祥の有名なサービスだとSkypeがあります。

そして、皆さんもご存知、ブロックチェーン技術は仮想通貨の基幹システムなわけですが、エストニアはこのブロックチェーンを行政に取り入れている先進国です。

日本では住所を変更をするときにはわざわざ役所に行く必要がありますよね?
そして、住所を変更すれば

・運転免許証
・保険証
・水道・ガス・電気
・各種カード
・各種登記情報
・銀行

などなど、、、あげればきりがありませんが、各種住所変更にものすごい労力と時間が費やされてしまいます。
しかし、エストニアでは役所にわざわざ行き変更の手続きの必要がありません。
ITとブロックチェーン技術が導入されているため、オンライン上で全て手続きが容易にできてしまいます。

エストニア国民に割り振られたIDカード(日本のマインバーはこのエストニアのIDカードを見習って導入された)に従って、個人の情報がデータベース化され、エストニア国民はこのIDカードを用いることで、多くのサービスを受けることができます。

私が行ってきたショールームという施設ではそれらを体感できる場所となりました。

なぜエストニアはこのようにIT&ブロックチェーン大国となれたのでしょうか?
それは、
「国家の破綻」

「国家の存続」
かの選択をせまられたからです。

「え?どういうこと?」
と思われたかもしれませんが、
エストニアは世界で最も貧乏な国の一つでしたが、
「公務員の削減」によって国家破綻を抜け出した国なのです。

どういうことかというと、
「公務員を大幅に削減して国家運営をITに移行してコストを下げ、そこで浮いたお金を新規事業の投資に回す」
それを継続してきたからこそ、「国家の破綻」から「裕福な国」へと変貌を遂げ、IT&ブロックチェーン先進国としての地位を築くことができたのです。

以上、IT&ブロックチェーン大国エストニアの例を見て、これからの仮想通貨の予想を予想していきたいと思います。
まず、仮想通貨というのまず一括りの名称であるため、
細分化してみていきましょう。

仮想通貨の種類は

①通貨系(ビットコインやライトコインなど)
②開発者ツールプロジェクト系通貨(イーサリアム、NEOなど)
③金融IT(フィンテック)系プロジェクト通貨(リップルなど)
に分かれます。

そのなかで今回お話ししたエストニア
国家・国民のデータ管理や変更や移行は①〜③のうちどれに当てはまるかわかりますか?
それはずばり
②です。

ブロックチェーンを活用したデータ管理・データ移行・データ上の契約で有名なのは
イーサリアムのスマートコントラクトがあります。

スマートコントラクトは、その名前からイメージできる通り、契約をスマートに行えるプロトコルのことを言います。
つまりスマートコントラクトとは契約の自動化であり、契約の条件確認や履行までを自動的にできます。

この技術こそがエストニアのように国家・国民のデータ管理や変更や移行に応用されていきます。

つまり、応用されさらに実用化されていけばその基幹にあるスマートコントラクト系の主要通貨であるイーサリアムは価格があがっていくでしょう。

もちろん、イーサリアムを超えるスマートコントラクトが可能な通貨ができて、それが採用されて実用化されればその通貨があがっていきます。

つまり、データ管理や変更や移行が容易にできて実際に実用化に採用された通貨が大きく値上がっていくことになります。
現時点ではこの分野ではイーサリアムがトップを走っていますが、
NEOやLiskも同様の開発者ツールプロジェクト系通貨でありその動向は注視する必要があります。

また、最近のプロジェクトではCentralityという通貨も同様の開発者ツールプロジェクト系通貨であり目が離せません。
しかもCentralityはイーサリアムやNEOと比べてもまだまだ時価総額が低いですが、その利便性から実用化が最も期待できるプロジェクトなのです。Centralityの価値はまだまだあがっていくでしょう。

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る