Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「ヴィチェーン」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

ヴィチェーンは商品の流通面で追いに役に立つプラットフォームです。ブロックチェーンを基にしてデータ情報を改ざんできない仕組みを利用しているので、そのトランザクション情報を追跡することで、商品が本物か偽物か、どんな状態にあるのか、発送過程での問題は何もないかなどを確かめることができる仕組みで、商品の流通面において、ヴィチェーンを使えばより信憑性を増す取引が行えるようになっています。 [toc]

時価総額や知名度について

通貨名はVENで、2017年8月に公開されたばかりの比較的新しいコインです。時価総額は約3000億で、時価総額ランキングは15位にランクインしているメジャーな仮想通貨です。 ちなみに、15位付近にはイーサリアムクラシックや、中国版のイーサリアムと呼ばれるNeoなどがいるので、メジャーさが伝わりやすいと思います。

管理主体や発行枚数について

ヴィチェインは発行上限枚数を設けていません。現在約9億枚近く発行しているので、かなりの量が市場に出回っています。ちなみに主要仮想通貨のビットコインは発行上限を2100万枚に設定していて、コインに希少性を保たせていますが、すでに8割以上が発行済みです。

こんな技術が使われている!

Vechainはブロックチェーンを使って、商品の流通面で製造、販売などの過程をトラッキング(追うこと)ができるサービスを実現させる技術を開発しています。流通の過程で起こる出来事やイベントなどをリアルタイムでデジタル化したデータを把握します。また、ヴィチェーンのプラットフォームはイーサリアムを基に開発されているので、スマートコントラクト機能も使うことができます。スマートコントラクト機能とは、個人間や企業間の契約を自動化できる次世代の革新的仕組みのことを言います。このスマートコントラクトを実現させることで、契約の条件を全て改ざん不可能なブロックチェーン上に書き込むことで、契約に必要な契約書や、相手の会社が経済的に問題あるかどうかを見極める監査のような作業や、相手が契約を放棄する心配などがなくなり、契約を自動で執行することができます。

こんなところが優れている!

ヴィチェーンは商品流通で信憑性を確保することができます。例えば中国製品は偽物ばかりが出回っているというようなイメージを持つ我々日本人ですが、ヴィチェーンでは商品が本物かどうかを判別することができる特殊なチップをブロックチェーン上に電子データ化された商品情報と一緒に管理します。そうすることで、ブロックチェーンではデータの改ざんが不可能なので、ヴィチェーンのプラットフォーム上で流通する商品は論理上全て本物ということになり信憑性を確保することができるようになります。例外として、偽物とわかっているものが安価で売られ散る場合もありますが、チップで管理されているものですから、騙される可能性が全くなくなるので、ヴィチェーンを使うことでより安心して商品を購入することができるようになりますね。 また、農業でもヴィチェーンのプラットフォームは大いに活躍すると期待されます。 ヴィチェーンはIoTも取り入れることで、インターネットによってデータ管理された正確なデータを下ろすことができるため、全ての農作物の正規データが公開されることでより競争が激しくなり、商品の質をよく保とうとする動きが高まり農作物の質が上がると言われています。 また、公開されたノウハウを農家が共有することで、従来よりも質の高い農業ノウハウをシェアすることができるという意味もあります。最近耳にするIT×農業という言葉はこのことですね。 さらに、これは農業だけの話ではなく医療にも言えることです。医療品などが世界を通して扱われることになるとやはり互いが信頼しあっている者同士でなければ貿易などで取引することができません、なぜなら、患者の健康に直接影響が行き届くもので生死にかかわることだからです。このことから、医療品を始めとした取引されるものは値が高くつく場合があります、しかし、確実に正しく改ざん不可能なデータがあるのならば、相手がどこであろうと取引することができるので、幅広い範囲で取引することができるようになり、商品の価格を安く抑えて取引できるようになる可能性があります。

こんなところが残念!

ヴィチェーンに関しては現在の所大きなデメリットは見つかっていません。 ユーザーの利用レベルで細かいことを言うと、値段や取り扱い取引所などの面ではありますが、不祥事や何かの疑惑であったりするようなことも今のところなく、ネット上の記事を参照しても同じようなことが書かれています。

将来性

今後ネット社会がさらに発達していき、商品を簡単にリリースできるようになることから、本物か偽物かなどを見極めるようにできるプラットフォームは価値が出てくると期待されています。 このプラットフォームが普及していくことで、将来的に偽物が出回ることがなくなり、価値があり質が高いものだけが出回るともっと安心して、インターネットが発達した社会を暮らせるようになるので便利ですね。 また、この仕組みが実現することで、ブロックチェーンを通して商品の流通面でよりエコなビジネスをすることができるようになると期待され、商品の単価を安く扱えるようになる可能性もあるので世界を幸せにすることができるビジネスになるかもしれないので、普及することで値が上がる可能性は十分にあると思われます。

オススメの取引所

ヴィチェーンを国内取引所で取り扱っているところは現在のところありません。 海外の取引所ではBinance,Huobi,Liqui,HitBTCなどがありますが、オススメとしてはBinance(バイナンス)がオススメです。 バイナンスは手数料が0.1%とかなり安く取引でき、取り扱い銘柄も100種類以上と豊富な銘柄を取り扱っているので、ヴィチェーン以外に良い仮想通貨を発見した際にすぐに取引できる状態になる可能性が高いです。(取り扱い銘柄が多いから)]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る