Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「アイコン」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

アイコンは韓国産のあるとコインです。高いスペックを誇り、スマートコントラクト機能を持つことから韓国版イーサリアムとも呼ばれています。アイコンは現実世界とネットワークを繋げるという目的をもって作られています。この繋ぐという意味でHyperconnect(ハイパーコネクト)としてネットワークと銀行などの金融機関、学校、病院などに連結される架け橋となることを目標としています。現在ブロックチェーン技術は革新的なものと称賛されていますが、まだまだ良くすることはできます。悪い言い方をすれば発展途上段階ですね。できたばっかなので当たり前ですけど。現在、クレジットカードを使うと自動的に複数の仲介会社を通すので手数料がかなりかかるのですが、ブロックチェーンを基にして、アイコン独自のネットワークを駆使し、コミュニティ全体で共有し取引手数料を大幅に減らすことができます。このブロックチェーン技術をアイコンの力でもっと使いやすく、便利なものにしていこうというものです。 [toc]

時価総額や知名度について

アイコンの通貨名はICXで、2017年9月に公開されました。時価総額は約1700億円で時価総額ランキング20位の仮想通貨です。 1 ICON = 約430円で取引されています。

管理主体や発行枚数について

アイコンの発行上限枚数は約4億枚で、市場にはすでに9割ほど出回っています。 また、アイコンは管理者が存在しない分散型取引所対タイプで公平性をかなり高めていることがわかります。

こんな技術が使われている!

アイコンはSCOREというアイコン独自のスマートコントラクトを用いています。SCOREはSmart Contract On Reliable Environmentの略で、拡張性の高いスマートコントラクトを実現させています。 また、ブロック認証システム(コンセンサスアルゴリズム)ではLFT(Loop Fault Tolerance)が採用されていて、1秒間に9000もの取引を処理できる技術が使用されています。ビットコインはPoWというコンセンサスアルゴリズムを使用しており、高いセキュリティを誇りますが10分に1つというスピードなので、いかにLFTが取引速度にすぐれているのかわりますね。

こんなところが優れている!

アイコンは仮想通貨と現実世界を繋げる役割を果たすという目標があるので、その目標は幅広いもので、現実化したら多くの公共機関でアイコンの技術を使いものが多くなるのではないかと思われます。つまり、ユーザビリティがとても高いのが大きなメリットだと思われます。 具体的にはアイコンネットワークというもので、スマートコントラクトを使用して、アイコンネットワークに提携しているコミュニティ内で送金、支払い、契約、両替などをリアルタイムに素早く実行することができるもので、実現することで高い汎用性実現させることができる優れた機能です、さらにアイコンはブロックチェーンのコネクター(繋げる役割)を持つので、アイコンネットワークを中心として、他の多くのブロックチェーンとつながり、より大きなコミュニティを作ることができるとされています。 また、アイコンのアドバイザーにはテクノロジーと社会現象など近未来的な研究での第一人者のドン・タプスコット氏がついています。 タプスコット氏は時価総額ランキング3位のリップル社が行った大型カンファレンスを仕切っていた講演者の一人で仮想通貨界でもかなりの存在感を放っているようで、大物がアドバイザーについたことで注目を集めています。

こんなところが残念!

アイコンはビットコインの値動きにとらわれにくいというメリットの裏に、他のコインが上昇基調の時に下落するという可能性もあります。 大きな欠点というわけではないのですが、他と違うということは良い面も悪い面もあると言われています。 また、国内でアイコンを取り扱う取引所がないので、アイコンを購入したい場合は少し遠回りな取引をしなくてはならないです しかし、今のところ大したデメリットはなく、ビジョンもしっかりしている先が明るい仮想通貨ともいえると思います。

将来性

アイコンは今のところ使用用途は少ないです、しかし将来におけるアイコンの立場や目標というのが明確なので先が明るく見えます。アイコンの場合は仮想通貨はまだまだ現実世界のビジネスで使うには認知度も低く、ハードルが高いという面があります、そのような問題をアイコンの技術で解決していき社会と仮想通貨を繋げるという思いでやっているので、人々の暮らしが良くなるように励んでいるって感じがして素晴らしいともいます。実際にアイコンの事業が完成すればクレジットカードの利用や契約などにおいて手数料が大幅に安くなったり、簡略化されることが見込めるため、時価総額ランキングでも20位と上位に位置しているのではないかと思います。

その他の情報

アイコンはDAYLI Financial Groupとパートナーとして提携していますが、そのDAYLI Financial Groupには日本のSBIホールディングスも出資しています。アイコンのパートナーに日本が出資したということは、アイコンに関して将来性を確信して出資したということととらえることもできると思うので、ここからもアイコンの将来性の高さを感じる事ができます。

オススメの取引所

現在の所国内ではアイコンを取り扱っている取引所はありません。 海外の取引所ではBinance, Huobi,OKEx,HitBTCなどの取引所が取り扱っています。 海外の取引所は基本的に日本円からの入金を取り扱っていないので、国内取引所でビットコインかイーサリアムを購入して、海外の取引所のアカウントに買ったビットコインかイーサリアムを送信し、受け取ったもので取引をするという形になっています。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る