Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「エニグマ」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

目次で概要を確認

時価総額や知名度について

6月2日現在で時価総額は約164億円、ランキングは95位とまだまだマイナー通貨と言えます。通貨単位はENGとなっています。

管理主体や発行枚数について

エニグマは アメリカの有名校であるMIT(マサチューセッツ工科大学)の卒業生らが中心となって開発に取り組んでいます。有名かつ優秀な大学がバックボーンにあるため信頼性が高く企業から出資を受けているため、注目されていることがわかりますね。発行上限枚数は1 億5000万枚で、約7500千枚のエニグマが市場に流通しているので半数の通貨が流通していると言えます。

こんな技術が使われている!

スマートコントラクトの問題点の一つとしてプライバシーの問題があります。ブロックチェーン上のデータは公開されているために誰でも閲覧することが可能となっています。機密データを扱う場合には適していません。エニグマではエニグマプロトコルを使うことで情報を暗号化したまま計算することを可能となるため、機密性の高いスマートコントラクトを実現させています。またエニグマプロトコルを使ってCatalystというアプリケーションを開発しています。CatalystはPythonで書かれた取引シミュレーターで、過去の仮想通貨市場を分析して実際の投資計画を立てることができます。

こんなところが優れている!

エニグマプロトコルによって暗号化したまま計算が可能になり機密性の高いスマートコントラクトが可能となり、プライバシーの保護につながります。仮想通貨全体の問題としてプライバシーの保護が問題となっている中でかなり素晴らしい取り組みと言えます。またエニグマは取引情報の保存の際にブロックチェーンを使わずに複数のコンピュータに暗号化かつ分散して保存しています。それによってプライバシーの保護やスケーラビリティーを高めることができます。さらに分散することで中央主権化になることを防ぐと同時にそのデメリットを回避することができます。

こんなところが残念!

機密性が高いことはメリットではありますが、デメリットにもなり得ます。機密性が高い取引が可能ゆえにマネーロンダリングなどの犯罪に利用される可能性があります。匿名性が高い通貨でジーキャッシュがありますが、既に閉鎖されていますが、AlphaBayという世界最大の闇サイトの決済にジーキャッシュが使用されていました。エニグマをこのような使われ方をされる可能性があり、国家の規制対象にもなり得ます。

将来性

機密性の高い取引がいい方向に実生活に活用されればかなり注目度があがり、通貨の価値が上がると思います。例えば医療、金融の際に個人情報が扱われるため、エニグマを活用することで安心して利用者は個人情報を提供することができます。そうなればどちらにもメリットがあるのでwin-winな取引となるでしょう。

その他の情報

エニグマはかなり開発に取り組んでいる印象を受けます。ロードマップを見るとスケーラビリティーやセキュリティーさらなる向上を目指しています。これらが実現すれば画期的なものとなると思います。

オススメの取引所

エニグマは国内の通貨取引所では扱っていないので、海外の取引所で購入することになります。海外の取引所で購入する際には日本円の入金を扱っていないところがほとんどなので、まずは日本の取引所でビットコインを購入し、そこから海外の取引所でビットコインを送信して、それをもとに取引します。エニグマを扱う海外の取引所はいくつかありますが、その中からBinanceとBittrexを紹介します。Binanceは中国の取引所で約110種類の仮想通貨を扱っています。手数料が0.1%と安く仮想通貨全体の取引高が高いので利益を出しやすいと考えられます。しかしBinanceは出金制限が一日2BTCとなっていてあまり出金出来ないうえに、レバレッジ取引には対応していません。また日本語に対応していないので、英語が苦手な方は注意が必要です。Bittrexは扱っている仮想通貨の種類が豊富な取引所で、200種類以上の主要な仮想通貨からマイナーな仮想通貨まで幅広く扱っています。取引にかかる手数料は0.25%となっています。またBittrexは本人確認せずに簡単にアカウントを作成することができます。Poloniexも取り扱っている仮想通貨の種類が豊富で、Bittrexほどではないですが100種類の主要な仮想通貨からマイナーな仮想通貨を幅広く扱っています。取引にかかる手数料は0.0%〜0.25%となっています。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る