Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「リアルト」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

目次で概要を確認

時価総額や知名度について

リアルトは2018年5月の時点で日本円で16.02円となっており、時価総額は1,225,774,898円です。 まだ比較的新しい仮想通貨であるとともに、新しいAIなどの技術を扱うRialto.AIが開発したと言う事もあり、注目が集まってきています。まだまだ、他の有名な仮想通貨に比べると知名度はありませんが将来が有望だといわれているうちのひとつです。

管理主体や発行枚数について

最大発行枚数は、100,000,000トークンで、追加のトークンは発行されないようのなっています。また、発行されたトークンの分布を見てみると、そうトークンの75%は支持者に分布され、そのほかは市場には出回ることがないという事もわかっています。

こんな技術が使われている!

先程トークン保有者への配当について説明しましたが、Rialto.AIのAIは主に3つの方法で利益を上げています。そのアルゴリズムについて、以下で説明していきます。

アービトラージ取引

アービトラージ取引とは、取引所ごとの価格差を利用して利益を出すことです。 仮想通貨は取引所ごとに取引が行われ価格が決まっているため、取引所間の価格差がよく発生します。 Rialto.AIはAIによって、アービトラージ取引を24時間毎日休み無く稼働させる事で、365日、常に利益を生み出すことができるような仕組みになっています。

マーケットメイカー

マーケットメイカーとは簡単に言うと相対取引を成立させて取引の流動性を高めることです。 本来、仮想通貨の取引では、投資家の売りと買いがなければ成立せず、十分に取引量がない場合は投資家が、買いたくても買えない、または売りたくても売れないというような状況が生まれてしまいます。しかしこれを用いることによって、投資家同士の取引だけで無く、金融機関のマーケットメイカーと投資家との間で、取引が可能になります。 投資家の買い、売りに関係無く、流動性が少ないものであっても、常に取引の機会を提供することができる方式を実現しているのです。 Rialto.AIはこの方式を駆使して、市場の流動性を高め、それで得た取引の手数料が利益となっています。

AIトレード

AIトレードとは、見た通り、AI(人口知能)によるトレードのことで、機会学習により、過去の膨大なトランザクションのデータを用いて急落や急騰のパターン予測し取引を行います。 ちなみに現在株取引においても大手証券会社はAIを利用し、1秒間に数千回の売買を行っている。各証券会社はより高性能なトレードAIを開発するのに多額の資金を投入しているほどこの手法が注目されている。それと同様のことを仮想通貨市場で着手するのがRIALTO.AIです! また、セキュリティ面においても、株と違いブロックチェーンは匿名性は保たれている反面、透明性が非常に高い。そのため過去の取引(トランザクション)は全てAIに取り込むことができる。さらに不審な入金や出金などの動きもAIによって観察しています。 以上の3点の技術による利益が、主な収入源となっています。

こんなところが優れている!

時代のニーズにあった最先端のAI技術で、将来性があります。また、配当という変わったシステムがあり、配当型トークンと呼ばれるものはスマートコントラクトを使用しているので各プロジェクトの収益に対してどれだけのトークンを配当に充てると決まっています。そのため、各通貨の現実的な価値がわかりやすいという利点があります。さらに現在、その配当が将来5倍になるのではないかと予想されています。

こんなところが残念!

取引所については後で述べますが、リアルトは大手の取引所ではほとんど扱っておらず、普段から大手取引所を利用している人には手が出しにくい仮想通貨となっています。また扱っている取引所は海外取引所ばかりで、その多くが日本語に対応していないため、この点でもなかなか手がつけにくいと考えられます。

将来性

リアルトはとても将来性を有望視されていますが、その理由は以下の点にあります! そ ・プラットフォームの資金量を増大中! 現在はプロジェクト初期のため、アルゴリズムは20%の資金しか使用していませんが、100%の資金を使えば利益は5倍になります。 ・アルゴリズムの追加。 「アービトラージ 」「AI トレード」以外にも約5つのアルゴリズムを2018年内に追加予定するという情報があり、そのプロジェクトが実現されれば、さらに収入源が拡大し、更なる利益を生むいことが期待されます! 取引所の中継点に! RIALTO.AIから様々な取引所での購入、売却を一括で行えるようになります。

その他の情報

オススメの海外取引所は以下の5つです。 ・Livecoin ・Yobit ・Idex ・Radar Relay ・ForkDelta 現在国内取引所では扱われていません。上に記載されている取引所の中でもLivecoinやYoBitは数百種類の仮想通貨を取り扱っているので、色々な状況で利用しやすい取引所となっています。ただ日本語に対応していないので注意が必要です。

オススメの取引所

リアルトは一般的な仮想通貨とは違う点がいくつかあります。その違いも述べながらリアルとの特徴について見ていきます。 ・トークン保有者は配当を受け取れる! 一般的な仮想通貨とリアルトが大きく違う点は、トークンの保有者が配当を受け取れるという点にあります。これは、株式とも共通する部分があり、今後仮想通貨の市場が拡大していくにつれて配当の量も増えていくことが予想されます。 トークン保有者への配当には主に2種類ほど有り、1つは市場を活用させながらRialto.AIが市場の流動性を高め、取引時間を短縮したことで生まれる一部の利益を配当するというものと、もう1つは、Rialto.AIが生み出したAIの出した利益をそのままトークン保有者に配当するというものです。 また、そのRialto.AIがプロジェクトによって上げた利益は半年に1度、トークンの保有者へイーサリアム(ETH)で配当されるという仕組みになっています。 リアルトを保有していればRialt.AIからの配当を得ることができると述べましたが、Rialt.AIが提供するプラットフォームへ参加しなければ、配当を得ることができないという条件があります。ただリアルトを保有していて、取引所やウォレットに置いているだけでは配当を受け取ることができないということを知っておきましょう! ・ICOがすでに終了している! リアルトのICOは2017年7月1日に開始されましたが、2週間後の2017年7月14日に終了されました。そして、将来的に追加で発行される予定は現在ありません。
送信日時: 2018/05/17 5:15
]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る