Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「ウェーブス」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

目次で概要を確認

時価総額や知名度について

ウェーブスの通貨単位はWAVESで2016年4月に公開された仮想通貨です。 時価総額は約24億で時価総額ランキングは34位です。 順位的にはかなりマイナーな仮想通貨ですが、優れた機能を多数搭載している注目されている仮想通貨です。

管理主体や発行枚数について

発行上限枚数は1億枚です。ビットコインンの発行上限枚数2100万枚と比べると大きな差がありますね。発行上限枚数が大きければ大きいほど希少性の面で考えると、価格の高騰を抑えることができるとされています。 また、ウェーブスは完全に中央集権を排除している分散型取引所スタイルなので、ユーザー間で直接取引をできるようにしています

こんな技術が使われている!

ウェーブスのブロックチェーンではブロック承認システムLPoS(Lease Proof of Stake)を使っています。これは王道な選択ではなく、ビットコインを始めとする他の多くの仮想通貨はPoW(Poof of Work)で、中国版イーサリアムと呼ばれるネオではPoS(Proof of Stake)を利用しています。 このLPoSはノードを貸し出す(リース)して取引を認証することができます。 この方法なら、PoWのマイニングのように大量の電力を消費することがないので、環境にもいいマイニング方式となっています また、ウェーブスはライトウォレットを利用しており、リモートからブロックチェーンに接続することで、ブロックチェーンのダウンロードにかかる時間や容量の圧迫を 改善することができ、ユーザーにかかる取引の負担を減らすことができるとされています。

こんなところが優れている!

ウェーブスはあらゆるものに対応してトークン化ができる仕組みになっています。しかし同じ仕組みをもっていながら、ウェーブスよりもはるかに知名度が上回るものがすでに存在しているのでウェーブスがトークン化という形で名を上げるのであれば既存のトークン化で名前が挙がっているイーサリアムやネムなどの大きなネームバリューの壁があります。 また、機能が多いことで魅力を持つウェーブスですが、まだ新しく開発途中のものばかりで、実際に機能しているものは少ないと言われています。 自動的に契約を執行してくれる次世代の機能スマートコントラクトや取引上でセキュリティレベルが上がりユーザーが安心して使うことができるようになる匿名機能など、素晴らしい機能も導入されて初めて効力を発揮するので、まだまだ開発段階という感じですね。

こんなところが残念!

ウェーブスはあらゆるものに対応してトークン化ができる仕組みになっています。しかし同じ仕組みをもっていながら、ウェーブスよりもはるかに知名度が上回るものがすでに存在しているのでウェーブスがトークン化という形で名を上げるのであれば既存のトークン化で名前が挙がっているイーサリアムやネムなどの大きなネームバリューの壁があります。 また、機能が多いことで魅力を持つウェーブスですが、まだ新しく開発途中のものばかりで、実際に機能しているものは少ないと言われています。 自動的に契約を執行してくれる次世代の機能スマートコントラクトや取引上でセキュリティレベルが上がりユーザーが安心して使うことができるようになる匿名機能など、素晴らしい機能も導入されて初めて効力を発揮するので、まだまだ開発段階という感じですね。

将来性

多くの良い機能を持っている仮想通貨ウェーブスですが、日本ではまだまだマイナーな仮想通貨です。 デメリットとして挙げられたスマートコントラクトなどの機能がまだ導入されていないという点がありましたが、2018年中にはスマートコントラクトが導入されてさらに独自のスマートコントラクトを実現すると言われています。 また、スマートコントラクトだけではなくCAT(Custom Application Token)で簡単にトークンを作ることができ、実際にロシア国内では実証されてます。 さらに、ウェーブスは取引速度も速いため金融向け決済に有効活用されるだろうと言われています。この取引速度はかなり速くてブロックを承認する時間を1分で100の取引を承認することができ、10分で1つの取引を承認するビットコインと比べるとウェーブスがいかに速いかが分かりますね。

その他の情報

ウェーブスのプラットフォーム上では法定通貨と呼ばれる円やドルなどの交換もできるようになっています。 この取引はユーザー間で行われるものなので取引手数料は0.001Wavesでかなり安く済ませることができます。また取引スピードも他の多くの仮想通貨よりも安く済ませることができると言われています。また、始まりは仮想通貨ネクスト(Nxt)から分裂したことによってスタートしたウェーブスなのですが、ICOの際は注文が殺到していて、初日から2億円以上を調達しています。最終的には約20億を調達して、2016年のICO資金調達で最も成功した仮想通貨と言われています。 ICOバブルと言われているこの時代で、草案件(詐欺案件)が多い中でこのレベルの金額を集めるということは、よっぽどの信頼と魅力がなければすることができない金額ですね。 ネクストから分裂してできたウェーブスですが、アイデアを基準にして作っているだけで、機能やプログラムをすべて作り直したと言われているので異なるものという認識の方が世間では大きいです。

オススメの取引所

ウェーブスを取り扱う取引所は今のところ日本にはありません。 海外の取引所でアカウントを作り、日本の取引所からビットコインなどの主要通貨を送って、そこから送られてきたビットコインなどを元手に取引するという形になります。 海外の取引所ではBittrexやBinanceなどがあります。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る