Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「トロン」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

目次で概要を確認

時価総額や知名度について

トロンは時価総額ランキング10位で時価総額約5800億円の今注目されている仮想通貨です。 ネットではイーサリアム、リップルの次に来る存在とか言われている仮想通貨です。 トロンの通貨単位はTRON(TRX)とされていて、1TRON(TRX) = 9円となっています。

管理主体や発行枚数について

最大発行枚数は1000億枚で、そのうち6.5割の650億枚がすでに発行されています。ビットコインでもトロンと同様に発行上限枚数があるのですが、2100万枚と、トロンと比べるとかなり少ないです。最大発行枚数を設ける目的は基本的に通貨の希少性を保つことが目的とされています。 トロンの最大発行枚数上限は他の仮想通貨と比べると多く、ビットコインのように1BTC = 100万円のようになりずらいことが予想されます。

こんな技術が使われている!

トロンのプラットフォームではデジタルコンテンツをブロックチェーン上に記録して著作権などを保護することを可能にする技術を利用しています。 最近では無断で音楽などが出回っていて、音楽活動をしている人たちが損害を被っています。トロンはそのような状況をなくそうとして新たな技術を開発して、エンターテイメントを守ろうとしています。

こんなところが優れている!

世界で人気が絶えることのないもののうちの1つ「エンターテイメント」。 このエンターテイメントに関してサポートするように作られたのがトロンであり、ネットが発達した今、エンターテイメント業界はあり方を大きく変えようとしています。 音楽業界の話では、個人からでも音楽を配信できるような時代で、企業、個人問わないで幅広い層から利用者を見込むことができるのがトロンの高いポテンシャルを誇る要素のうちの1つで大きなポイントです。 トロンは変わりつつあるエンターテイメント界に食い込んできているので、新たな動きの中核を担う技術になる可能性があります。 また、トロンはイーサリアムのプラットフォーム上で運営されているのでスマートコントラクト機能を利用することもでき、エンターテイメントでの支払いや契約の問題にも対応することができると考えられています。

こんなところが残念!

トロンにはエンターテイメント界を救うようなポテンシャルが秘められていますが、一部から詐欺疑惑が出ているのも事実です。 詐欺疑惑についてはホワイトペーパーを盗作したのではないかという疑惑です。ホワイトペーパーの約10ページ文がコピーされているものだと指摘されています。 この発言に対してトロンのCEOは一切認めておらず、ネット上にあるホワイトペーパーが削除されたとのことです。 また、Githubに公開されている最新のホワイトペーパーにはプロダクトは完成していなくて、現在では機能するものが1つもないと指摘されています。 ICOで資金調達後、プロダクトが完成していないことは実際によくあるので問題はないとみられていますが、トロンが今後どのように進んでいくかが書かれているロードマップには完成するまでかなりの時間がかかると書かれているため「このプロジェクトは大丈夫なのか」というような懸念があるのも事実です。

将来性

トロンは世界時価総額ランキングで8位のアリババホールディングスと提携するのではないかと言われています。日本のトップは43位のトヨタで、世界1はアップルです。そのような超大手会社と提携をしたらトロンの価格はまた爆上がりする可能性がありますね。実際に、アリババの開発者はトロンの開発チームには派遣されており、すでに共同開発プロジェクトに取り組んでいるのではないかと言われています。 また、トロンは多くの業界に進出していて、先ほど話したエンターテイメントだけでなく、SNSやバイクシェアリングなどにも進出をしていて、実際に業界大手と提携などもしています。 このように広い業界にて自社の仮想通貨システムを広げることができれば、日常で使うシステムとして浸透する可能性も秘めているので、いつか知らぬうちにトロンのシステムを使う日が来るかもしれないですね。 そう考えると、トロンの将来性はとても明るいもので、実際に時価総額も高く10位にランクインしている凄腕仮想通貨なので投資する価値はあるのではないでしょうか。

オススメの取引所

トロンを取り扱う取引所は今のところ国内にはありません。 トロンを取引するのであれば海外の取引所を利用してください。 無難なのは中国の大手仮想通貨取引所Binanceです。Binanceは独自トークンも持っており、取引量世界1も経験したことのある世界で最も有名な取引所のうちの1つです。 手数料もやすく、セキュリティ面でも安心と言われているのでオススメできます。 海外取引所で取引するには、まず国内取引所でビットコインなどの主要仮想通貨を買い、それを海外の取引所のアカウントに送り、送られてきたビットコインなどで取引をする方法が一般的です。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る