Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

ビットコイン(仮想通貨)の税金はいつから?時期や方法について解説!

ビットコイン(仮想通貨)で多くの利益をあげたときに問題となってくるのが税金です。ビットコイン(仮想通貨)の税金制度はまだしっかりと整備されておらず、わからないことが多いのが現状だと思います。今回はビットコイン(仮想通貨)の税金がいつ発生するのかを主に税金周りについて説明していきたいと思います。

ビットコイン(仮雨通貨)の税金はいつ払うの?


ビットコイン(仮想通貨)は所得税の雑所得という所得区分に分類されます。以下が国税庁からの発表です。

[平成29年4月1日現在法令等]

ビットコインは、物品の購入等に使用できるものですが、このビットコインを使用することで生じた利益は、所得税の課税対象となります。

このビットコインを使用することにより生じる損益(邦貨又は外貨との相対的な関係により認識される損益)は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所得に区分されます。

(所法27、35、36)

引用 国税庁

所得税は納付書を使って納める場合、確定申告の申告期限である翌年の3月15日に税金を納める必要があります。3月15日が休日の場合は次の月曜日に税金を納めることになります。また、口座振替を使って税金を納める場合は翌年の4月20日までになります。もし所得税が多く一回では支払えそうにない時、2回に分けて税金を納めることが可能です。1回目は3月15日(口座振替の場合は4月20日)に納め、2回目は5月31日に納めます。その際、2回目の税金には利子税が元の税金に1.6%かかることに注意してください。
今回の期限は平成30年の日程を例に説明してきました。年度によって変わってくるので国税庁のホームページで毎回確認するようにしてください。
今回は雑所得についての詳しい説明はしませんが、雑所得について疑問がある方や詳しく知りたい方がいましたらこちらで詳しい説明をしているのでぜひご参照ください!

税金はどこで払えるのか


税金はお近くの税務署や金融機関、コンビニで支払うことができます。税務署と金融機関で税金を納める場合はその税務署と金融機関に用意してある納付書は確定申告会場で貰える納付書を使って税金を納めることになります。コンビニで税金を納める場合は、確定申告書を税務署に提出する際にコンビニで納めることを伝える必要があります。そうすることで専用の納付書を貰うことができます。ただし、コンビニで税金を支払う場合は税額が30万円以下であることが条件となります。
また、確定申告書をe-taxシステムを利用して提出した場合はインターネットを介して税金を納めることができる電子納付を利用できます。わざわざ税務署や金融機関に足を運ぶ必要がないので手間を省くことができますね。e-taxについて気になった方はこちらをクリックしていただくとホームページに飛ぶことができます。

ビットコイン(仮想通貨)の税金はいつ発生するのか


税金はいつどこで納めなければいけないのか説明してきました。次はビットコイン(仮想通貨)の税金がそもそもいつ発生するのかについて説明していきます。ビットコイン(仮想通貨)の税金が発生するタイミングは、ビットコイン(仮想通貨)によって利益をあげた時に税金が発生します。つまり、ビットコイン(仮想通貨)の利益額に応じて課税されるということです。ビットコイン(仮想通貨)の利益が確定するタイミングは5つあるので、それぞれについて以下で説明していきます!

ビットコイン(仮想通貨)の売却した時

ビットコイン(仮想通貨)を購入後に価値が上がり売却した場合、購入額との差額が利益として確定します。利益額によっては確定申告をして税金を支払う必要があります。

ビットコイン(仮想通貨)で商品を購入した時

本来の価格の時よりビットコイン(仮想通貨)の少ない消費で商品を購入できた場合に利益となり、利益額によっては税金を払う必要があります。この場合は手元に利益が残らないのでわかりにくいですが、価値が上がったことで本来の価値の時より数枚少なく消費で得をしたということです。

仮想通貨同士で交換した時

商品を購入した時同様、価値が上がった時に交換してどれだけ得をしたかという部分で利益が発生し、税金が発生します。

マイニング

マイニングとはビットコイン(仮想通貨)の取引の記帳作業をサポートすることで報酬としてビットコイン(仮想通貨)をもらえる制度です。マイニングでは取得時と売却時で利益が発生します。取得時では取得金額とマイニングにかかった費用の差額が利益となります。売却時は上記の通りとなっています。

ハードフォーク

ハードフォークとはある仮想通貨が分岐して新たな仮想通貨として誕生することです。ハードフォークをする理由は分岐する前の仮想通貨のデメリットを克服するために行われます。分岐したものと元のものは互換性がなく分岐したものは新しい機能を持っています。ハードフォークは取得時には価値がないので、価値が上がって売却した場合に利益が確定し、利益額によっては税金を支払う必要があります。
各タイミングの税金発生について説明してきましたが、こちらで例を交えてよりわかりやすく説明していますので、ぜひご参照ください!

ビットコイン(仮想通貨)の利益はどれくらいで確定申告するのか


ビットコイン(仮想通貨)の税金は利益が発生した額に応じて納めると説明しました。ではいくらの利益をあげた時に確定申告をして税金を納めるのかという疑問があると思います。企業に雇われている人(サラリーマン、アルバイトなど)はビットコイン(仮装通貨)の利益が20万円を超えた場合、確定申告をして税金を支払わなければいけません。ただし、給与以外に不動産や利子、配当などで収入がある人はビットコイン(仮想通貨)も利益が20万円以下であったり、年末調整をしていない方は確定申告をして税金を支払う必要が出てきます。専業主婦や学生のような扶養親族に区分される人たちは、ビットコイン(仮装通貨)の利益が38万円を超えると確定申告をして税金を支払う必要があります。これらの条件をまとめました。

  • 雇われている人がビットコイン(仮想通貨)の利益が20万円を超えた時
  • 年末調整をしていない時や他の所得がある場合は20万円以下でも税金を払う
  • 専業主婦や学生などの扶養親族は38万円を超えた時

上記で扶養親族という言葉を使いましたが、扶養親族について詳しく知りたい方はこちらをご参照していただくといいかと思います!

税金を払い忘れた場合


ビットコイン(仮想通貨)の税金周りについて説明してきましたが、いろいろありすぎて大変だとは思います。しかし税金をしっかり納めないと追加課税や資産の差し押さえにあってしまいます。以下に説明していきます。

延滞税の請求

納付しなければいけない税金が期限内に場合に課され納付しない場合に課される税金で、納付期限の翌日から納付した日までの日数によって課税率が変わってきます。課されるのは本税に対してだけで、加算税には課されることはありません。課税率は期限内に申告した場合は2ヶ月以内に納付で7.3%、それ以上すぎると14.6%と二倍に膨れ上がります。払えないからといってそのままにしているとどんどん増えていきます。

資産の差し押さえ

税金を払わずそのままにしていると、国税庁から催促状がきます。催促状はハガキや電話、直接訪問と様々な形できます。催促状がきてから10日以内に税金を納付しなければいけません。もし税金を払わず(払えないで)無視をし続けると資産をいきなり抑えられる可能性があります。
税金が払えなくなった場合の詳しい説明はこちらこちらで確認することができます。ぜひご参照してください!

まとめ

今回ビットコイン(仮想通貨)の税金がいつ発生するのかを主なテーマにして説明してきました。上記で説明してきたことをまとめると、

  • ビットコイン(仮想通貨)は雑所得
  • 所得税の納付は確定申告の期限と一緒(口座振替の倍場合は約1ヶ月後)
  • 税金は税務署や金融機関、コンビニまたはインターネットで納めることができる
  • ビットコイン(仮想通貨)の税金は雇われている人は20万円を超えた場合、専業主婦や学生などの扶養親族は38万円を超えた場合発生する
  • 年末調整をしていない人や他の所得がある場合、20万円以下でも税金を支払う必要がある
  • ビットコイン(仮想通貨)の利益確定のタイミングは5つある
  • 税金を払えなかったり払わなかったりするとペナルティーがある

ビットコイン(仮想通貨)で利益をあげようと考えている以上税金の問題は嫌でもついてきます。税金の問題から目を背けずしっかり取り組んでいきましょう!

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る