Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「アイオータ」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

目次で概要を確認

時価総額や知名度について

アイオータは時価総額約6600億円で時価総額ランキング9位と一けたにランクインしている規模の大きいメジャーな仮想通貨です。 通貨単位はIOTA(MIOTA)で1IOTA(MIOTA) = 140円ほどで購入することができるので、時価総額が高い割には手を出しやすい仮想通貨なんではないでしょうか。

管理主体や発行枚数について

アイオータはビットコインなどと同様に発行上限枚数があり約28億枚と決められています。

こんな技術が使われている!

アイオータは通常の仮想通貨と違いブロックチェーンとは違うTangle(タングル)という技術を利用しています。 タングルはブロックチェーンのようなすべてを共有する仕組みではなく、網の目状に取引情報を記載し、1つ目が承認されたら次の1つも承認されるというような仕組みでブロックチェーンのマイニング技術とは違うものです。 関係者からは「ブロックとチェーンのないブロックチェーン」と称賛されていて、ブロックチェーンの良いところだけを、とって悪いところを取り除いたような技術が使われています。

こんなところが優れている!

アイオータのメリットはいくつかありますが。まず1つは、手数料が無料ということです。基本的に仮想通貨は仲介的存在を通さないから、手数料を安く済ませることができることで魅力的なんですけど、安くてもそれが日常生活に完全に普及して毎日使いようなことにあると、チリが積もって大きなものになります。 しかし、アイオータにはその心配がなく、生活の一部になり毎日使うようになっても、手数料がないので、チリが積もる心配がなくていいですよね。 次に、アイオータはセキュリティが固いということです。 アイオータは通常のブロックチェーンとは少し違い技術を用いており、取引量が増えれば増えるほど、取引での安全性が向上するという仕組みになっています。 また、取引量の問題に関連して、スケーラビリティ問題がないというのも大きなメリットです。スケーラビリティ問題というのは、取引量が増えるにつれて1つのブロックに取引情報を全て承認しきれなくなってしまうことで、取引に時間がかかってしまうという問題のことです。 アイオータの場合、ブロックチェーンシステムと違うTangle(タングル)という技術を利用しているので、そもそもブロックが存在しないので取引量が増えてブロックに収まりきらなくなって遅延してしまうなんてこともありません。

こんなところが残念!

アイオータはTangle(タングル)という、ブロックチェーンとは異なる画期的なシステムを使っています。しかし、これはまだ開発発展のような状態であり、予想がの問題が発生する場合もあります。 新しい技術なのでこれから開発が進めばデメリットは解決に向かっていくでしょうけど、現在の所はまだ新しいシステムなので経験が少ないということから不安もあります。 実際にあった例でいうと、タングルでは独自に開発されたものを使っていて、その邪悪天を突いて署名の偽造が可能だったという報告もあったため、まだこれから新たに弱点を突いた事件が起こる可能性もあります。 また、アイオータの特徴でもあるのですがアイオータは他の仮想通貨とは違い3進法を使って量子コンピューターからの攻撃に備えセキュリティ問題に対応しています。 これは一見独自性があり良い面しかないように見えますが、他のコンピューターを始めとするデバイスなどは全て2進法が用いられています。 そのことから、互換性が低く変換する際には通常以上のエネルギーを費やしてしまうと言われています。

将来性

アイオータは今のところまだ開発段階であり、実用化されてこそ力を発揮するものだと考えられています。 実用化に関しては、2,3年ほどかかると入れていて、もし実用化が進めばアイオータの価格が上がることが大いに期待されますね。 実用化のされた際の機能は画期的なもので、IoTが急速に進み、取引手数用もかからないという新たなイノベーションをにおわせるような仮想通貨だと思われます。 しかし、将来性の面で見ると時価総額もかなり高く、9位にランクインしているほどの期待の星です。 最近では大手企業と提携して開発のスピードを増す傾向が見られます。 また、今度東京で開催されるブロックチェーンビジネスに関してのワークショップにも招待されていて、ソニーや三菱UFJ、トヨタなどの大手企業も参加する予定なので、大手企業にアイオータの魅力をさらに広めるチャンスも到来します。

オススメの取引所

アイオータを取り扱う国内の取引所は現在のとろありません。 海外の取引所ではbitfinexとBinanceがありますが、Binanceがオススメです。 Binanceは取引量世界1も経験したこともあり、仮想通貨界では最大手と呼ばれるもののうちの1つです。 手数料も安く日本語にも対応しているのでかなり使いやすいんじゃないかなと思います。 バイナンスは日本円入金を取り扱っていないので、国内取引所でビットコインなどメジャーな通貨を買って、それをバイナンスに送り、送られてきたビットコインなどで他の通貨と取引をすることが一般的な利用方法です。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る