Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「ウォルトンコイン」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

ウォルトンコインは2016年11月に公開された仮想通貨です。通貨目の由来はCharlie Walton(チャーリーウォルトン)さんが作ったからです。通貨単位はWTCです。 [toc]

時価総額や知名度について

日本ではあまり聞きなれない仮想通貨ですが、時価総額は約6.7億で時価総額ランキング50位、1WTC = 1920円と割と高いゆえ、聞きなれない割には人気がある仮想通貨ということです。

管理主体や発行枚数について

流通枚数は約3000万枚で発行上限は1億枚なので、まだ1/3しか流通していないので希少性という面を含め今後期待できる通貨ですね。

こんな技術が使われている!

ウォルトンコインはウォルトンチェーンという独自に開発したブロックチェーンを使っていて、ブロックチェーンとRFID技術を掛け合わせた革新的な技術を駆使しています。 RFID(Radio Frequency Identification)技術とはID情報を持ったタグから電気信号で物理的に近いものにその機械の情報を送ることができるということです。 簡単に言うとSuicaのような電子マネーとかが代表的なものですね。Suicaが持つID情報(Suicaの場合はお金)を電気信号で違い機械に送ることで、電子的にお金をやり取りすることができます。

こんなところが優れている!

ウォルトンコインは独自の技術がすごい進んでいるのが目が離せないところですね。 革新的なRFID技術をさらに革新的と言われているブロックチェーン技術に組み込んで「ウォルトチェーン」という独自のブロックチェーンを開発しています。 RFIDとブロックチェーンを掛け合わせることによって、すべてのデータをクラウド上で一括管理することができるといったIoTで活躍することができると言われています。 IoTはテレビや時計などの「モノ」とインターネットを共有することで「モノ」がスマートになり、人々の暮らしを豊かにするということは前途にも説明しましたが、Iotは便利なだけデータ通信量が想像している以上に大きく電気を統括しているところが倒れてしまったら、それらの情報が滞ってしまうことと、インターネットという世界を通すためセキュリティ上でも問題が出てきてしまいます。 そこでブロックチェーン技術をIoTに使うことで、電力を1つに集中させることなく全体で共有することで中央が倒れても滞る心配をなくします。また、セキュリティ面でもデータの改ざんや不正が実質的に不可能と呼ばれている問題も解決に近づくことを実現させます。このように、全体を全員で情報共有することで、従来よりも圧倒的にエコな仕組みを実現することができるのがウォルトンのが手掛けているブロックチェーンとRFIDの融合なのです。

こんなところが残念!

現在仮想通貨はウォルトンコインのようなユニークな仮想通貨が数えきれないほどあります。そのなかで1つ頭が出ているウォルトンコインですがもし同じような機能を持つ仮想通貨があってメリットがある場合は、その仮想通貨との完全な競合になるのでウォルトンコインが価値を失う可能性もあります。 しかし、現在のところウォルトンコインは「これが決定的な欠点だなー」とか「これがなければもっといいのに」みたいなものはあまりなく、他のウォルトンコインについてまとめているサイトでもウォルトンコインについの決定的なデメリットについて上げている記事はあまり見ません。

将来性

ウォルトンコインンは世界をもっとスマートに便利に「安全かつ透明性をもって共有できる」というエイムをもったビジネスモデルです。 その手掛ける先として流通、製造、管理などビジネスを行う上で不可欠な要素の簡略化を図っています。具体的には、赤いセキュリティを誇り、ブロックチェーン技術により偽造など不正を防止し、労働コストをも削減するということです。 このようなプロジェクトは限られた場所でしか使われないものではなく“世界中どこでも使われるシステム”です。世界全体からの需要が見込めると考えたらウォルトンコインの期待はかなり高まりますね。 また、このようなプロジェクトが徐々に進んでいくことで、生活が豊かになったと感じるころにはウォルトンコインの価値はかなり高くなっているのではないでしょうか。

その他の情報

ウォルトンコイン開発者のウォルトンはすごい人で、ウォルトンはブロックチェーンとインターネットの掛け合わせをすることで、従来にないほどのエコで生活の円滑化を図るというウォルトンプロジェクトを手掛けています。 将来的にloTの分野も促進していくよう手掛けていくとも言っています。 IoTとはInternet of Thingsのことで、パソコンやスマホだけでなく、多くの「モノ」がインターネットとつながることを言います。例えば、家電ではテレビがインターネットと連動したり、冷蔵庫がインターネットによって温度などが自動制御されるというものがあります。 Apple Watchの腕時計が携帯電話見たな役割をしたり、リストバンドで健康管理ができるなんてのもIoTの代表的な例ですね。 つまり、IoTは「モノ」が賢くなります。 ウォルトンコインの開発者ウォルトンは、IoTという名の今後確実に来るであろう、インターネット革命的な波をも引っ張て行こうというわけですね。

オススメの取引所

ウォルトンコインは日本ではまだまだメジャーではないので国内の取引所では取り扱われていません。 ウォルトコインはBinanceという中国の大手仮想通貨取引所で取り扱われています。 Binanceは世界的に見ても大きな仮想通貨取引所で独自のバイナンスコイン(Binance Coin)も持っています。 Binanceでの手数料は安く0.1%なので単純にユーザーにとってもありがたい取引所ですね。 他にもKucoinというBinanceとよく似た取引所も取り扱っていますのでチェックしてみてください。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る