Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「イーサリアム」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

目次で概要を確認

時価総額や知名度について

イーサリアムの通貨単位はETHで1ETH = 85000円ほどです。時価総額は約4兆6000万円で時価総額ランキングでは2位。ビットコインの次に位置し、アルトコインの中では知名度も一番高いといわれています。 知名度的にはビットコインと同じくらいネームバリューがある仮想通貨イーサリアムですが、このイーサリアムの創始者は24歳という若さです。

管理主体や発行枚数について

イーサリアムはビットコインなどと違い発行上限枚数を設けていません。 イーサリアム(ETH)は2015年7月にリリースされた仮想通貨で当初、72,000,000ETHが一気に発行されましたが 発行枚数上限についてはいまだ未定のままです。 ビットコイン(BTC)を始めとする主な仮想通貨には発行枚数の上限が決まっているものが多いため、発行上限がないというのはイーサリアムの大きな特徴の一つになっています。

こんな技術が使われている!

イーサリアムといえばコレ!というほどのスマートコントラクト技術があります。 スマートコントラクトとはその名の通り、スマート(賢い)コントラクト(契約)のことで、一定の条件が満たされたら契約が自動的の行われるという画期的な技術です。 このスマートコントラクト技術を利用すると、契約の定義を事前に決めておいて、ブロックチェーン上に設定することで勝手に契約を提携することができて、何よりもブロックチェーン上で設定されているものなのでデータ改ざんや不正が一切できない仕組みになっているのが契約を行う上での一番の魅力ですね。 さらに、契約が自動的に行われるということは、相手が本当に信頼できるか、料金の支払いや回収、契約書の処理などの面倒くさいプロセスがなくなります。 またイーサリアムの少し変わったシステムとして、Proof of Stakeというビットコインとは異なる取引承認システムを取り入れる計画があります。 Proof of Stakeの特徴は「トランザクションを承認するノードをランダムに選び、確率は保有しているコインの量に比例する」仕組みのことです。 トランザクションを承認する作業を行ったノードには報酬としてイーサリアムが支払われますが、イーサリアムには発行上限がないため理論上無制限に発行され続けることになります。

こんなところが優れている!

イーサリアムには様々良い機能がありますがやっぱり「スマートコントラクト技術」が一番のイーサリアムのポイントですね。 今世界の在り方を変える可能性があるとして注目されていて、先ほどのイーサリアムの技術の所でも説明した通り、契約を自動的に執行するシステムを持ちます。 具体的には金融業、保険業、シェアリングエコノミーなど多くの業務を完全に自動化し第三者の仲介をすっ飛ばして行えるようになる可能性を秘めています。多くの仲介業無務がなくなることで既存の経済構造は大きく変わると言われています。 イーサリアムは、ブロックチェーン上に何らかの条件が揃えば執行されるスクリプトを仕込んでおくことができるので、アイデア次第で様々な契約を自動的に処理することが可能です。 イーサリアムはまさにスマートコントラクトを実現するための仕組みといえます。 また、イーサリアムというプラットフォームを使うと、簡単に独自トークンを発行することができます。 トークンとは自前のブロックチェーンを持たない仮想通貨のことで株のような意味合いを持ちます。 独自のブロックチェーンを持つ仮想通貨はマイニングの報酬としてその仮想通貨が発行され、普通はその発行限度額が決められています。しかし、トークンの場合はその管理者が発行したもので、会社が発行したクーポン券のようなものです。実は最近増えてきているICO(Initial Coin Offering)という仕組みの多くはイーサリアムを使って発行しているのです。

こんなところが残念!

イーサリアムはセキュリティ面で痛い過去があり、ハッキングされて大きな損出を被った過去があります。 仮想通貨の最大の特徴であるブロックチェーンは、ハッキングされる心配がほぼ無いというメリットがあります。 しかし、イーサリアムはTheDAOと言う歴史的なハッキング事件で損害を被りました。 なんとTheDAOが調達した資金のうち43億円相当が不正に送金されました。 不正に送金された資金は、28日間は誰も移動ができない状態になり その間に、この不正送金をどうするか?と言う話し合いがイーサリアムコミュニティで話し合われました。 その結果、不正送金が行われた前の状態に戻すと言う解決策が講じられ、不正送金はなかったことになったのですが、セキュリティ面で懸念を残す形になりました。 しかし、脆弱性をつかれてハッキングされたことは事実です。 もう1つのデメリットとして、ビットコインより若干ネームバリューが劣るという点ですかね。 イーサリアムはビットコインよりも承認時間が早く、さらにスマートコントラクトと言う独自の技術が優れていると書きました。 しかしそれでも現在、ビットコインのほうが決済手段として多く使われています。 いくら技術レベルが高くとも、認知度ではビットコインよりもかなり劣っています。 ですので今後、決済として本当に利用されるか?本当に研究が進んでいくのか?と言う不安があります。

将来性

北欧のエストニア共和国が国家レベルでイーサリアムを利用し始めたりと、イーサリアムはどんどん活発になってきています。 今後、ますますイーサリアムを利用したスマートコントラクトが一般的になっていくと思います。 また、イーサリアムの成長速度はかなりのもので、2017年だけでも約40倍の高騰ぶりを見せており、今後も成長が見込まれるかなり高いスペックを持った仮想通貨であることには間違ないでしょう。

オススメの取引所

イーサリアムは最もメジャーな仮想通貨のうちの1つなので、基本、日本の取引所でも海外でも取引できます。 日本の取引所ならオススメはビットフライヤー、ザイフ、GMOコインですね。 これらの取引所では国内大手なので堅牢さがあり、定評があります。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る