Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「シールド」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

目次で概要を確認

時価総額や知名度について

シールドの時価総額は約20億円で時価総額ランキングは389位とかなりマイナーになっています。通貨単位はSHIELD(XSH)となっていて1XSH = 4円ほどとマイナーと波高上限枚数が多いことからかなり安価で求めやすくなっています。

管理主体や発行枚数について

シールドは発行上限枚数が設けられており、6億6千万枚になっています。すでに市場に7割ほどの5億枚ほど出回っています。

こんな技術が使われている!

対量子性アルゴリズムという取引データの改ざんを防ぐための高性能セキュリティ技術が使われています。 この対量子性アルゴリズムでは「Lamport(ランポート署名)」、「Winternitz(ウィンターニッツ)署名」と「BLISS(ブリス)署名」の3つの署名方法の採用と検討している状態で、どれもブロックチェーン上での公開鍵や暗号鍵、ハッシュ関数などのセキュリティ対策を採用を検討しています。 例として最初に挙げたLamport署名の場合では、ハッシュ関数を1つではなく、複数利用することで、量子コンピューターでも解読するのにかなりの時間がかかるような仕組みになっていて、簡単には打ち破れないような固いセキュリティを厳選していることが分かります。 さらに匿名技術としてのPrivate Send(プライベートセンド)という匿名にして取引を行う、技術で、ダッシュという匿名性を武器に売っている仮想通貨も同様に算用している技術です。

こんなところが優れている!

シールドの高い匿名機能からプライバシーが守られる点です。 ビットコインなどの仮想通貨などはブロックチェーン技術から取引履歴が完全にビットコインユーザーにシェアされます。それにより、全員が監視しあって不正ができないようにしようということなのですが、取引履歴が完全にシェアされるということはプライバシーの面から考えると完全に守られているとは言えません。元々ブロックチェーンの仕組みで取引履歴から個人を特定することはできないのですが、どのアドレスからどのアドレスに送信されたということはわかります。 このプライバシーに関しての問題をシールドは高い匿名性を誇り、解決しています。 さらに、セキュリティ面で最も重要な要素のうちの一つであるハッキング耐性という面でもシールドは強い一面を持っています。 元々仮想通貨はインターネット上でだけ存在する通貨であることから、高い性能をコンピューターを悪用してハッキングすることができます。もちろん、仮想通貨ごとにセキュリティ対策を行いハッキングされないように気を遣ってはいますがそれでもハッキングされる時があります。そのようなハッキング攻撃に対してシールドは量子コンピューター対策というのがされていて、高性能コンピューターからの攻撃に備えています、また量子コンピューターでの大量の計算を行いマイニングを行うことでその通貨の51%以上を保持することでデータの改ざんや不正をすることが可能になってしまう問題も解決されていない問題として今もビットコインなどには存在していますが、このシールドはその51%問題も、量子コンピューターへの対策もされているので解決済です。

こんなところが残念!

匿名性高いというのがシールドの良いところなのですが、この裏側にはマネーロンダリングに使用されやすいというデメリットが存在します。 マネーロンダリングとは闇の取引が行われた際、決算ルートを隠すため、出所がばれずらいように何個も銀行を通したりすることで、ビットコインでもシルクロード事件というものがあり、ブロックチェーンの仕組みを悪用し、送信者と受信者の身元が明かされないことから、薬物取引に使われたりする事件がありました。 匿名性が高くなり、安全に取引が行えるということは、犯罪者が匿名で取引を行えるようになるのと同じことで、何かしらの対策を打つ必要がありそうですね。 このようなこともあり、匿名性武器として売っている仮想通貨は政府から規制が入りやすいという点もあります。もし政府から規制が入るようでしたら、十分な開発が行えなくなり、 シールドの価値も同時に落ちていくのではないかと思われます。

将来性

シールドは多くのセキュリティ面で優れた機能を持ちながら、時価総額は約20億円とかなり安いのも魅力の1つで、同じような機能を持つ仮想通貨ヴァージは時価総額約900億円なので、それを考えると同じような性能を持ちつつ、現在まだこの価格というのは伸びしろを感じますね。また、メリットでも紹介した量子コンピューターの対策の技術は、やはり注目されているもので、実現すればシールドの価格はさらに上昇するとみられ、またシールドの技術も際立つため、他企業との提携という形で資金援助をしてもらえる可能性もあると思います。 資金援助があれば、さらに開発にお金も回すことができるので、新たな機能やシールドの拡散に向けて、さらに動き出すことができるので新たな時代の主要仮想通貨となったシールドとして生まれ変わる可能性もありますね。シールドは目標の1つに「世界中のSNSで使われる仮想通貨にする」という目標があります。セキュリティ面で尖っているシールドを見ると少し変わった一面がありますが、MONAコインなどと同様にチップ機能をつけようとしているそうです。チップ機能とは、SNSで面白いと思ったものに対してチップ(報酬のようなもの)をあげる、投げ銭のようなものですね。このチップ機能をシールドに搭載することで、世界でもっと親しみやすい存在になろうと考えていることが分かり、InstagramやLineなどの有名なSNSで、共通の通貨となることができれば、シールドはチップを始めとして、普及率が大幅に上がるのではないかと考えています。InstagramやLineなど、全てのSNSと提携するにはまだまだ事案がかかるとはいえ、どこかのSNS企業と提携を結ぶことさえできれば、一歩踏み出すことに成功するので、先が明かるくなるのではないかと思います。

その他の情報

コンセンサスアルゴリズムとはブロックチェーン上で取引を承認する際の方法を言います。 シールドのコンセンサスアルゴリズムではPoS(プルーフオブステーク)という、コンセンサスアルゴリズムを利用していて、ビットコインなどで利用されているメジャーなものとは少し違ったものとなっています。 PoSは従来のコンセンサスアルゴリズムの欠点をカバーしていると言われています。 ビットコインではPoWというシステムを使っていて、膨大な計算を行い、1番最初に計算を取引情報が正しいと証明した人に報酬でビットコインがもらえる仕組みですが、これには膨大な電力を伴うので電気代が高く、環境にも悪いとされているので最近ではPoWからPoSに移行するコインを増えてきて、シールドもそのうちの1つです。

オススメの取引所

現在の所国内ではシールドを扱っている取引所はありません。 海外の取引所ではstock.exchange, coinExchange, TradeSatoshi,CryptoBridgeになっています。時価総額も高くないので、まだ比較的マイナーな取引所での取引だけにはなりますが、扱われている取引所が少ないということは、BinanceやBitfinexなどの大手取引所に上場した際は、かなりの価格の上昇が見込めると思うので、考え方によってはメリットですね。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る