Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「イコノミ」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

目次で概要を確認

時価総額や知名度について

通貨単位はICONOMI(ICN)で、2016年8月に公開されました。 時価総額は約120億で時価総額ランキングは131位です。1ICN当たり約140円とまだ安価でマイナーな仮想通貨です。

管理主体や発行枚数について

イコノミの発行上限枚数は1億ICNで市場には9900万のイコノミがすでに出回っているので、ほとんどがすでに供給済みという形になります。

こんな技術が使われている!

イコノミにはDAA(Digital Assets Array)という仮想通貨や音楽、映像などを合わせたデジタルで構成されているデータ資産を管理できる技術があり、デジタルアセットを分散投資し、損出リスクを減らすことができ、ポートフォリオを簡単に細かく調整することができます。 この、リスク管理ができるというのはデジタルアセット群に投資している人々には重要なことで、現在では取引を高速で行うことができるインターネット社会では仮想通貨を始めとして値動きが大きいという試案価値の変動が大きい部類となっています。 このような状況でDAAは能力を発揮し、少ない資金から始める投資でもリスクを分散することができ、資産の構成の面でも微調整を行えるので、株式投資などに比べても容易に行えると言われています。

こんなところが優れている!

イコノミは持っているだけで少しお得なことがあり、イコノミの通貨ICNを持っているだけで配当をもらうことができます、配当はイコノミのプラットフォーム上で支払われた手数料です。 また、イコノミの技術でも説明した、簡単にポートフォリオを組むことができるという他にはないメリットがあります。ポートフォリオとは投資をする上でのリスク分散のことで、従来では株式投資と住宅投資など、分けて行うことで1つの資産の価格が大きく下がってもリスクを分散させていることで大きな被害を受けないようにすることです。 イコノミを使い、イコノミが持つBLXかCCPで、時価総額が高い順に仮想通貨を集めたものとこれから伸びしろがある有望と思われる仮想通貨を集めたものを選ぶことができ、これらを利用し、多くの仮想通貨で投資し、リスクを分散することができます。 また、イコノミでは投資以外でも使用用途があり、自分がファンドとしてデジタルコンテンツを販売することもできるプラットフォームです。 実際にこの機能を運用するにはまだ時間がかかると言われていますが、このように1つだけではなく、多く機能を持つことで使用用途も広がり、幅広く使うことができるので、世の中に広まりやすく、イコノミの可能性を開花させる道を見つけることができるかもしれませんね。

こんなところが残念!

イコノミにはデジタルコンテンツの運用をするにあたって法律がまだ追いついていないということがデメリットとして挙げられます。 そもそも仮想通貨も法律が追い付いていないので、メディアでも仮想通貨は通貨として見とめても良いのか?のような疑問が広まっていることもありますね。そのような中で、新たな機能を世に広めようとしているイコノミに法律が追い付けていないので、法的に規制をくらう可能性があります。規制をくらうのであれば、恐らくイコノミは開発を十分に行うkとが出来なくなり、開発力が落ちることは世間も知ると思うので、価格が下がってい恐れもあります。 未来のとこは予測はできませんが、機能的には素晴らしいものなので銃武運に期待できるものではないかと思われます。 また、もう一つ上げるのであればイコノミは取り扱っている販売所がまだマイナーなため少ないと言いう点があります。 国内ではもちろん、海外でも取り扱っている取引所に限りがあるので日本円から購入するのであれば少々面倒なプロセスを通してイコノミを購入することになります。 しかし、上場している取引所が少ないということはメリットでもあり、今後イコノミの魅力が世に広まり大きな取引所に上場する際にはイコノミの価格が大きく跳ね上がることも期待できます。

将来性

現在株式投資などの投資信託が多数存在している中、仮想通貨でのファンドは見る限り存在していないのす。その中で、イコノミは先陣を切っている状態で仮想通貨の投資ファンドについて興味を持っている投資家を総取りすることができる状態です。 この有利な状態を生かして今後の仮想通貨投資信託のフィールドでは第一人者のような大きなブランドとしての力を持つことができると思われます。 ブランド力だけではなく、イコノミ自体もスマートコントラクトという次世代の契約自動化機能を持っているため、単純に通貨としての機能を利用することで何か新しいビジネスを始めることも可能なのではないかと思われます。

オススメの取引所

イコノミを取り扱う取引所は国内にはありません。 絵画の取引所ではKraken,Liwui,Livecoin,HitBTCなどの取引所が扱っています。 海外の取引所で通貨を買う際は、日本円での入金を取り扱っていない取引所が多いので、日本の取引所でビットコインを買ってから、海外の取引所のアカウントに送信し、それから送られてきたビットコインを基に取引するというプロセスが一般的です。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る