Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「イオス」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

目次で概要を確認

時価総額や知名度について

時価総額ランキング現在5位で時価総額は約1兆と、ビットコイン、イーリアムに続くメジャーな仮想通貨です。 2017年に公開されて、すぐにトップ10に入ったといきなり話題を集めていました。成長率は一時300%と驚異の数字をたたき出しました。 ICOで調達した額は約700億円。 かなりの額の調達に成功していることから話題を集めています。

管理主体や発行枚数について

発行上限枚数は10億EOSで、すでに市場に9億枚ほどで回っていて、残り1億は運営が保有しているとのことです。

こんな技術が使われている!

イオスは非同期通信と並行処理の2つのシステムを採用し、秒速で数百万の取引の効率化をサポートしています。 つまり、処理速度がメチャメチャ速いということです。 イオスの処理速度の秒速数百万というのはかなりのスピードで、IT大手のGoogleやFacebookの20倍以上の処理スピードを実現させています。

こんなところが優れている!

イオスはとにかく処理速度が速いです。 その速さは他のビットコインと比べると200倍以上の速さを誇ります。他の仮想通貨の紹介で処理速度が少し速いとかのものとはレベルが違います。 この処理速度の裏側には、処理の力に長けているアルゴリズムDPooS(Delegated Proof of Stake)や、初めに紹介したように非同期通信と並行通信を組み合わせるなどの技術が組み合わさって、これほどの取引速度の高速化に成功しています。 また、イオスは処理が速いプラス手数料ゼロを実現しています。 そもそも仮想通貨はブロックチェーンで分散して共有しあい、Peer to Peerネットワークによって手数料が最小限で済むようになっています、しかしイオスの場合取引などの処理を行ったユーザーに1年間で5%のトークンを配当しているので、取引をしたユーザーに関しては実質手数料ゼロという仕組みを実現させています。 元々仮想通貨は手数料が安いからそんなに変わらないんじゃないの?と思うかもしれないですけど一般的にそういうことを言われているのはユーザー間で取引をする際の話であって、もし企業レベルで多くの取引をこなすのであれば少額であっても取引手数料というのは大きな問題になってきます。その中でイオスは取引手数料の無料化を実現し、企業に業務からしたらありがたいものになっています。 さらにイオスにはスマートコントラクト機能もあり、イオスを使えば契約が自動化され、仲介機関を通さないでも手数料なしで契約を締結することができます。

こんなところが残念!

イオスは元々イオスプラットフォームを開発するための資金調達のためにICOで発行されたトークンです。 なので「これにこういう風に使ってほしい!」という用途では作られていないので汎用性が今のところあまりなく、一般的な決済などにも使用することができません。 今はまだ試験運用の段階で、イーサリアムのブロックチェーン上で運用実験をしていて、それが終わったら本格的にイオスの独自ブロックチェーンを開発し始めるらしいです。 なので、ここでのデメリットはもしイオスの試験運用が失敗に終わったら、イオスのトークンとしての価値はなくなってしまうということです。

将来性

イオスには利用用途がないという大きいなデメリットがあります。 しかし、それを上回るようなメリットがあることは間違いないです。機能としては、 ・ビットコインの数百倍に匹敵する圧倒的に速い処理速度 ・時価総額2位のイーサリアムと同様にスマートコントラクト機能を持ち合わせ契約の自動化を実現させることができるスマートなトークン ・時価総額も5位とかなりメジャーで市場にかなり出回っている状態 このように多くの素晴らしい性能を持ち合わせているのがイオスで、カイガイノエンジニアからも絶賛されているようです。 将来的に見れば、イオスの運用実験が成功すれば、さらに世の中に広まり、イオスを購入する人も増え、イオス自体の価格はどんどん上がっていくのではないでしょうか。 ただし、運用実験が失敗するリスクもあることを忘れないでください。

オススメの取引所

イオスは時価総額ランキング5位とかなりメジャーなのですが、国内取引所で扱っているところはありません。 イオスを購入するのであれば、国内取引所でビットコインかイーサリアムを購入し、海外の取引所でアカウントを作り、買ったビットコインなどを送信し、受け取ったビットコインでなどでイオスを買うという形になります。 オススメな取引所はBinanceです。 世界最大の仮想通貨取引所であり、セキュリティに関しては安全だと言えるでしょう。さらに、100種類以上の仮想通貨を取り扱っており圧倒的な数を誇っています。Bithumb,Bitfinexなどがありますのでチェックしてみてください。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る