Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「バイナンスコイン」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

目次で概要を確認

時価総額や知名度について

バイナンスコインとは、仮想通貨銘柄100種類以上も扱っている中国の大手仮想通貨取引所で、そのバイナンスが出しているトークンとなっています。2017年7月から営業が始まってまだ新しい取引所にもかかわらず、ユーザー数は300万人以上でかなりの人気を誇っている取引所で、取引高で世界No1に輝いた経験もあります。 バイナンスコインの開発者はOkcoinの創業者のうちの1人チャオ・チャン氏という人物です。Okcoinは中国最大の仮想通貨取引所ともいわれており、バイナンスと勢いでは負けていないほどの取引所です。 また、バイナンスの開発チームは日本にもいるので、仮想通貨ブームが続いていけば、そのうち日本でも東京支社ができると言われています。

管理主体や発行枚数について

バイナンスコインは発行上限枚数を設けていて2億枚です。すでに2億枚全て発行しきっています。

こんな技術が使われている!

バイナンスコインではERC20(Ethereum Request for Comments: Token Standard 20)とい規格で作られていて、イーサリアムのブロックチェーンを使用しています。 このERC20で作られた仮想通貨には補完性があり、さらに安全性も高まり、ICOに参加しやすくなるなどのメリットがあります。

こんなところが優れている!

バイナンスコインはバイナンス(取引所)が安定している限り、バイナンスコインの価値は上がりやすいと言えます。理由としてバイナンスの新規上場コインの投票にバイナンスコインが必要だという点があります。 バイナンスコインは規模の大きい仮想通貨取引所であり、取引量も多い信頼されている取引所で、仮にバイナンスに新しい仮想通貨が上場することができたら、その仮想通貨は大きく値上がりする希望を持つことができます。 そこで、バイナンスはユーザーにバイナンスに新規上場したい新しい仮想通貨に人気投票を行わせています。その人気投票に使うのがバイナンスコインであるので、みんな自分の仮想通貨を大手取引所バイナンスに上場させるためにバイナンスコインをたくさん買って自分に投票します。となるとバイナンスコインの価格はどんどん上昇していきます。 このように、バイナンスコインはバイナンスという大きなバックグラウンドがあり、それに寄り添っているので、バイナンスが優秀である限り、バイナンスコインも高いポテンシャルを保ち続けることができます。 また、バイナンスコインを利用して取引を行うと、取引手数料が0.05%と格安の値段で取引できます。元々バイナンスでは取引手数料が0.1%と業界最安値なのですがさらに安くなりますね。※バイナンスの使用年数によってパーセンテージは異なります。

こんなところが残念!

バイナンスはイーサリアムのネットワークを使用しているので、もしイーサリアムが何か起こしたらその問題に同時に巻き込まれる可能性があります。 これは割と現実的な話でイーサリアムは過去に「The Dao事件」という、イーサリアムが約60億円ほどハッキングによって盗まれたという事件もあります。したがって、イーサリアムに何かあったら、それに関係するバイナンスコインにも何か及ぶというデメリットがあります。 また、バイナンスコインのメリットである、手数料が安くなるというのはそのうち数量してしまう期間限定サービスのようなものです。もしそうなったら今後バイナンスコインがどのようなメリットでカバーしていくのかというのがいまだにハッキリしていない状態なので、このまま何もないようだとバイナンスコインの価格が下がる可能性もあります。 しかし、現在のところ使用用途も豊富で、今後バイナンスの人気が進めば進むほど何か新しい使用用途が増えていくのではないかと思います。

将来性

バイナンスコインはERC20の規格で作られているトークンで、イーサリアムのブロックチェーンを利用しています、なのでイーサリアムのネットワークを使うことができるのでスマートコントラクトの利用が可能です。 スマートコントラクトとはブロックチェーン上にスマートコントラクト技術を置くことで一定の条件を満たしたら契約を自動的に締結することができるまさにスマートな契約ができる技術なんです。 バイナンスコインは将来的には分散型取引所という形で運営を目指しており、スマートコントラクト技術を用いたサービスがバイナンスコインで使われる可能性があります。 バイナンスコインのポテンシャルは高まるばかりですね。 しかし、バイナンスは中国の取引所で、中国といえば仮想通貨に対して中国内ICOを禁止するといったマイナスなイメージがありますよね。なので、もし中国が仮想通貨に関してマイナスになるような行為をした場合、バイナンスは影響を受けてしまい、さらにバイナンスが所有するバイナンスコインはもちろん大きな打撃を受けることになるでしょう。 また、もしバイナンスが不正や不祥事などの、よからぬ行為をした場合バイナンスコイン自他の価値も同時に暴落してしまうという相互関係にあるとも言えます。 なので、そういった面から言うとメリット、デメリット賛否両論あると思うのですが、このまま順調に進むのであればバイナンスコインの将来はとても明るいと言われています。

オススメの取引所

バイナンスコインの取引はほぼバイナンス内で行われています。自社の製品だから当たり前と言ったら当たり前ですね。 バイナンスでは日本円の入金を取り扱っていないので、国内の取引所で購入したビットコインなどをバイナンスのアカウントに送り、送られてきたビットコインでバイナンスにて取引をするという形になっています。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る