Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「ソルト」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

将来性
オススメの取引所
時価総額や知名度について
ソルトは現在2018年6月1日の時点で価格が223.1円となっていて、時価総額は131億円ほどとなっています。こ時価総額は仮想通貨の時価総額ランキングで全体の115位です。取引が開始された当初は、1SALT=$2.7ほどで取引されていました。11月に少し下落してしまいましたが、その後高騰していき、最近は日本円で200円を少し超えるほどの価格で安定しています。
管理主体や発行枚数について
ソルトの最大発行枚数は120,000,000SALTとなっていて、現在およそ約6千万SALTが流通しています。
こんな技術が使われている!
ソルトはPoW(proof of works)というアルゴリズムを採用しています。PoW(proof of works)とは、ビットコインも採用している仮想通貨で、取引検証作業をするとその報酬として、コインがもらえるという仕組みで、一般的にこの仕組みは「マイニング」と呼ばれています。そして、この取引検証作業でもらえる報酬のことを「マイニング報酬」と言います。PoWの最大のメリットはハッキングなどの悪意のある攻撃に強いことです。しかし、デメリットとして膨大な計算を行うため、莫大な電力を消費してしまうことや、51%攻撃が起きる可能性があるということがあります。51%問題とは悪意のあるグループまたは個人により、ネットワーク全体の51%を支配してしまった時点で、不正な取引が行われてしまうという問題のことです。しかし、この攻撃を行っても必要以上の利益は得られないため、ほとんどおこらないだろう言われていますが、改ざんが行われる可能性があるということは理解しておく必要があると思います。現在はこのPoWを改良して生まれたPoSというアルゴリズが主流になってきています。このPoSはイーサリアムをはじめとしたアルトコインの多くに使われていて、PoWと違って、大量の電力も消費しませんし、51%攻撃のリスクもありません。 ソルトも今後、PoWからPoSに移行するという方針を示しています。PoSに完全に移行していけば、さらにソルトの注目度が上がるかもしれません!
こんなところが優れている!
ソルトの一番のメリットはブロックチェーンと融資をうまく親和させていることです。 まず、仮想通貨と、融資はとても相性がいいと考えられます。従来の方法では、お金を貸し出す時は、貸し手は借り手の信用や資産などを調べ、その信頼度に基づいて融資をするというものでした。もし信頼できない人に融資して帰ってこなかったら大変なことなので、その貸したお金を回収できない可能性を少しでも減らすために、このような慎重な手続きを踏んでいました。これは非常に非効率な方法でした。しかし、ソルトの場合は借り手の信用にかかわらず、正確なお金の返済能力を測ることができ、貸し出しを行うことができるんです!この理由は仮想通貨の根本であるブロックチェーン技術にあります!ソルトではブロックチェーンに書き込んである改ざん不可能な今の資産を担保にしているため、信用に関わらず、精密な与信力をはかることが可能になっていて、貸し出すことが出来ます。また、長期的に保有していても、SALTの貸し出しは安定性を保つことが出来ます。なぜかというと仮想通貨は普通の現金に比べ、消滅してしまう可能性が非常に少ないからです。このようにソルトは仮想通貨のメリットを最大に生かした融資の方法と、その将来性を提示しているのです!また、条件を満足してさえいれば貸し手になることができるというのもメリットの一つです。もしあなたが、ソルトにある程度の額を投資をしており、独自の基準の審査を通ることができれば、借り手だけではなく貸し手にもなることができます。今大きなメリットとして2つ出しましたが、ソルトはこのような方法で、今までの審査が厳しく、効率が悪かった融資の状況に一石を投じました。この新しい形の金融プラットフォームであるソルトは、幅広いニーズを獲得することに成功しています。
こんなところが残念!
便利な融資を実現する金融プラットホームのソルトですが、融資が危険な面も持っていることを理解しておかなければなりません。これは、現金での融資でもそうですが、融資は必ず自分に見合った量で行わなければいけません。さらに仮想通貨になると、どうしても現金より余剰資金で投資しやすいので生活などに必要な現金までも投資してし合うなどの危険性が大いにあります。例えば、持っている仮想通貨が暴落してしまったら、借りたお金を返済することができなくなり、自己破産してしまいます。トークンの価格が落ち着いて推移するようになり、株式のように取引されるようになれば、ある程度はいいかもしれませんが、現状は相当難しいように思えます。また先ほども述べましたが、ソルトはまだまだ発展途上な通貨で、知名度もあまりない仮想通貨であるので、どこまで社会に浸透するかは正直わかりません。
将来性
先ほども言ったとおり、現在ソルトのブロックチェーン上では、PoW(Proof of Work)と呼ばれるアルゴリズムを採用しており、一定期間ごとに行われるブロックチェーンの決済作業によって通貨が増えていく仕組みとなっています。しかし、ソルトはPoSへの移行を発表しています。現在主流になっている、PoSに移行すれば、さらに価格が上昇することも十分に考えられます。また、ソルトと現在連携している仮想通貨はまだビットコイン、リップル、イーサリアムの3つだけとなっています。これは今のところビットコインや、イーサリアム、リップルはソルトに担保可能であるということを意味しています。確かにまだまだ連携している仮想通貨が少なく融通が聞きにくい状況になっていますが、今後新しい仮想通貨がどんどん追加されていく可能性も十分に考えられます。担保可能な仮想通貨を増やすことに成功すれば、価格も上がり、使いやすく幅広い人に受け入れられる通貨になるため、将来性は大いにあると言えます!
オススメの取引所
ソルトは現在国内取引所では扱われていません。ソルトを扱う海外取引所の中でも、やはり大手のBinance(バイナンス)はオススメです。扱っている通貨が非常に多いので、利用しやすいと思います。他にもBittrexやHuobiなどの取引所もありますが、やはりそれらに比べると、メジャーなBinance(バイナンス)がいいかなと思います。もし、海外取引所でソルトを購入したい時、日本円では購入することができません。購入する際、あらかじめ、日本円でビットコイン、イーサリアム、リップルなどの仮想通貨を国内取引所で購入し、そして、その通貨を海外取引所に送金し、SALTを買うという作業が必要になります。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る