Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「ブラックコイン 」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

目次で概要を確認

時価総額や知名度について

ブラックコインは取引開始直後は一時価格が高騰しましたが、その後は比較的安定し、他の仮想通貨と同じく2017年12月に価格が高騰しています。 時価総額はおおよそ21億9837万円で、5月16日現在、日本円で21.16円です。

管理主体や発行枚数について

最大発行枚数は未知数ですが、流通枚数は約76843527BLKです

こんな技術が使われている!

ブラックコインはProof-of-Stake(PoS)のみのコンセンサスアルゴリズムを採用した暗号通貨です。Posと引き合いに出されるのが、ビットコインが採用しているPowがありますがPowはそのしくみの関係でフォージングの際、大量の電気を消費してしまうのに対し、Posは電気を使用しないと言うメリットがあります。ほかにもPosにはPowよりも優れた点があるのですが、より分かりやすくするためにまず始めにPosとPowについて簡単に説明していきます! ・Powとは ビットコインなどでも採用されている形式で、マインニングによってデータの整合性を確かめる形式の事で、その仕組みは取引の際、データがブロックチェーンのブロックに格納されるのですが、そのために解くべき計算問題を最も早く解いたものが報酬として通貨をもらえるといったものです。 メリット ・通貨を手に入れるためにお金がかかることでその通貨に価値がつきやすい。 ・Powでは、取引の承認の権利を半分以上もつ必要があり、そのためには相当の多額のお金をかけ設備を整え他の人々よりも速く計算しなければいけません。よって取引の改ざんがしにくい。 デメリット ・計算速度をあげるために、莫大な電力がかかる。 ・powの技術をつかったビットコインが将来失墜するかもしれないとよくいわれていますが、その懸念材料の一つでもある、51%攻撃というもし、この先世界の計算力の力が働いた時、ビットコインのブロックチェーンを改ざんされてしまうといったものがあります。   Posについて 通貨の保有量によりブロック生成の権利が割り当てられる事で、多くの通貨を保有している人が報酬の通貨をもらいやすくなる仕組みです。 メリット ・PosはPowのように計算力で争う必要がないので、電力消費が少ない。 デメリット ・保有量によって報酬が変わってしまう制度なので、通貨としての仕組みである流動性が失われてしまう恐れがある。 どちらも一長一短ですが、Posを使う事で、ブロックチェーンが半分以上改ざんされてしまうリスクが少なく、安全であるといえます!

こんなところが優れている!

・ブラックコインの技術である*Posは、コインを保持している時間が長いほどマイニングが有利になると評価されるアルゴリズムですが、以前コインを長い間保持しているように不正をすると多くの通貨が得られるといったセキュリティ上の課題が存在しました。そのためブラックコインはこのような課題を解決するために独自に拡張した Proof-of-Stake バージョン3.0アルゴリズムを作動させる事で、セキュリティ高めた取引を可能にしました。そのためセキュリティ面で安全性が高い! ・現在、アクセサリーやゲームキーなど8つのオンラインショップでブラックコインを使えるようになっていて便利!

こんなところが残念!

Posの仕組み上、低コスト51%攻撃といい、半分以上の通貨を買い占めることを告知し通貨の価値を暴落させることで低コストで買い付けるといった方法をとられてしまうリスクがあります。

将来性

ブラックコインは毎年新機能を搭載していて、開発陣が非常に優秀ということで有名です。状況に応じて、開発陣が臨機応変に新機能を搭載していることは、非常に大きな長所であると考えられます!またブラックコインは世界ではじめてスマートコントラクトを実装した仮想通貨で、この点からも開発陣が優秀であることは明白です!この点を考えると、将来性は あると思います。 さらにブラックコインはすでに多くのオンラインショップで利用できるようになっていて 、今後もBlackCoin(ブラックコイン)が利用できるオンラインショップが増えていけば将来性のある仮想通貨だと言えます。

その他の情報

ブラックコインが提供するプロダクトの代表的な例 ブラックコインは様々なプロダクトで利用できる仮想通貨です。 その例を4つほど見て行きます。 1 IRIS IRISは新たな機能を追加できるカラードコインをサポートしているマルチシグネチャーウォレットです。 BlackCoin(ブラックコイン)をつかって、ネットワークに資産を貯蓄できます。 2 PAYBLK 安全性の高いBkackCoinをウォレットプラットホームを個人や企業に提供している。 3 BLACKHALO BLACKHALOは世界初のスマートコントラクトソフトウェアです。 スマートコンストラクトは、イーサリアムなどにも使われていて、直訳にすると、賢い契約という意味になります。つまりスマートコンストラクトは自動で実行される賢い契約の事で、これを使う事で、契約相手を信用する必要が無くなります。どういうことかと言うと、契約がプログラムによって機械的に認証を実行するため相手の虚偽の申請などを気にするリスクが極めて小さくなります。また、ブロックテェーンの技術により実行履歴が記録、公開されるため非常に安全度が高くなります。 簡単に言うなら、BLACKHALOを利用することで盗難や詐欺を排除する事ができると言うことなのです! 4 BLACKSIGHT BLACKSIGHTはブラックコインブロックチェーンの事でウェブウォレットや他のアプリ制作に利用できます。

オススメの取引所

・Bittrex ・Poloniex ・Bit z ・Cryptopia ・Livecoin ・Bleutrade tennisCoin exchange, ・Tux exchange *ブラックコイン の国内取引所は現在ありません。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る