Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「スカイコイン」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

目次で概要を確認

時価総額や知名度について

発行日が2013年でスカイコインの時価総額は約200億円です。時価総額ランキングは84位というマイナーだけどかなりの希望を持っているまさに有望な仮想通貨です。

管理主体や発行枚数について

スカイコインは発行上限枚数を設けていて、1億枚となっています。現在市場では25%が発行されていて年間で約5%ずつ発行していく模様です。なので最低でもすべて発行しきるには14年ほどかかると言われています。

こんな技術が使われている!

スカイコインはskywireという独自の分散型ネットワークを開発しています。 Skywireのネットワークには中央に集権的に存在位するプロバイダという存在がいないことが特徴で、インターネットの世界では政府のネットワーク技術でネットの動向を監視していたり、主要検索エンジンの運営が消費動向を探るために我々の検索を監視しているのは事実です。最近ではテロ等準備罪などの法案が通り、snsの中まで監視される可能性があるというほど、インターネットの世界は監視されるようになってきました。 この監視が起きるのは中央集権である運営が存在しているからであり、その監視から解き放たれるために中央集権である運営が存在しないネットワークskywireを開発しているのです。これにはブロックチェーンとPeer to Peerネットワークを駆使して、政治を始めとした中央集権にとって都合の悪い情報も闇に葬られることなく存在することができるので、より透明な社会が新たな技術とネットワークを通して実現することをエイムとしています。

こんなところが優れている!

スカイコインはとにかく今後に期待できるという点ですね。 スカイではskywireの独自技術を駆使した革新的なネットワークを持ち、完全な分散自立型のネットワークなので、マイニングにより一部の集団がコインの大半を占める問題もなくなり、ユーザーによって管理され維持される仕組みを保っています。 このことからスカイコインで不正や情報改ざんが行われる可能性は極めて低いといえます。 今後に期待できる理由のもう1つは仕組みがシンプルということです。 スカイコインはskywireのネットワークを利用するために払うコインです、使われ方がとてもシンプルで、使用にあたり複雑な要素がないことから仮想通貨に対して小難しくて関わりたくないという一般消費者に対しても近寄りやすい存在であると思えます。実際はスカイのネットワークを使うこと自体は無料であると思われますが、優れた機能を追加で使うときにプレミアムバージョンの利用のようなイメージでアップグレードされた機能を利用する際にスカイコインで支払いをすると思われます。 これらのスカイコインの使用用途からわかることは、skywire(スカイのネットーク)が普及すれば普及するほど、スカイコインの値段は上がっていくのではないかと思われます。 また、スカイが実現しようとひているネットワークの透明化というものは、ネットワーク利用者のほとんどが求めるものであり、ニーズが十分にあることからスカイコインが期待されているのだと思います。

こんなところが残念!

スカイコインは現在取引している取引所が非常に少ないため購入するには1手間かけたプロセスが必要ということですね。 今の所大きな不正ニュースなどもなく、信頼されている有望な仮想通貨ですので、大きなdメリットはないと思われます。 ネット上の口コミなどでも同じような意見が多く、デメリットについて書かれているサイトはあまり見ませんね。

将来性

スカイコインは次世代のビットコインと言われるだけあり、今の世代の問題点を改善するような機能をもって開発されています。 最近では、スカイコインの開発が完成に近くなってきたことからマーケティング活動が行われて、今まで情報が滞ったままだった状態から解放されてきているので、これにより多くの人がスカイコインに対する情報を手にすることになりさらに市場が大きくなる可能性があります。 市場が大きくなるであろう理由はマーケティングを始めとして、やはり自由なえっとワークを利用することができるという点が大きく、日本ではネットワークの規制をあまり感じることがないので、ネットワークの自由化であまりピンとこないですが、中国ではネットワーク規制が最近では特に厳しくなってきていて、写真や動画をアップするだけで政府からの監査が入るようになったという噂も最近では耳にします。 このように、スカイコインは日本よりも、海外からのニーズの方が大きいと考えられ、スカイのネットワークが完成し世に放たれれば、世界中に広まることは間違いないと思われるので、スカイが次の世代の代表仮想通貨になることも必然というほどの魅力を持っていますね。 また、人工知能が未来の出来事を予想するということで有名なウェブボットがスカイコインの価格が高騰するという予想をしています。 ウェブボットは全てのSNSやネットの情報を吸収して、その事実から価格を予想するというマシンで今までに多くの仮想通貨の予想を当てています。100%とまでいかなくても7割ほどの命中率を誇っているらしいです。

その他の情報

スカイコインは世間で「ビットコインの進化バージョン!」という風に言われていて、ビットコインのマイニング問題を解決していることから言われていると思われます。ビットコインのマイニング問題とはマイニングというブロックを承認するのに非常に大きな電力を使って大量の計算をこなすから、電気代が非常にかかり環境に悪いとされています。また、マイニングでは中央集権化が起きてしまうという問題もあります。ブロックチェーンを駆使して中央集権が存在しないため、全ての情報が全てのユーザーと共有されデータの改ざんや不正が不可能なことが良いとされていますが、マイニングで一部の集団が一定以上のコインを保有してしまうと、ブロックチェーン上でも不正ができるようになってしまうという51%問題というものがあります。 このような問題を取り除いて生まれたのがスカイコインで、オベリスクというシステムが存在し、権力が分散が保証され、取引コストも安く済ますことができるという画期的なシステムが登場したことで仮想通貨よりもデジタル通貨に近い存在になることに成功し、信頼感を得ています。

オススメの取引所

現在の所スカイコインを取り扱っている取引所は国内にはありません。 スカイコインを取り扱う仮想通貨取引所は現在の所クリプトピアだけとなっています。 クリプトピアで購入するすることはできるのですが、海外の取引所は日本円からの入金を取り扱っていないところがほとんどなので、スカイコインを購入する際には日本の取引所からビットコインを購入し、そこから海外の取引所(クリプトピア)に購入したビットコインを送信して、送信されたビットコインを基に取引するという仕組みになっています。 ここまで高いポテンシャルを持っているスカイコインなので開発が進んできたら大手仮想通貨取引所に上場する可能性も十分あると考えられます。 バイナンスやビットフィネックスに上場すれば価格もかなり上昇すると思われるので、上場していない今のうちに買っておくのも悪くないかもしれないですね。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る