Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「オントロジー」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

目次で概要を確認

時価総額や知名度について

6/4現在で時価総額は約1060億円、ランキングは25位と割とメジャーな通貨だと分かります。比較的新しい通貨でありながら2018年3月には香港の取引所であるBinanceに上場しているので周りから期待されているのがわかりますね。通貨単位はOTNとなっています。

管理主体や発行枚数について

中国のOnchain社が開発しており、同社はビジネスなどにおけるブロックチェーン技術を推進しています。先ほどオントロジーはネオをベースに作られていると説明しましたが、これはOnchain社のCEOとネオの創業者がDa Honfei氏であるためです。オントロジーとネオは目的が違いますが協力していくことでブロックチェーン技術を実生活に浸透させていくことを目指しています。発行最大枚数は10億枚で市場に流通しているのが約1億2千万と1割程度の通貨が流通しています。

こんな技術が使われている!

オントロジーは仮想通貨のインフラストラクチャーとなるためにオントロジー・インフラストラクチャーを提供しています。これを利用することによって企業が信頼性のある契約や業務の遂行を可能とします。またイーサリアムに実装されていることで有名であるスマートコントラクトの機能があります。スマートコントラクトは人を仲介することなく自動的に契約内容を書き込むことを可能とします。

こんなところが優れている!

現代では個人情報の保護やデータの管理にかなりのコストをかけている上に非効率な処理を行っています。しかしオントロジーの提供しているブロックチェーンを利用し複数のパソコンで分散して管理することで処理の速度が速くなり、セキュリティーが高くなります。また管理の際にかかるコストを抑えることができます。またそのブロックチェーンはオントロジーのフレームワークを使うことで目的に応じてカスタマイズすることを可能とし、柔軟にビジネスを行うことができます。さらにスマートコントラクトによって契約の内容が透明化され契約相手の信頼を必要としない上に、人を仲介しないためにコストを抑えることができます。

こんなところが残念!

スマートコントラクトは透明性があるゆえに他の人は取引の内容を閲覧可能なので、プライバシーの観点ではあまり良いことではないと思います。また日本の取引所では購入できないために、初心者には購入しにくいという点があります。

将来性

オントロジーのロードマップではブロックチェーンのプラットフォームを整えるチェーンネットワークと、個人認証やデータエクスチェンジのアプリケーションの開発を行うトラストエコシステムの2つがあります。これらの開発が進んでいくことで実生活によりオントロジーが浸透していきます。例えば製薬会社から直接薬を買い付けることが可能になります。実生活でより身近になればオントロジーの価値は上がっていくと思います。またオントロジーは世界最大級の企業であるアリババや他の企業と提携しているので、注目されていることがわかると思います。これらのことから今後注目されていく通貨になる可能性が高いと思われます。

その他の情報

2018年5月14日にオントロジーとネオが戦略と技術の統合することを発表しました。ネオが技術面でのインフラを提供してオントロジーはそれに応じて顧客向けのサービスを提供していきます。今後また新たな事業計画が発表されるかもしれないので注目していきたいと思います。

オススメの取引所

オントロジーはは国内の通貨取引所では扱っていないので、海外の取引所で購入することになります。海外の取引所で購入する際には日本円の入金を扱っていないところがほとんどなので、まずは日本の取引所でビットコインを購入し、そこから海外の取引所でビットコインを送信して、それをもとに取引します。オントロジーを扱う海外の取引所はいくつかありますが、その中からBinanceとHuboiを紹介します。Binanceは中国の取引所で約110種類の仮想通貨を扱っています。手数料が0.1%と安く仮想通貨全体の取引高が高いので利益を出しやすいと考えられます。しかしBinanceは出金制限が一日2BTCとなっていてあまり出金出来ないうえに、レバレッジ取引には対応していません。また日本語に対応していないので、英語が苦手な方は注意が必要です。Huboiはh香港を拠点としている取引所で、日本の大手金融機関の一つであるSBIホールディングスと提携しとたことや、独自トークンHuobi Token(HT)を発行しています。このHuboi Tokenによって最大50%の手数料の割引がされます。またベバレッジ取引をすることができ少ない資金で利益を出すことができます。しかしその逆もあるので注意が必要です。またサポートが中国語のみの対応です。SBIとの提携により今後日本人向けのUI(ユーザーインターフェース)が開発されることが期待されています。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る