Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「ストラクス」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

目次で概要を確認

時価総額や知名度について

ストラクスの通貨単位はSTAKで2017年12月にこう愛されたばかりの新しい仮想通貨です。 時価総額は約4億で、時価総額ランキングでいうと500位後半ですので、かなりマイナーです。世間ではこのようなマイナーなコインのことを草コインと呼び、草コイン投資何て言われていますね。しかし、草コインは化けたら100倍200倍になる可能性を持っているので捨てきれないと思います。 創業者はSignatumという仮想通貨界初のメンバーが作ったものです。以前Signatumでは不正が発見され、情報操作をしたとされていて開発メンバーが逃亡したことが事実であり、そこに残ったピュアなメンバーたちが再開発という形でリブランディングして「ストラクス」を開発しました。

管理主体や発行枚数について

ストラクスは発行上限を設けていて1億5000万枚にしています。仮想通貨では発行上限を設けることで通貨自体に希少性を保つことできるので、ビットコインを始めとした一部の通貨では上限枚数を設けています。

こんな技術が使われている!

ストラクスはセグウィット4xという技術で、情報をまとめるブロックのサイズを4倍の大きさにして、一度により多くの取引を処理できるような技術を駆使しています。 実際にビットコインでも取引量をさらに増やすためにセグウィットを導入するかどうかの討論が行われていて、結果的にビットコインキャッシュ分裂しましたが、仮想通貨の代表であるビットコインにも使われるような機能を搭載している技術です。

こんなところが優れている!

ストラクスの最大の特徴はメリットでもある多機能ということです。 多機能のうちのまず1つ目は、最初でも説明した「セグウィット機能」です。セグウィットは取引量が増えてもその量に対応して取引スピードを下げることなく決算することができる機能で、ハイスペックなので他のアルトコインは基本的に搭載されていません。このセグウィット4xというのは、ビットコインより勝っていてビットコインは2xなので、それのさらに2倍の取引量まで対応することができます。 次に、少額決済に対応しているということです。 この少額決済はなにが便利かというと、これからの時代に必要不可欠となるであろうデジタルコンテンツの支払いなどに正確に対応できるということです。 具体的に説明すると、動画再生や記事の文字数などを0.1円や1以下の数字で決算しなければならないとき、現金では基本的に対応できないのでクレジットカードでこれに対応しようとするとご存知の通り、仲介会社を多く通すのがクレジットカードなので取引手数料がかかってしまい、あまり効率的とは言えません。 この少額決済可能サービスのことを「ライトニングネットワークシステム」と呼び、ライトニングネットワークを通して取引すれば大人数でも無駄なトランザクションを減らすことができより効率的に取引を行うことを可能にします。 さらに、ストラクスはセキュリティにも長けており、取引を匿名化して行うことができます。 インターネットでは通信履歴を追尾して暗号を解き明かし自分のアカウントなどが明け荒れてしまうというハッキングリスクがあります。それは通信を追尾することができることから特定の情報にたどり着くことができてしまいます。 これに対しストラクスは「i2p(インビジブルインターネットプロジェクト)」というものを利用しており、通信情報を暗号化してハッカーが通信を終えなくし、特定の情報にたどり着けなくしています。 このi2p技術によって取引をさらに安全に行うことができます。 I2p技術で取引を安全に行えるうえに、さらにストラクスはスマートコントラクト機能もあるので、取引上での契約を自動で執行することができる「スマートなコントラクト(契約)」を実現させます。このスマートコントラクトは仮想通貨の代表格でもある「イーサリアム」が搭載して注目を集めているもので、近未来での取引ではスマートコントラクト機能は必須になると思われます。

こんなところが残念!

ストラクスのデメリットは「匿名性」というメリットの裏側に隠れている通信を終えないという点です。 これの何がデメリットなのかというと、ビットコインのシルクロード問題でもあったように犯罪のプラットフォームにされやすいという面です。 匿名化が高いレベルまで発達していると、闇取引などの取引を行っていても、追跡することができなくなり、結果的にはそのメリットが犯罪のプラットフォームかしてしまうというデメリットになりかねないという可能性もあります。 ビットコインでは個人が特定されずらいというメリットを逆手に取られ薬物をビットコインで売買するという「シルクロード事件」というものがあり、個人を特定することができないというデメリットを批評されました。 当然ストラクスの運営もこのような事件が起こらないよう、対策すると思うので実際に犯罪のプラットフォームかする可能性は低いですが、可能性としてはゼロとは言い切れないと思います。

将来性

ストラクスは今話題になっている匿名性i2pや送金の速さと手数料問題でのライトニングネットワークシステム、セグウィットx4の搭載、契約の自動化のスマートコントラクト機能など、旬の技術を多数取り揃えているので、「これから伸びるか」という観点から考えるとかなり期待値の高い仮想通貨なのではないかと言われています。これだけ多くの機能を取り揃えているものは他のアルトコインにはないので、確実に差別化することができているので、今後が楽しみな将来性のある仮想通貨だと思います。

その他の情報

仮想通貨が我々の生活に1度広まってしまえば、広い範囲で使われることが期待されますが、ストラクスは広まりやすいと思われます。 その理由として、チャージバックの費用が掛からないという点です。 クレジットカードなどでは、顧客のクレジットカードが不正に利用された際、ユーザー保護のため、店側はユーザーに不正に利用された分の金額をユーザーに払い戻ししいなければならないので店側からした損失を出してしまうというデメリットがあります。 しかし、ストラクスは一度行われた取引に手が加えられることはないので、店側からすると営業損失を被る心配がなくなるので、ストラクスは今後導入する店が増えやすいという環境を保っています。

オススメの取引所

ストラクスを取り扱う取引所は現在の所国内にはありません。 海外の取引所だとCrypto BridgeとStocks.Exchangeの2つがあります。 CryptoBridgeは取り扱い銘柄40種類以上で国内大手取引所のbitFlyerの取り扱い銘柄7種類と比べると比較的多い銘柄を取り扱っているとわかりますね。 また、日本語にも対応しているので海外取引所でも心配しないで使うことができると思います。 海外取引所を使う場合は、その取引所が日本円入金を対応してないのであれば(大体の取引所は対応していないです)、国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入し、海外取引所のアカウントにそのビットコインやイーサリアムを送り、そのコインを基に取引するという形になります。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る