Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「セントラリティ」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

目次で概要を確認

時価総額や知名度について

セントラリティは時価雄額約200億円で時価総額ランキング84位の順位的にはマイナーな仮想通貨に分類されているものです。 順位的にはマイナーと強調したのは、2018年に行われたセントラリティのICOでは6分で約100億円のトークンが売り切れになったとされている記録的ICOをやってのけたからです。通貨単位はCENNZで1CENNZ = 約33円です。

管理主体や発行枚数について

セントラリティの最大発行上限は12億枚で既に市場に半分以上の約7億枚が出回っています。またセントラリティでは分散型プラットフォームで運営しているので中央集権は存在しなく、ブロックチェーンの仕組みそのものを実現させています。

こんな技術が使われている!

セントラリティではアプリ開発を行うプラットフォームとして高い技術を誇っています。 アプリ開発でセントラリティが開発したモジュールと言われるシステム(部品)を使えば、通常より簡単にアプリ開発を行えるようになるので、エンジニアなどの技術者にはとてもありがたいことであるという声をよくネット上で目にします。 また通常、アプリ内で持っている情報を他のアカウントと共有することはできませんよね。イメージ的には自分で2つのアカウントを共有して持ちたいなら、もう1つ新しいアカウントを作って始める必要があります。しかし、このセントラリティのプラットフォームを土台にして作ったアプリならばアプリ間でデータの共有が可能になります。 このセントラリティのプラットフォームが広まっていくことで、アプリのユーザーも開発者もポジティブな方向に事が進むのでさらにアプリ業界の市場を大きく成長させてくれるものですね。

こんなところが優れている!

セントラリティの現時点での良いところは既にセントラリティのプラットフォームでアプリが活用されている状態にあるということです。 よく新しい有望なトークンが出ていますが、有望というだけで実際に実証されるのはまだ先の話だというのが多く、トークンの所有者にも不安が少し残るような状態がありますが、セントラリティの場合すでに10以上のアプリがプラットフォーム上で利用されているので、こと順調に進んでいるのが分かりますね。 また、セントラリティの将来的な魅力としてブロックチェーン技術で新しく生まれたアイデアや技術などがユーザーに正確に届き、魅力のあるプロジェクトが正当に評価されるようなスタイルを築き上げようとしています。 セントラリティを軸としてアプリの開発と利用が進むことでアプリ間を効率よくつなぐことができ、最高のサービスをブロックチェーンを通して効率よくシェアすることができる。そういう未来のカタチを目指していて、企業のエイムがとてもクリアで明るいものとなっているのも、ICOにて一瞬で100億円を調達することができた1つの証拠のようなものですね。

こんなところが残念!

セントラリティについては優秀で非の打ち所がないように見えますが、実は賛否両論あるものなのです。ブロックチェーンラボ案件というものがあり、セントラリティは直接金融庁から警告を受けたといいます。 このこともあり、一般の人々は怪しいものからはとりあえず手を引いておこうという意識ができ、投資をするには止めた方が良いという人もいます。 しかし、事件という事件があるというわけではなく、これといった大きなデメリットもないのでピュアで優秀なコインだと思われます。

将来性

冒頭でも説明したように、セントラリティはその魅力からICO開始6分で100億円を調達するという偉業を成し遂げました。これは紛れもない事実で有望なコインということを証明する確実な材料です。 現在の所ではまだネームバリューで考えると若くて有望な他のオルトコインに劣っているかもしれませんが、セントラリティの魅力や技術は本物であり、広まり浸透することで価格が上がっていくのではないかと考えられます。 また、企業提携などの話ではすでに開発国であるニュージーランド内で12以上の企業と提携していて、中にはCTIAというスイスの仮想通貨やブロックチェーンを専門にしている投資アドバイザーがいます。このCTIAはICO詐欺案件や不正などから投資家を保護するために頻繁にプロジェクトの調査お行っているようです。このことからセントラリティはCTIAから調査を受けている模様ですでにクリアな仮想通貨だということが実証されていると思われ、アドバイザーがついたもとで大きなプロジェクトが打ち上げられるのではないかと言われています。

その他の情報

セントラリティは「Centrality Ventures(セントラリティベンチャーズ)」と呼ばれるブロックチェーン技術のベンチャー企業の育成を始めるというニュースがありました。 この審査に通ると10万ドルと技術支援を受けることができるのでさらに成長するチャンスをつかむことができるというセントラリティ主催のプロジェクトです。 セントラリティ自身もこのプロジェクトで優秀なベンチャー企業を自分たちのDAppsプラットフォームに誘い込み、プロジェクトの加速を図ろうとしているようですね。 セントラリティの調子はなかなか良いようで、ニュージーランド政府からも資金援助を得ることができたそうなので、さらに開発を進めることができている模様です。

オススメの取引所

現在の所国内でセントラリティを取り扱う取引所は内です。 購入は海外からになるのですが、あまりメジャーな通貨ではないので現在上場している取引所はSingularXとクリプトピアになっています。 正式な情報ではないですが、噂でBittrexという大手仮想通貨取引所に上場するうわさが回っているそうです。もしこの大手取引所に上場したらすでに上場している2社へ上場したときの価格変動とは比べ物にならない高騰が起こるかもしれないですね。それによりセントラリティの期待は一気に高まると思われます。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る