Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

シェアリングエコノミー、GDP参入への方針が固まったか

政府はシェアリングエコノミー、通称シェアエコをGDP(国内総生産)に参入させる方針の方向で固まりました。2020年に新たに採用される可能性があり、個人間の取引を把握するための研究を現在行っています。

シェアリングエコノミーとは


シェアリングエコノミー(以下シェアエコ)とは個人が所有しているモノをインターネット使って情報を共有することで他人にも貸し出すようなサービスの総称で、アメリカのシリコンバレーが発祥です。現在共有されたモノを使いたいと思った人にとっては絶好のタイミングで利用が可能ですし、そのモノを所有する際のコストを抑えることにつながります。共有した人にとっては自分の所有するモノでちょっとしたビジネスを行えるので、どちらにとってもメリットがあるわけです。シェアエコにはさまざまなサービスが存在しますが、いくつか有名なモノを紹介していきます。

TimeTicket

自分の知識や能力を30分単位で売ることができるサービスです。自分の持っているリソースを生かして条件や金額をサイト内で提示し、興味を持った人が購入して提示者が承認することで契約成立となります。
TimeTicket公式サイト

Uber

スマホのアプリを使って近くにいるドライバーに依頼して目的地まで運んでもらうサービスです。個人がタクシードライバーになる感じですね。決済はアプリ内で行われるのでドライバーと直接金銭のやりとりがないのがメリットの1つです。世界70ヶ国で利用することができます。
Uber公式サイト

KitchHike

家庭料理を作りたい人とふるまって欲しい人をつなげるサービスです。レシピを教えてもらったり一緒に作ることも可能となっています。外国人に依頼すれば外国の家庭料理を堪能できるところがいいですね。
KicthHike公式サイト

なぜシェアリングエコノミーが参入されることになったのか

シェアエコの規模が近年大きくなっており、2016年時点では6千億円になったと言われています。乗り物や家を貸すようなサービスが特に伸びていて取引額が上昇していることが理由としてあげられます。例えば民泊がメディアで取り上げられていたり問題となっていますよね。民泊は家を宿として貸すサービスとなっています。

シェアリングエコノミーの仮想通貨とは


仮想通貨にはシェアエコのようなサービスを利用しているものがあります。それはSiacoin(シアコイン)です。Siacoinは個人のパソコンの空き容量を貸しだし、その対価としてSiacoinを受け取ることができるまさにシェアエコのサービスですよね!

Siacoinの概要

Siacoinは通貨単位がSCで2015年に公開された通貨となっています。時価総額は約200億円となっていて、8月16日現在では41位と上位にランクインしています。

Siacoinの特徴


Siacoinは貸し出された空き容量をブロックチェーンを利用して世界のパソコンにデータを分散させて保存する分散型クラウドとなっています。従来のクラウドサービスは管理コストや検閲問題がありますが、Siacoinはブロックチェーンによって安全かつコストをかけずにデータを保存することができます。利用者は従来より手頃な価格で多くのデータを保存することができます。

Siacoinの購入方法

Siacoinは日本の取引所では購入できないので、海外の取引所で購入することになります。BinannceやBittrex、Poloniexなどで購入することができます。もし気になった方は公式サイトを参照してから購入するといいと思います!
Siacoin公式サイト

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る