Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「ビットシェアーズ」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

目次で概要を確認

時価総額や知名度について

ビットシェアーズは現在2018年5月21日の時点で、29.051円となっており、時価総額はおよそ774億円ほどとなっています。2017年に入り、5月の全体の仮想通貨投資熱が急増した時に、一気に1BTS=40円まで上昇しました。実に100倍以上の値上がりです。2017年5月に仮想通貨全体が大きく値上がりしましたが、ここまでの上昇を見せた通貨はほとんどなく、期待の高さが伺えます。2017年後半はでは、1BTS=10円から、20円程度で安定した価格変動をしており、仮想通貨の時価総額では20位前後に位置していることが多いです。

管理主体や発行枚数について

ビットシェアーズの発行上限は約37億BTSになっています。

こんな技術が使われている

ビットシェアーズ の技術的なことと、その仕組みについて説明していきます。 ビットシェアーズ で特筆すべき点は、何と言ってもOpenLedgerという仮想通貨プラットフォームです! ここではビットシェアーズの売買はもちろん、BTSと米ドルの両替も可能にしています。 理解しやすいように考えると、プラットフォームというよりも、取引所と見たほうがいいかもそれません。また、ビットシェアーズの一般的な仮想通貨取引所と異なるのは、非中央集権的であるという点にあります。 ビットシェアーズは、特定の管理者がいないため、現在数々の仮想通貨で問題となっている事件のような運営者による仮想通貨の着服が起こりにくいと言えます。 また、第三者に資産が盗まれるという心配もありません。さらに理者のいない代わりに、通貨の取引記録はブロックチェーンに自動的に記録されます。

ビットシェアーズ一番の特徴はDPoSというアルゴリズム

DPoSはDelegated Proof of Stakeと呼ばれるもので、取引承認アルゴリズムを採用しています。DPoSのは作業の迅速さと柔軟性、非中央集権性が特徴です。その仕組みは、まず、コンピューターによる取引承認作業を行う際に、BTS保有者の投票によりwitnessを決定し、その選ばれた承認者が取引記録の処理を開始します。 一定時間ごとに承認ができる順番がくるので、それらを承認することで報酬が得られるシステムになっています。誰が選ばれるかは、ランダムというわけではなく、BTS保有者の投票によって決まります。現在では投票者が全員を評価することが難しいなどの問題から、witnessは20人前後まで縮小されています。DPoSによるブロック(取引情報の塊)生成時間は約3秒と、仮想通貨でも随一の取引処理の速さ。 有名な仮想通貨でいうと、ビットコインは10分、イーサリアムの15秒なので、それらと比べると比べていかに速いか理解できると思います。 また、ビットシェアーズには独自の紹介報酬プログラムがあります。ビットシェアーズには、リファーラルプログラムというアフィリエイトに似た仕組みが存在していて、ビットシェアーズのユーザーを増やすため。紹介すると紹介された人が取引した分の手数料のうち、一定額が紹介した人に支払われます。 このやり方は今ではすっかりおなじみとなった決済サービス、Paypalでも利用されています。今ではこの手法は、世界でもメジャーな決済サービスになっています。 こうした理由からビットシェアーズではリファーラルプログラムが採用されています。このプログラムについて、簡単に説明すると、プログラムには基本アカウント、年会メンバー、生涯メンバーという3つのステータスが存在していています。 さらに、ビットシェアーズを語る上で外すことができないのが、スマートコインの存在です! スマートコインは、ビットシェアーズがネットワーク内にある法定通貨と同じ価値を持つコインのことで、スマートコインを利用することで、資産価値を安定させることができます。 BTSが上昇している時はBTSを保有しておき、BTSが下がっている時は法定通貨建てのスマートコインに両替するといったことが可能なので、この技術は非常に優れていつことがわかると思います。 さらに、スマートコインはブロックチェーン技術と非中央集権性のおかげで、発行元の会社の経営状態に左右されることがありませんので、仮想通貨の欠点である信用力を担保しています。

こんなところが優れている

先ほども説明した、スマートコインは、USD、JPY、BTC、金など広く価値が保証されていて、別の資産の価値に固定されています。こうすることで、常にビットシェアーズの100%以上の価値を保持しているので、為替レートに沿っていつでも変換することができます。要するに、スマートコインは代替可能、分割可能、制限がないという特徴をあります。 このように、ビットシェアーズでは一度資産をビットシェアーズ 上にのせたらそこから法定通貨に戻すこともBitUSDやJPYなどのスマートコインに交換することもできます。さらに、BitUSDは1USDとほぼ同じと考えることができるので、必要な時に資産をBitUSDに戻せば法定通貨に交換下のと同じ効果があることに加えて、BitUSDとしての仮想通貨としての形式もいじでき、安全に資産管理をできます。つまり、まとめると、ビットシェアーズ に一度資産を乗せれば仮想通貨・法定通貨のどちらの形態も維持できるということです。また、BitUSEの価値が安定しているのもビットシェアーズ の大きなメリットと言えるでしょう。さらにBitUSDについて説明していきます。BitUSDとはビットシェアーズ ネットワーク内で作られたスマートコインの一種で、1Bitshares=1USDとなるように設計されています。つまりBitUSDは、両者とも自由に交換できるのでその点で優れています。さらにBitUSDについて、

BitUSDはカウンターパーティ・リスクがないため、ペッグ通貨として最強

どういうことかというと、まず、USDにペッグしている仮想通貨には、ビットシェアーズ 以外にもUSDTやOPEN.USDというものがあり、BitUSDでは、分散型プラットフォームを基盤にしているため独自の取引所が潰れてもいつでも1BitUSD=1USDのレートでUSDと交換できるというメリットがあります、しかし反対に、他のペッグ通貨、が破綻したら価値が無くなり、さらにOPEN.USDはUSDとの交換制度が廃止されたり、Openledgerが破綻することを考えると、大きなリスクがあります。しかし、ビットシェアーズ はそれらと違い、取引所やサービスにかかわらず価値が担保されているので、その点ではメリットであると言えます。

こんなところが残念

ビットシェアーズ のデメリットとしてあげられるのは、承認者の数の調節が難しいことです。当初ビットシェアーズ では承認者を、もともと101人選出されていました。しかしながら、先ほども少し紹介したように、それでは承認者報酬がかさみすぎるという問題や、適正の可否を問う投票で全員を見ることができないという問題があり、現在は20人前後選出するという形になっています。 承認者の数が減らされると、参加するインセンティブが低下してしまいます。ビットシェアーズ の初代開発者はSteem(ブロックチェーンを利用したプラットフォーム)の開発へ移行しました。 現在では新たな開発陣により様々な作業が進められていますが、開発が思う容易に進捗していないということもあり、その点ではデメリットと言えるかもしれません。 またもう一つのデメリットとしてあげられるのがスマートコインの利用者が非常に少ないことです。スマートコインは他のコインとの差別化を図る上では画期的な用途を持っていますが、まだほとんど利用されていません。スマートコインの開発について、開発初期の頃は実用化に向けた議論が行われていましたが、最近ではやや停滞している状況です。

将来性

ビットシェアーズ の将来性を語る上で関わってくるのがスマートコインでしょう。先ほどもいったとおり、ビットシェアーズの最大の魅力は先述したスマートコイン。同じような考え方を持つ仮想通貨は他にもありますが、ビットシェアーズ以外の仮想通貨では、なにかの拍子に資産凍結がされると、その価値はなくなってしまいます。ところが、ビットシェアーズのスマートコインはブロックチェーン技術を用いて発行されているので、発行元の会社に左右されることがありません。これは会社の経営状況が悪かったとしても、影響を受けないということです。つまり、スマートコインの仕組みがあることによって、仮想通貨の泣き所である信用力を担保しています。 また、ビットシェアーズは仮想通貨と実在する通貨の中間のような存在なので、お互いの長所を併せ持つ通貨であると言えます。これらの点から考えると将来性を感じさせる通貨であることは疑う余地がなさそうです。

オススメの取引所

ビットシェアーズは国内での取り扱いがまだありません。 オススメの海外取引所はPoloniex、BTC38、yunbi、jubi、SZZC、Bittrex、Livecoinなどがあります。 また、わかりやすいところではビットシェアーズの「オンライン・ウォレット・サービス」を利用すると良いかもしれません まず、BTSを取引するためのウォレットを作成し、オンライン・ウォレット・サービス」にアクセス後、アカウント名やパスワードなどを入力していけば簡単に登録できます。 実際の取引はブリッジを利用してビットコインをBTSに交換する方法が簡単です。交換したい数量を入力し、指定されたアドレスにビットコインを送付するとBTSが入手できる仕組みになっています。はじめのうちは戸惑うこともあるかもしれませんが、慣れてしまえば迷うことなく取引することができると思います!]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る