Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「ドージコイン」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

目次で概要を確認

時価総額や知名度について

ドージコインは一時期時価総額のランキングで、5位にランクインするなど、時価総額が上昇したことでも有名で、寄付に使われたりなど、親しみやすいものとして認識されていましす。ドージコインは現在2018年5月22日の時点で価格が0.46円ほどになっています。 また、時価総額は500億円を超えています。

管理主体や発行枚数について

ドージコインに上限はありません。しかし、上限がないにも関わらず、採掘速度が非常に速いことが特徴の一つです。取引承認時間は約1分ほどと、他の仮想通貨と比較しても速いです。

こんな技術が使われている

ドージコインはビットコインと同様にPoWというアルゴリズを利用しています。PoWはproof of worksの略称で、取引検証方式のことであり、取引検証作業をするとその報酬として、一定確率で新しいコインがもらえるという仕組みであることからよく「マイニング」と呼ばれています。そして、この取引検証作業でもらえる報酬が「マイニング報酬」と呼ばれるものであり、現在はまだビットコインが掘りつくされていないため新しいコインが貰えますが、2100万枚を掘り終えると取引手数料として私たちが払ったビットコインがマイニング報酬として受け取ることができます。このアルゴリズムには、改ざんができないというセキュリティ面でのメリットがある反面、大量の電力を消費してしまうということや、51%攻撃が起こりうるというデメリットもあります。 また、ドージコインには、半減期が設定されています。半減期とは、簡単にいうと、規定のブロック数までマイニングされると、通貨の新規発行料が半分になることです。新規発行料はマイニング報酬のことだと理解してください。ドージコインでは、マイニングにかかる時間を一定にするための難易度調整が1ブロック生成毎に行われます。ビットコインでは2週間に一度マイニングにかかる時間が10分になるように難易度調整が行われるのですが、ドージコインではブロック毎に行われます。ドージコインでは、ブロック毎に難易度調整を行うため、急撃な難易度の上昇や減少にも対処できるという仕組みになっています。

こんなところが優れている

何と言ってもトージコインの魅力は取引承認時間の速さです。ドージコインはブロック生成時間は約60秒と、ビットコイン、ライトコインとくらべても短く、より決済向きの通貨といえるでしょう。また、ドージコインはDpge Marketで使用できます!Doge Marketとは、Redditというアメリカのサイトで、日本でいうと、2chのようなサイト内のコミュニティーサイトです。 Doge Market内では、ドージコインを使用し商品を購入したり、ビットコインと交換したりすることが可能です。 さらにドージコインのメリットとして、発行料が無限であるため価格の高騰が発生しにくいということがあります。基本的に物の価値は市場に出回っている数と需要のバランスによってなりたっています。しかし、ドージコインは発行枚数が無限であるため値段の上下がほとんどありません。またドージコインは非常に安いコインであるため、ビットコインのように価格が上昇し続けるコインと違い、扱いやすいコインと言えます。ビットコインやイーサリアムが値の変動が起こりやすいのに対して、非常に安い値段で取引されているため、例え価格が下がっても大きな痛手を負うことは比較的ありません。さらにドージコインは単価が安いため手数料が極めて安いです。ほぼ無料といってもいいほどお金がかかりません。同じ仮想通貨であるビットコインやイーサリアムを送金するよりも可能ならばDOGEコインを送金したほうが明らかに安いと言えます。

こんなところが残念

Proof of Workですが、マイニングは異なり、Scryptアルゴリズムを採用しています。98,437,500,000DOGEすべてをマイニングで採掘し終わった後は、毎年5,200,000,000DOGEずつ増えていきます。つまりどんどん増え続けるので、供給が十分にあるため、ドージコインの価格はビットコインのように高騰しないようになっています。確かに価格が安定するというメリットはありますが、価格がなかなか上がらないというのも事実です。大きく儲けたい方にはお勧めできないかもしれません。 また先ほど、ブロックの生成時間が短いと言いました。この点は確かにメリットではあるのですが、ブロックの生成時間が短いと、ブロックチェーンに記録された取引データの正当性のチェックがおろそかになるリスクがあります。この点はデメリットかもしれません。

将来性

投資家達からの見解は、Dogecoin(ドージコイン)には発行枚数の上限がないうえ、採掘のスピードも速いので、そこまで希少価値があがらないと考えられているようです。 ドージコインは、コミュニティに愛されておりファンも多い銘柄で、チップとしての期待もあり、草コインを買うときにも使用されているので、上がるかもしれないという意見もありますが、Dogecoin(ドージコイン)の価格上昇に期待している人はあまりいないように感じます。ドージコインは当初、面白半分で発行された通貨ではありますが、仮想通貨としての機能は十分に保持しています。仮想通貨市場においては日々新しい機能を搭載したブロックチェーン技術がどんどん開発されており、ドージコインの従来的なブロックチェーン方式のみでは新しく出てくる仮想通貨との競争に勝てないのではないかという懸念があります。しかし、見方を変えればドージコインには非常に強い特徴があるのです。それは、通貨の信頼性です。通貨の価値を裏付ける信頼性を保証する上で大切なことは、確かに技術的な面も大事ですが、人と人のつながりも大事です。人がどれだけ関わっているかという点が、通貨の信頼性を高めるうえで非常に重要な要因となります。そのような視点でドージコインを見ると、たくさんのコミュニティーを築いて、流行の波に乗ってすでに市場にポジションを築き上げているのです。親しみやすいドージコインのマイルストーンは私たちの手の中にあると言っても過言ではありません。しかし、親しみやすさやチップとしての機能などで、人々が仮想通貨を実世界で使い始めるきっかけとして活躍する可能性も秘めていると言えるでしょう。アルトコインは、いかに優秀な機能を搭載したとしても社会的に認知されなければ、将来性は見込めません。そのような厳しい競争環境にある仮想通貨市場において、知名度という点では、圧倒的なアドバンテージがあるのがこのドージコインです。ドージこいんの価値はその強いコミュニティーと、人気で保たれることが見込めます!国内の取引所でも取引が可能ということもあって、気軽に購入できるという点でも有利ですし、この先もその動向が楽しみです。親しみやすい

オススメの取引所

国内では、MR.Exchangeで取引が可能となっています。さらに海外取引所では、Poloniex、Bittrex、Coin exchange、Cryptopiaがオススメです。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る