Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「ビットコインキャッシュ」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

目次で概要を確認

時価総額や知名度について

ビットコインキャッシュの時価総額は約2.3兆円と3位のリップルに続き4位とかなり多く、前半にビットコインと名前がついている為、仮想通貨に興味を持った人なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

管理主体や発行上限について

非中央集権はビットコインが掲げた重要な思想の一つで、ビットコインキャッシュは一部の人で開発者によって運営されるべきではないとの考えからハードフォークして生まれました。一部の人間や企業、マイナーが影響力を持つことがないようにすることによって、非中央集権型性の維持し、銀行などの中央集権機関を必要としない経済圏の構築を目指しています。 このビットコインキャッシュはブロックてーん技術によって移転記録が認証される仕組みを用い多数の記録者の参加を得ることで、データ改ざんの動機を排除し信頼性を確保しています。

使われている技術

マイニングの速度を調整するための仕組みを難易度調整アルゴリズムといいます。ブロックの生成は10分に1回で、それはブロックを生成するマイニングを行うための計算がだいたい10分で1つのブロック生成できるように計算式の難易度がアルゴリズムによって調整されます。ビットコインキャッシュは10分に1度行っています。これをDAA(Difficulty Adfustment)と呼びます。対してビットコインは約2週間に1度難易度調整を行うのでとても比べ物にならないくらい早くなったことがわかると思います。ユーザーの送金需要を満たすだけの十分なブロック容量を確保しています。これによりライトニングネットワークのようなセカンドレイヤーを介さずに即座の送金を可能としています。

こんなところが優れている

ビットコインキャッシュはビットコインと比べてブロックサイズを格段に大きくして処理の速度を大幅に上げました。ビットコインはブロックサイズが1MBに対してビットコインキャッシュは8MBになっています。単純に計算すると8倍の量の取引記録を処理できます。 ブロックは約10分に1つ生成されるため、1つのブロックの容量がすべて詰まった場合、次のブロックが生成されるまで待つ必要があります。 リプレイアタックなどの攻撃への耐性もあります。ビットコインキャッシュで考えるとビットコインキャッシュに対応している取引所Aと対応してない取引所Bにおいて、Bに3BTCを保管しているとして、Aにそのうち1BTCをうつすとビットコインキャッシュの仕組み上、Aには1BTCと1BCHが生まれます。そのBTCをBに戻すと、AにはただでBCHが生まれたことになります。これを無限に繰り返すことでAには無限にBCHを増やせることになりますがビットコインキャッシュにはこのようなリプレイアタックが起こらないような仕組みが導入されています。

こんなところが残念

現状のビットコインでは、まだビットコインのブロックチェーンをダウンロードしフルノードになるのにデータ容量的にも普通のPCで可能です。その為、マイナー以外もフルノードの人は存在します。しかし、ビットコインキャッシュでは、ブロックサイズを8MBにすることにより、ブロックチェーンのデータ容量が大きくなりフルノードになるには、高スペックのPCでなくてはならなくてはいけません。なのでマイナー以外の人がフルノードになるインセンティブがなく、マイナーによる中央集権的な通貨になってしまう可能性が考えられています。 ビットコインキャッシュはマイナーが主導となって作られた通貨です。そしてはじめはマイニングの難易度が高すぎて、マイナーの利益が見込まれず、マイニングが全然行われなかったが、マインに具の難易度が下がって大手マイニングプールがマイニングすることによって価格が上がりました。つまり、大手マイナーがビットコインかビットコインキャッシュのどちらをマイニングするか宣言することによって通貨の価値を操作することが出来るといえるでしょう。そういう意味ではかなり中央集権的なコインではないでしょうか…。

将来性

ビットコインキャッシュのチャートは始め、暴落するところから始まりました。これはマイニングの難易度が高すぎてマイニングが10分単位で行われず、取引が満足に行えなかったことが原因で通貨として使えないとみなされたことによります。その後マイニングの難易度が調整され取引が普通に行われるようになったことにより、価格の暴落が起こりました。そしてマイナーたちが掘っては売り、を繰り返して徐々に値段が下がっていきました。 ですがビットコインキャッシュはビットコインのように、実際の決算で利用される仮想通貨です。ビットコインキャッシュでも決算を導入する店舗が徐々に増えています。ビットコインキャッシュは決算処理の速度が優れているので今後の実用性の高さがさらに注目されると思います。 最大のライバルといえるビットコインは相変わらず仮想通貨の代表として頑固たる地位を築いています。ビットコイン建てで取引できる仮想通貨取引が多く、基軸通貨としての信頼性もはるかに高いと言えます。ビットコインキャッシュの利便性を武器にしていかにビットコインから基軸通貨の地位を奪うのかが課題になっています。それができなければ、あくまでも2番低下の仮想通貨として扱われてしまい価格が下落する可能性もありますね。 2018年も引き続き分裂が発生するといわれています。類似コインが増えていく中でビットコインキャッシュならではの強みを市場にアピールできないと中々難しいかもしれません。

オススメの取引所

国内の取引所はビットフライヤー、QUOINEX(コインエクスチェンジ)、ビットバンクCC(bitbank.cc)など海外でも多くの取引所で取り扱われています。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る