Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「ポピュラス」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

目次で概要を確認

時価総額や知名度について

ポピュラスは現在2018年5月22日の時点で価格が65円程度となっており、時価総額は666億円ほどとなっており、時価総額のランキングでは全体の37位となっています。 ポピュラスは、開始直後は少し高騰していましたが、その後価格は低迷していました。しかし去年の11月前半から高騰し始めて、2018年の1月には最高値を記録するほど価格が高騰しました。 また、ポピュラス の最大発行枚数は5330万枚となっています。

こんな技術が使われている

ポピュラスは技術的な面が非常に優れている仮想通貨です。それでは紹介して行きます。ままず、ポピュラスの一番の特徴は Extensible Business Reporting Language(XBRL)という技術を利用していることです。 Extensible Business Reporting Languageは、財務諸表などのビジネスレポートを電子文書化することでそれらの作成の効率化や比較・分析などの二次利用を目的として、XMLの規格をベースに作られた言語です。また、Extensible Business Reporting Languageは自由に利用できるビジネス情報を交換するためのグローバルスタンダードです。現在は会社の財務諸表などの財務情報の定義と交換にも使用されるほど有名になってきています。 2011年4月に発表されて以来、英国の会社はこれを利用しており、毎年190万社の企業がこのフォーマットで財務諸表を提出しています。 分析を行い、その分析の結果から、インボイス・ファイナンスを効率的かつ効果的に中小企業に提供することをポピュラスの開発チームは目指しています。さらに、XBRLデータをAltman Z-Scoreの公式などの異なる公式と組み合わせることにより、現在の業界標準よりも高度な自社与信評価システムも開発されてい流という事実もあります。 また、ポピュラスはもう一つの技術を採用しています。それはAltman Z-scoreというものです。それでは、Altman Z-scoreについて簡単に説明して行きます。Altman Z-scoreは請求書を作成した企業の倒産可能性を評価するためのモデルです。 1968年にエドワードアルトマン氏が発表して以来、金融業界国際的に使用されています。 流動性指標・収益指標・レバレッジ・循環率を因子とした関数が定義されており、それらを用いて、企業の倒産リスクを図ることができます。一般的に、 企業の倒産リスクとは、具体的にいうと、事業が2年以内に破産する確率、企業が不履行になるかどう、財務的苦境の管理措置など様々ありますが、それらを指標として予測されています。しかし、以上のようなモデルに当てはめて実際に計算するためにはデータフォーマットが整備されている必要があります。 ここで活用されているのが先ほど説明したExtensible Business Reporting Languageなのです。することができます。 これら2つの信用リスクを図る仕組みにより、データを分析・蓄積出来るので、投資家が投資するときに企業の信頼性を簡単に図ることが出来ます。

こんなところが優れている

ポピュラス のメリットは、たくさんありますがまず言えるのは、資金調達にかかる時間が 短いということです。ブロックチェーンを利用してP2Pでのインボイス販売が出来るので、仲介手数料がかからず即座に資金を調達することが出来ます。P2Pとは簡単にいうと、コンピューターが、一対一の対等の関係で通信を行うこと。またはその通信を提供するソフトのことです。 また、ブロックチェーンを使っていることにより透明性も高く、詐欺にあうリスクも少なくなっています。 さらに、従来は人が仲介して業務を遂行していたことが分散型ネットワークにより置き換え可能になっています。コストを抑えることができています。 次にあげられるメリットが独自のトークンのPokensというものを使っていることです。ポピュラスはPokensという独自のトークンを用いて、借り手と売り手が取引しています。Pokensはいわゆる「ペッグ通貨」だと考えてください。そう考えると、円やドルなどの法定通貨と、1対1で交換可能です。現実の通貨との互換性があることで、ポピュラスは現実の金融市場の動向に左右されやすいと言われています。しかしながら、このおかげで瞬時に大きく価格が暴落することも防げていると言えるでしょう。 またPokensは仮想通貨ですので、ウォレットを使用することで、他の仮想通貨、ビットコインやイーサリアムなどとも交換可能です。さらなるメリットは、貿易の場で積極的に利用されているということです。ポピュラスは2017年4月の公開以降、主に貿易の場などで積極的に利用されています。他の仮想通貨と同様、ブロックチェーン技術を使用しており、情報処理能力を速めているだけでなく、ハッキングなどの外部からの攻撃にも耐性が整得られています。それに加え、ポピュラスには先ほど説明した、財務情報の管理に効果を発揮するデートフォーマット「XBRL」が使用されています。それによって、ポピュラスはネットショッピングなどに利用するタイプの仮想通貨ではありませんが、世界中の企業から期待されているのです。 またポピュラスはオークション形式で適正な価格で取引されています。ポピュラスは企業が出したインボイスに対して買い手はオークション形式でインボイスの価格を決めるという仕組みになっているので、市場原理で適正な価格になっています。さらに、出資者も自分の好きな企業に出資できるので、金融業者が独自に行なう信用調査とは違い、自分が信頼に値すると思った企業にのみ出資することが出来ます。こうすることによって、これからさらなるグローバル化が進むであろう、金融の世界に親和性が高いと言えるでしょう。 安全性を見てもこの通貨は優れています。ブこの通貨のブロックチェーンの技術が提供する安全性は非常に精度の高いものです。特に金融の世界では誤り・ミスは許されないものですが、このように信頼できるシステムが実現できる技術は今後さらに評価が高まっていくことが考えられます。

こんなところが微妙

ポピュラスはまだ伸び悩んでいる仮想通貨で、軌道に乗ったとは言えません。これから少しでも大きな問題が起きれば、その立て直しは難しくなるかもせれません。さらに、Bitcoin(ビットコイン)と Ethereum(イーサリアム)がほとんどを占めている現在の仮想通貨の市場でそんな簡単に普及は難しいです。長い目で見守っていくことが大事かなと思います。 また、ポピュラスは現実の通貨との互換性があるという特徴を持っています。そのおかげで確かにメリットも多いですが、現実の金融市場の動向に左右されやすいというデメリットもあります。

将来性

ポピュラスは、世界中の金融市場の発展を目指して開発された仮想通貨です。XBRLが採用されているのは、グローバル経済の中でXBRLによる財務情報の取引が一般化しつつあるからです。企業のグローバル化が進む一方、多国間の文化や言語の違いは埋めにくく、さまざまな弊害を起こしていました。特に、請求書発行などの財務管理は大きな問題でした。スムーズな処理が求められるビジネスシーンでは、請求書の確認が遅れることが命取りになりかねません。ポピュラスのような仮想通貨は、ビジネスの在り方を変えていく可能性があります。ポピュラスについてはもちろん、これらの知識を習得しておくことは将来的に役立つでしょう。また、将来性を見るために大事なロードマップについても見て行きましょう。ポピュラスのロードマップにおいて第1段階は1年から3年以内に基本的な開発を進めることです。基本的な開発の内容は、持続可能なビジネスの成長のための、堅固な基盤を構築することに重点を置くことと、中小企業や企業とのパートナーシップを確保すると示されています。 ポピュラスはまだ開発されてから、時間が経っておらず、新しい通貨なのでまずは地固めをしていくといったことを進めていくようです。次の第2段階は4年から6年以内にヨーロッパを中心に拡大することです。 そこでは、EU市場に焦点を当てて、国際的に拡大することや、製品とマーケティングの能力を強化する、また組織と規模の経済を最適化するといったことが、示されています。 最終段階は7年後以降は、持続可能な成長することを目標としています。そこでは、SEA地域と米国における、さらなる国際的な拡大を目指すということや、製品の提供を増やすなどといったことが、示されています。 ポピュラスが登場したことで、中小企業でもインボイスファイナンスを簡単に利用出来るようになりました。また現在、グローバル化が進んでいくなかで、インボイスファイナンスのグローバル化の一つのソリューションになって行くと予想されるので、ポピュラスはかなり可能性のある仮想通貨であると思います。

オススメの取引所

ポピュラスを取り扱っている仮想通貨でおすすめなのが、Binance、EtherDelta (ForkDelta)、Mercatox、LATOKEN、Kucoin、HitBTC、Token Store、OKExです この中だと、Binanceに上場していることが大きなメリットと言えます。Binanceは手数料が安く、ハッキングや外部からの攻撃に対してきちんと対応し、ユーザーに対しての説明もきちんとする仮想通貨取引所だからです。国内・海外問わず法整備がまだ完全になされていない仮想通貨の取引所の中には、悪質と呼べるほどの対応を見せる取引所もあります。Binanceはその点については過去の対応を見ていても良いと言えるでしょう。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る