Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「ワンチェーン」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

ワンチェーンは2017年9月にICOがおこなわれ、成功を果たした、まだまだ新しい仮想通貨です。通貨単位はWANと表記されています。2018年3月23日日にワンチェーン のトークン(Wan)が、世界最大手の取引所Bainanceに上場し田ということが話題になりました。 ワンチェーンはリップルと似ている点がいくつかあります。それを簡単に説明すると、ワンチェーン の開発目的は「新たな金融プラットフォームの創造」となっていて、これには「銀行同士を相互接続するプラットフォーム」としての役割が含まれています。一方、リップル(XRP)も銀行同士の国際送金を円滑かつ安価に行うことを目的として作られており、MUFGなどの大手金融機関が参入しています。 このような点で、ワンチェーンにはリップルとの共通点があり、似ていると言われています。また、ワンチェーンは中国で開発がスタートしたことから「中国版リップル」と呼ばれることが度々あります。 ワンチェーンは世に出てまだまだ新しい仮想通貨ですが、価格が急騰したりと、何かと注目を集めていて大注目の仮想通貨です。

時価総額や知名度について

ワンチェーンは現在2018年5月22日の時点で、価格が500.12円となっていて、時価総額も500億円を超えており、仮想通貨全体の時価総額ランキングでは40位にランクインしています。 ワンチェーン今年3月にやっと上場したばかりで、上場した直後はおよそ4~4.5USD/WAN程度の価格でトレードされていました。しかし、その後の価格は徐々に下がっていっています。 2018年3月頃は他の仮想通貨同様に下落気味でしたが、その後も価格はなかなか上がらず、3月下旬から4月上旬にかけては3USD/WANでトレードされていましたがその後価格は上昇し、4月後半あたりから大幅に上昇しています。これはワンチェーン (WAN)の将来性に注目が集まり価格が上昇したものと考えられます。今後もこの傾向が続く可能性があると考えられます! ワンチェーン の最大発行枚数は2億1000万枚となっています。

こんな技術が使われている

ワンチェーンのコンセンサスアルゴリズムにはPoS(Proof of Stake)が採用されています。Posは多くの仮想通貨が採用するアルゴリズムで、ビットコインなどにも採用されているPoWを改良して作られた非常に優れた技術です。簡単に仕組みを説明すると、単純に取引の検証作業を手伝ったPCの計算量に比例してもらえるのではなく、その仮想通貨の保有量に比例して新規発行の仮想通貨が貰える仕組みです。もっと詳しくいうならPOSでもビットコインと同様にマイニングが必要ですが、POWのように完全な総当たり式ではなく、利用者のコイン保有量と保有年数に応じて計算すべき範囲が小さくなり、より多くのコインをホールドしている人の方が新規コインの獲得に成功しやすくなる仕組みとなっています。このような仕組みによって、計算量をすくなくすることで、高性能なコンピュータを揃えて、膨大な電気代を費やす必要がなくなるため、消費電力的にもPoWよりも少なくすむため環境に優しく、現在主流となっている方式です。 続けてワンチェーンの技術的な特徴について見ていきましょう。 ワンチェーンは匿名性が高い仮想通貨として知られているダッシュやモネロで使われている技術を使用しています。その技術とはリング署名、ワンタイムアドレス、プライベートセンドの三つです。三つの技術について簡単に説明していきます まずは、リング署名です。リング署名とは送金元で複数の秘密鍵をまとめて暗号化し、送金先でも複数の公開鍵をまとめて複合することによって匿名性を高める方法です。また、利用者が複数のグループでリング署名に参加するためさらに送金元や送金先が判別しにくくなるという仕組みです。 次にワンタイムアドレスについて見ていきましょう。 ワンタイムアドレスとは1回限りのみ有効になるアドレスのことで、毎回送金する度にアドレスが変わることで送金先を特定できなくなりセキュリティーを高めるというものです。 この仕組みによって、いくら送金されたのかはわかりますが、どこから送金されたのかがわからなくなるというメリットがあります。 最後はプライベートセンドです。 プライベードセンドはざっくりいうと、同じタイミングで送金されるワンチェーン をまとめて送金し、それから送金先ごとに分割して着金させるという仕組みです。同じタイミングで送金されたワンチェーン が一旦集まることで、送金元を特定することができなくなります。さらに、イーサリアムのブロックチェーン上で動作する分散型アプリケーション上でワンチェーンを動作させることができます。 この3つの技術によって、高い匿名性とセキュリティーを実現しています。 また、ワンチェーンのメイン技術として、クロスチェーンというものがあります。 クロスチェーンというのは、違うブロックチェーンをつなぐ・交換するというものです。これによって様々なメリットがあるのですが、これについては下のメリットのところで詳しく説明します。

こんなところが優れている

第一のメリットは、他の仮想通貨のブロックチェーンと相互に接続することができるというところです。クロスチェーンとは先ほども言ったように、ワンチェーン のメイン技術の一つで、これにより異なる仮想通貨のブロックチェーンを相互接続することが可能になります。クロスチェーンを利用するとトランザクションの過程で自動的に仮想通貨が変換され、送金先が要求している仮想通貨で着金します。わかりやすく例を出して説明すると、例えばビットコインにはビットコインのブロックチェーンがあり、そこに取引の記録が繋がっています。また同じようにリップルはリップルのブロックチェーンがあり、その中で取引の記録が繋がっています。 しかし、これらのブロックチェーンは取引が行われるとどんどん伸びていきますが、それぞれが独立しているので当然つながることはできません。よって、もしあなたが、手持ちのビットコインをリップルに換えたくなったとしましょう。その時、普通ならできませんが、ワンチェーン なら、取引所を介して取引を行い、「クロスチェーン取引」を利用できます。さらに違うコイン同士のトランザクション(取引)をつなげることができるため、どんなコイン同士でも交換ができるということになります。これはすごいことです!今後もさまざまな仮想通貨がリリースされると予想されていますのでクロスチェーンは将来性に期待できる技術だと思います!

スマートコントラクトというシステムの魅力

スマートコントラクト機能を搭載していることで、契約がスムーズに行えるというのも大きなメリットです。スマートコントラクトというのは契約を自動管理し、執行するシステムのことで、イーサリアムに搭載されていることで有名です。 これについても、例を出して説明しましょう。もしあなたがビットコインを友達に送金したとします。そうすると、ブロックチェーン上にあなたが友達にビットコインをどれだけ送金したかという記録が残ります。こうすることで、取引のなかに「契約」の機能を実行することができます。 プライベートでのスマートコントラクトを利用することで複数種のトークンの交換(取引)をすることができます。そのメリットを順に説明していきます。 まずは仮想通貨によるローンについてですクロスチェーンのスマートコントラクトを実行することで、文書化や非効率化を排除して資産を貸し出しと負債を保持することができます。またそれだけではなく、プロセス全体を通じて資産の安全性と透明性を確保することが出来ます。またそれに加えて、仮想通貨によるクラウドファンディング ができます。スマートコントラクトも将来性に期待できる技術の1つとして注目されています!

こんなところが微妙

ワンチェーン のデメリットは売買できる取引所がまだまだ少ないため流動性が低いということです。 現在、2018年5月時点ではワンチェーンはBinance、Huobi、Kucoinの3つの取引所でしか取り扱いがありません。 世界最大級のBinanceだけでも十分なのかもしれませんが、この3社はいずれもアジアが拠点の仮想通貨取引所のため、北米や欧州で認知や購入が増えるためには現在の上場数では少ないと言えます。 まだこれからワンチェーンを扱う取引所が増えていくかもしれませんが、現状では取引所が少なく、アジアに偏っているという事実があるので、でねリットかなとおもいます。 また、継続して好調な開発ができるかわからないというのもデメリットと言えます。 これまでのワンチェーンの開発・運営姿勢は信用がおけるものでしたが、現時点ではICO終了からまだ1年経っていません。これからも好調な開発が進むかは全くわからないので注意が必要かなと思います。

将来性

ワンチェーンは非常に将来有望であると言われています。その理由をいくつか挙げていきます。まず1つ目が、前に説明した通り、機能性が優れているという点です。ワンチェーン は仮想通貨同士のブリッジとなることができます。これは仮想通貨ユーザーからしたらかなり使い勝手がよくなります。2つ目が、開発の速さです。公式サイトのロードマップを見ればわかりますが、今後かなりのスピード感で開発が進んでいくことが予想されます。このまま開発がロードマップ通りに進んでいけば、より他の通貨との差別化を一気に図ることができると思います。3つ目は中国で開発されたという点です。やはり仮想通貨市場において大きな力を持っているは中国です。とにかく技術力や資金力が他国よりも飛び抜けている上に、仮想通貨の関心が非常につよくなっています。今までにも中国からは期待値の高い仮想通貨がいくつも開発されて、成功しているという事実もあります。このような点から考えて、将来性は非常に高いと言えるでしょう。また、現在ワンチェーン と似たような技術を開発している会社がいくつもあります。しかし、ワンチェーン はリングシグネチャとワンタイムアドレスを使用してスマートコントラクトによる取引のプライバシー保護を実現しています。他の競合他社と違う点はここです。この点で他の仮想通貨と差別化を図っています。この点も大きな強みです。

オススメ取引所

ワンチェーンを取り扱っている取引所は、Binanceや、Huobi、KuCoinなどがあります。 その中でも、Binanceは大手取引所ですし、セキュリティーがしっかりしているのでオススメです。もしBinanceでワンチェーン を購入したい場合は、まず、国内の取引所でビットコインを購入し、その後Binanceにビットコインを送金してからビットコインでWANを購入という流れになります。そのほかの海外の取引所を使う場合でもだいたいこの流れとなっています。  ]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る