Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「メロン」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

目次で概要を確認

時価総額や知名度について

あの有名イーサリアムのプラットフォームを利用していることもあり、所有していなくてもご存じの方は多いのではないでしょうか。 さて、気になる現在のメロンの時価総額ですが、3,252,710,208円になります。 1メロンあたりは5,427円でMLNと表現します。 BTCにすると0.00624840BTCでこれを見るとビットコインの価値がすごくわかりますね。 ですがメロンの価値は単純な価値だけではありません!!

管理主体や発行上限について

民間企業のメロンポートという会社が管理しており、システムのフロントエンド、バックエンド両方ともブロックチェーン上にありセキュリティ面では安心ですね。 最大発行枚数は決まっており、1,250,000MLNです。 最大発行枚数は決まっているものの増加をする予定が発表されており、その増加分はメロンプロトコルの保守と開発に協力してくれた人に分配されるようです!

こんな技術が使われている

開発に使用されている言語は新しく開発されたWeb assembly standardというものです。 Web assembly standardの特徴としては現在WEBで主流のJavaScriptよりも解析、実行が早くなるように開発されており、他にもC、C++言語をサポートするようにも作られています。 開発しているのはMozillaやMicrosoft、GoogleにAppleといった主要ブラウザメーカーです。

こんなところが優れている

メロンの良さはなんといってもデジタル資産管理ができるということです!ではデジタル資産管理の何が優れているのかというと、 オープンソースであるため、追跡記録がいつでもどこでも誰でも監査可能で非常に透明です。またアセットマネジメント分野での評判を容易に拡張子することができます。 ブロックチェーンの技術を利用していることにより、固定や可変の資産管理コストと時間が大幅に削減されます。 分散型のストレージと執行を持つことで、管理・決済・破産などデジタルではない非効率性を緩和することができ、メロンは伝統的資産管理の完全な上位互換となっています。 また近年ではデジタル資産の価値と重要性がかなり高まってきています。そこでデジタル資産を専門とするヘッジファンドに投資することで高い運用収益を得ることができます。 デジタル資産は現在3種類に分類することができ、担保資産、非担保資産、デリバティブの3つです。 メロンプロトコル上では、この3つの資産を組み合わせてポートフォリオを誰でも作成することができます。 さらにはこれらを組み合わせたファンドを作成し、ファンドのポートフォリオマネージャーになることもできます。 そうすると管理料とパフォーマンス料金を受け取ることができます。 ポートフォリオの作成方法は、モジュールと呼ばれる投資のルール(レジストラ、価格の参照元、取引所選定、機能、取引ルール、ファンドマネージャーの手数料)を作成し、そのモジュールを束ねたものをポートフォリオにリンクさせることで誰でも自由にモジュールを作成することができます。

こんなところが残念

ブロックチェーンを利用したプラットフォーム上で資産を管理・投資する仕組みを持っているIconomi(イコノミ)という仮想通貨があります。イコノミのポートフォリオを運営するプラットフォームは中央管理型で、そのためトランザクションスピードが圧倒的にイコノミが早いです。セキュリティ面ではメロンポートは分散型なので非常に高いセキュリティが実現できます。 またイーサリアムのプラットフォーム上にメロンプロトコルは存在するため、イーサリアムの影響をかなり大きく受けると考えられます。

将来性

メロンはあくまで資産管理のためのシステムですが、トークンを所有しているユーザーが様々な権利を持っているため、機能の開発などがしやすい環境だと考えられます。 開発がしやすいということはこれから時代や資産管理の仕方が変わっても十分に対応ができるということです。 これから仮想通貨が主流になっていき、現金から通貨が変わっても現在の様に資産管理は必要不可欠にあります。 なのでメロンの将来性はかなりあると予想できます!

オススメの取引所

メロンの売買は大手の海外取引所がおすすめでKraken(クラーケン)やBittrex(ビットレックス)、Liqui(リクイ)が主だと想います。 また海外の取引所は日本円の送金ができないため、ビットコインでの送金をする必要があります。 もし、初めて仮想通貨を売買するのであれば国内大手の取引所でまず口座を開設し(bitFlyerやGMO、DMMなど)そこからの送金が安全かと思われます。 競合相手がいますが、十分に差別化できるのでメロンはこれから価値が上昇すること間違いないと思います。 所有していて損はないでしょう!]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る