Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「アイオーエストークン」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

目次で概要を確認

時価総額や知名度について

アイオーエストークンは現在2018年5月23日の時点で価格が4.5円となっており、時価総額は365億円ほどで、時価総額のランキングは仮想通貨全体で50位にランクインしています。2018年3月から緩やかに上昇しているチャートは、結果的に現在では価格を3倍ほどにまで上昇しました。2018年1月に一時1IOST=14円に達し、そこから一気に急落したことを考えると、現在の上昇はかなり将来性があると言えると思います。 また、アイオーエストークンの最大発行枚数は1,000,000,000 IOSTで、現在84億IOSTが流通しています。

使われている技術

アイオーエストークンProof of Believabilityというアルゴリズムを使っています。 バーン(Burn)は、英訳すると、燃やすという意味です。つまり、プルーフオブバーンは、燃やすことの証明という意味になります。 ここでいうコインを燃やす(burn)というのは、一生使えなくするという意味だと思ってください。秘密鍵(暗号)の分からないアドレスにコインを送金することで、一生取り出せなくします。こうすることで、全く使えなってしまいます。 PoBは秘密鍵を忘れると、ウォレットのコインを取り出すことが分からないという仮想通貨のしくみをうまく利用したコンセンサスアルゴリズムということになりますね! また、燃やした元のコイン(使えなくなったコイン)は、価値が低くなるかというとそうではありません!なくなってしまったということは存在するコインの量が減ったことになるので、逆に価値は高くなるのです!よって燃やしたコインにもメリットがあるということになります。 ビットコインなどに使われているPoWと比較すると、PoWは計算量で配当が決まるので、たくさん計算量をようするために、大量の電気代を利用しますが、PoBにはそのような環境への負荷やコストがかかりません!また、イーサリアムなどに使われているPoSと比較すると、PoBはイーサリアムなどのPoSをランダム化させたものと考えることがができます。 PoSで、コインの大部分を占めている大規模な保有者に処理が集中化するリスクがあるというデメリットがありましたが、PoBはこの問題を解消するためにランダム性を加えています。ノードの信頼性は貢献度と行動に基づいて計算され、公平性はアルゴリズムのランダム性によって保証されます。この点PoBを使っているアイオーエストークンは公平性という観点で優れていると言えます!また、アイオーエストークンにはシャーディングという技術もあります。仮想通貨はやはり取引量が増えることでブロックチェーンの負荷が大きくなり、取引速度が遅くなるというスケーラビリティ問題を抱えています。これを解決する方法の一つがシャーディングという技術です。シャーディングは簡単にいうと、データベースを水平方向に分割して分散させる機能を意味しています。イーサリアムでも導入が予定されているというくらい、優れた技術です。このシャーディングが搭載されているのは良い特徴ですね! アイオーエストークンには、他にも優れた技術や機能がたくさんあります。いくつか順に説明していきます!まずはロバストというものです。ロバストはIOSブロックチェーンを使用すると、各ブロックは割り当てられたトランザクションをダウンタイムなしに正確かつ断続的に処理するという技術です。また、IOSエコシステムのユーザー数が増えると、IOSブロックチェーンのスループットを向上させるものや、IOSブロックチェーンによって、定期的に生成されたブロックへのデータトラザクション履歴を減らすということや、さらに、トランザクションの確認に低い遅延をもたらし毎秒数百万回のトランザクションを可能にするという機能もあります。 アイオーエストークンには搭載されたシステムがたくさんあるんですね!

こんなところが優れている

アイオーエストークンにはオンラインサービスにおいて有利になるシステムを多数搭載しているというメリットがあります。現在のサーバーで動いているオンラインサービスは、中央集権型ゆえの問題を抱えています。手数料の増加やプライバシーに関すること、悪などその問題は様々です。それらの問題を解決するには、分散型ネットワークであるブロックチェーンがうってつけに思われます。これは仮想通貨の根本です。しかしビットコインなどのブロックチェーンには容量や柔軟性が足りず、オンラインサービスの求める環境に対応できない部分も多くなるのです。これが先ほども説明したスケーラビリティ問題です。 その点アイオーエストークンならオンラインサービスに向けたシステムを多数そろえていて、ビットコインなどとの差別化を図っているので、オンラインサービスにブロックチェーンを導入したいと考える企業へのアピールになるでしょう。 他にも普遍ランダム性を作り上げるBRDRや、トランザクションに一貫性を持たせるアトミックスなど、豊富なシステムがそろっているのです。これらは既存のサービスにブロックチェーンを提供するための技術として、今後も注目されていくでしょう。 さらにアイオーエストークンが普及することになれば、オンラインショップやSNSなどのネットワークも、ブロックチェーンに拠点を移すことになるかもしれません。そうすることでセキュリティーの高いアイオーエストークンのプラットフォームなら、インフラにもならないでしょう。また、IOSTを発行しているSimple Tokenプロジェクトでは、企業がより簡単に独自トークンを発行できるようなプラットフォーム作りを目指しています1から自社トークンを作ろうとすると、それ専用のブロックチェーンを作るために1からプログラムを組み立てなければいけないのにくわえ、その脆弱性への対策のためのソースを開発しなければならないので、大きな負担がかかってしまいます。しかし、SimpleTokenを利用すれば、アイオーエストークン独自のプロトコルという技術によって簡単にトークンを作ったり、管理することが可能になります。この点もメリットでしょう! また、Airdropで認知度が高いというメリットもあります。 アイオーエストークンは2018年1月にAirdropと呼ばれるコインの配布を行っており、既に日本への認知度は高まっています。このままIOST側からの継続的なアプローチが続けば大きな強みになるかもしれません。

こんなところが残念

デメリットとして、OSTはまだ開発の初期段階であまり機能が実装されていないという点が挙げられます。このことは後でまた述べますが、トークンの発行自体が簡単にできるプラットフォームというのはWAVESやNEMのように複数あり、それらの競合に早く追いつかなければ、それらの競争通貨に太負けてしまうかもしれません。 アイオーエストークンは、まだ2018年に入ってから取引が始まったばかりの通貨であるため、現在のチャートなどの状況だけでは、すべてを予想することは難しいです。しかし、それでもなお少しずつ上がっていることは事実なので、今後じわじわと価格が上がっていくことに期待したいと思います。

将来性

なんども言っていますが、アイオーエストークンの最大の魅力はオンラインサービスの発展に尽力していることです。アイオーエストークンは現在普及しているオンライン上のサービスにブロックチェーンを導入し、新しい環境を提供します。それはサービスを次世代のレベルに押し上げることになるため、アイオーエストークンの特徴を求める企業が今後増えるかもしれません。 アイオーエストークンの成果が認められれば、同じようなアルトコインが出てくる可能性も大いに考えられます。それは企業によるブロックチェーンの導入を加速させることになるので、近いう将来、ブロックチェーンを用いたインターネットサービスは当たり前のものになるかもしれません。そうなると、アイオーエストークンへの注目もさらに高まるでしょう。 しかし将来性を考える時点で、少し不安なのが、一般ユーザーにアイオーエストークンのメリットがあることを伝えられるかどうかという点です。アイオーエストークンは基本的に、企業向けのシステムとなっています。そのため一般の利用者にはそのメリットがなかなか伝わりづらく、投資が受けにくくなる可能性が考えられます。 今後アイオーエストークンはいかに一般の利用者にその特徴をアピールし、生活が変わっていく可能性があるという最大のメリットを、いかにイメージさせるかが重要な課題となります。アイオーエストークンの発展がどのような結果を生み出すのかがわかりやすく伝わるようになれば、一般層の仮想通貨にあまり詳しくない方のなかからも投資したいと考える人は増えると思います!仮想通貨にはロードマップというものが大抵あるのですが、それは将来性を考えることにおいてとても重要な指標となります。アイオーエストークンにもロードマップがあるので簡単に紹介していきたいと思います。 アイオーエストークンは2018.4月から6月にEDSおよびPoBをテストネット上で実装およびテストを行います。2018 7月から9月にかけて、IOSスマート契約をリリースし、10月から12月にかけてテストネットへのHUDSおよびサポートモジュールの導入を行うとなっています。2019年からも、明確な目標を定めていて、2019年内に、テストネットへのIOSVMの導入、IOSネットワークのテストとセキュリティ監査、IOSネットワーククライアントとウォレットの起動、IOSネットワークの公式リリース、IOSネットワークへのdappsの起動を進め、最終的には機械学習実装による最適化を行なっていくとなっています。ロードマップから考えると、このように2018年、2019年中にさまざまなシステムのテストが予定されていて、そのテストの結果が良好であれば価格には良い影響が出るのではないかと思います。 開発の進み具合でさらに将来性が高まるかもしれませんね!

取引所について

現在アイオーエストークンは日本の取引所では扱っていません。海外取引所では、BinanceやBigONE、Huobiなどがあります。 その中でも、Binanceは大手取引所ですし、セキュリティーがしっかりしているのでオススメです。もしBinanceでアイオーエストークン を購入したい場合は、まず、国内の取引所でビットコインを購入し、その後Binanceにビットコインを送金してからビットコインでWANを購入という流れになります。そのほかの海外の取引所を使う場合でもだいたいこの流れとなっています。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る