Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「アールチェーン」とは?長所や短所、オススメの取引所まで徹底解説!

目次で概要を確認

時価総額や知名度について

アールチェーンは2018年5月23日の時点で、価格は131.8円となっており、時価総額はおよそ473億円ほどで、時価総額ランキングでは、仮想通貨全体の44位となっています。2017年10月にリリースされたアールチェーンは、直後は20円程度を推移していました。その後昨年のアルトコインの急騰にも乗っかって、順調に価格は上昇しています。現在は、開始後の6倍程度の価格になってはいますが、扱う取引所がなかなかないので、流動性がまだまだ低いです。そのため、バイナンスを始め他の大手取引所に上場されればまだまだ価格は上昇することが見込めると思います。 また、アールチェーンの最大発行枚数は1,000,000,000 RHOCとなっています。

使われている技術

アールチェーンはPoSというアルゴリズムを採用しています。このアルゴリズムは、アルトコインの多くが使用しています。簡単に説明すると、PoSには実は大きく分けて2種類あります。1つ目はCoin Age(コイン年数)という概念を導入したもの、そしてもう1つは純粋にコインの保有量だけが関係するというものです。 PoSはビットコインなどが採用しているPoWというアルゴリズムを改良して作られました。PoWではより多く計算作業をした人がブロックの生成の権利を獲得し、報酬をもらうことができるという仕組みとなっているので、世界中で高性能なコンピューターを何台もフル稼働させる必要がありました。そのため、莫大な電力がかかるというデメリットがありました。しかし、PoSではCoin Age概念の導入によって必要な計算量を減らしたため、必要な電力を減らすことに成功しています。また、ランダムなPoSでは計算量で争うというPoWのようなプロセスが必要なくなるためエネルギーを必要としません。また、PoWを採用している仮想通貨の問題として、51%攻撃というものがありました。51%攻撃というのは、世界の計算力の半分以上の計算力を持つ人によってブロックチェーンの改ざんが行われてしまう可能性があるという問題のことです。しかし、PoSでは51%攻撃を行うには大量の仮想通貨を保持していなければならず、それをしようとなると、莫大なコストがかかるだけではなく、その通貨の信頼度が下がり、攻撃のために集めたコインが無価値になって損になってしまうので、この問題はほとんど起こりません 。このようにPoSには優れた点がいくつもあります。 さらにアールチェーンは独自の言語であるRholangというものを使っています。アールチェーンでは、Rholangをスマートコントラクトを書くために利用しますしていて、Rholangは平行言語なので、利用するとプログラムは同時実行されます。並行言語とは、簡単にいうと、並行計算(並行コンピューティング)を行うことが可能となる言語のことで、通常は個々のタスクは別々のものとして一つずつ処理されますが、並行プログラミング言語では一つのプログラムから複数のプロセスを生成する形で実装されます。この言語を使うことは、ブロックチェーン技術との相性が良く、分散型ネットワークにおいて多方面にコンテンツを配信する際に、送金が非常にしやすくなるというメリットがあります。 さらに、アールチェーンはRho-VM(the Rho Virtual Machine)という技術を使うことで、「独立性」「スケーラビリティ(送信時間)」「パフォーマンス」の強化を行っています。これらのメリットについては、後で詳しく説明していきます。 また、アールチェーンはダイナミックで構成可能なアドレNAMESPACESを使用しているというのも特徴のひとつです。 スマートコントラクトでNAMESPACEを利用することで、半自動フレームワークを提供することができ、さらにネットワークで利用された「実行内容」「行動パターン」「送る相手の頻度」などの膨大なデータから、データの流れの最適化やパターンをテンプレート化することが可能になっています!

こんなところが優れている

第一のメリットは、アールチェーンのスマートコントラクトが優れているという点です。近年、ブロックチェーン技術の浸透とともにスマートコントラクトの可能性も高まってきています。このスマートコントラクトはざっくりいうと、、契約(コントラクト)を自動化できるプロトコルのことです。スマートコントラクトが浸透すれば、ビジネスの場などでの煩雑な契約も自動で対応することができ、暗号化された通信によって記録をすることに特化したブロックチェーン技術であれば、スマートコントラクトの可能性をさらに広がっていくと思います。 先ほど、使われている技術のところで説明した、アールチェーン簿Rho-VM(the Rho Virtual Machineによって実現している大きなメリットである、「独立性」「スケーラビリティ(送信時間)」「パフォーマンス」について簡単に紹介していきます。まず、独立性についてです。RhoVMは、独立したブロックチェーンとネットワーク上で独立したスマートコントラクトセットを必要なときにのみ実行するという仕組みになっています。これは、アールチェーン が分割(分割)され、コーディネートされた並列ブロックチェーンのネットワークが形成されるということです。次に、スケーラビリティについてですが、これはプラットフォームが成長すると、ノードはRhoVMの新しいインスタンスを初期化して負荷を管理しするというもので、この仕組みによって、パフォーマンス、一貫性、を一定に保ちつつ、プラットフォームを拡張すること可能になっています。最後はパフォーマンスです。 RhoVMは、軽量でマルチスレッドなので、単一のノードに複数の高性能インスタンスが存在する可能性があります。そのため、アールチェーンのアプリケーションは、可用性や応答時間を向上させ、現代市場にあった、分散アプリケーションの新しい方向性を示しています。 まとめると、やはりアールチェーンは独自に言語や、技術を導入しているので、その点で非常に優れていると言えます!

こんなところが微妙

先ほど説明した、アールチェーンが採用しているアルゴリズムPoSでは通貨の保有量が多いほどマイニングやフォージングに成功しやすくなる作りになっているので、通貨を溜め込む人が多くなり流動性が損なわれてしまうというデメリットがあります。仮想通貨は実物の通貨と同様に人と人の間を活発に移動してこそ意味があるので、これは致命的な問題点だと言えます また、PoSでは最も長いブロックチェーンにブロックを繋いでいかないと報酬がもらえなくなってしまうという仕組みによって、分岐が起こっても一番長いブロックチェーンに収束するようになっています。しかし、ランダムなPoSでは、通貨を保管して放置するだけで報酬がもらえてしまうので、一番長いブロックチェーンにブロックを繋げていくインセンティブが低いです。

将来性

アールチェーンは、今後のイベントとして、RHOCはRChainコインの単位ですが、将来的にはアールチェーンのプラットフォームのトークンREVと1:1の割合で償還される予定になっています。このように、プロジェクトの特徴が他とは異なるため、面白い存在になるのではないでしょうか。さらに、既存のブロックチェーンでは解決出来ない点をフォローアップしていく事で需要を掴める可能性がありますし、今後の進化具合では一気に有名な仮想通貨へ変貌する可能性があります。歴史はまだまだ浅いですが、今後、プロジェクトが計画通りに進み、商業や産業規模でのブロックチェーンテクノロジーの実用化が現実的になると、高騰していくこと十分ありえると言えると思います。

取引所について

アールチェーンが購入できる取引所は、KuCoin(クーコイン)、HitBTC(ヒットビーティーシー)、EtherDelta(イーサデルタ)など海外の取引所があります。その中でもKuCoinは知名度もありますし、他の通貨も多く扱っていて、信頼性があると思います!]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る