Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「ビットコイン」について!長所や短所を徹底解説!

目次で概要を確認

時価総額や知名度について

ビットコインの時価総額は2018年5月現在イーサリアム・リップルなどの仮想通貨の代表格を抑えて約16兆円もあり時価総額ランキングは一位で、1BTC=約870000円と言われています。 また、ビットコインの発行上限枚数は一般的には2100万枚で、半減期により時間の経過とともに発行料も少なくなってきています。現在の流通量は約1700万BTCで2033年には99%の発行が完了すると言われています。

使われている技術

ビットコインは円やドルなどの法定通貨とは異なり、中央銀行が存在しないため、通貨を発行する組織や流通を管理する組織が存在しません。つまり、円・ドルと同じ通貨でありながら特定の国や企業に管理されていないのが最大の特徴です。国や企業が管理していないのであれば一体どこの誰がビットコインを発行・流通させて管理しているのでしょうか?  ビットコインでは中央での管理を行わない代わりにコンピューターのネットワークを利用して通貨を管理する仕組みとなっています。ビットコインを用いた取引情報の詳細部分や新しい通貨を発行することの情報はその全てがコンピュータネットワーク上に分散されて保存される仕組みです。つまりビットコインを用いて行う取引情報の全てを記録した一つの取引台帳が存在しているということを想像していただきたいです。この取引台帳のような役割をする技術をブロックチェーンと呼びます。  もしある特定の国や企業、組織がビットコインを管理してしまったら既存の法定通貨と変わりありません。ビットコインは分散されているコンピューターネットワーク上に1つの大きな取引台帳を置くことによって中央管理を不要にしています。そしてこの可視化された記録のおかげで通貨の偽造や二重払い、マネーロンダリングを防止することを可能にしました。記録は全て残ってしまいますがその記録の中には個人情報が含まれることはありません。その記録はビットコインの流通の整合性を保証するためのものです。

こんなところが優れている

既存の法定通貨などで送金を行う際には銀行などを仲介する必要がありますが、ビットコインは個人間に直接送金することができます。さらに仲介する銀行のような存在はないので基本的に手数料はそこまで必要ありません。また、決済するときに銀行などで行う煩わしい手続きは不要でより自由なお金の流通を保証することができますし、世界中で利用できる通貨ですのでより便利になります。  さらに価格相場の変動が非常に大きいことが挙げられます。ビットコインが誕生した当時は1BTC=十円程度の価値であったと言われています。ですが、2017年になってからは価格が急激に高騰し始め、今年の初めには約200万円近くの価値がありました。初期の価格から20万倍近くも跳ね上がっていますのでビットコイン市場はまだまだ未成熟な段階にあると言えます。現在でも10%程度の変動はよくあるので短絡的に大きな差異を生みやすいのです。  日本では実感することはほとんどないと思いますが、世界では経済が破綻している国があります。インフレによって自国通貨が使い物にならなくなってしまったりする自体が発生しています。その際、資産家は金や土地、株などに投資をしてリスクを減らすのですがその選択肢の一つとしてビットコインが注目されています。ビットコインは特定の国家や組織に依存しないため、国際情勢の影響を受けないことが資産のリスクヘッジという側面で非常に有効です。  ビットコインの発行上限数は2100万BTCと決まっていてそれ以上増えていくことはないのでビットコインが普及していけば、より他人コインの価値が高まっていきます。  2017年4月に仮想通貨方が成立し、現金やクレジットカードなどと同じように正式な決済方法の一つとして認められました。また、2018年現在で仮想通貨取引所16社が正式に認定されています。ビットコインな普及を日本は他の国々に比べて積極的に行っていると言えるでしょう。

こんなところが残念

円・ドルなどの法定通貨と同じようにビットコインの決済においてもビットコインが流通し決済する際の双方がビットコインを利用し通じていなければ普及できないのでまだまだ初期段階のビットコインにとっては流動性の上昇が課題の一つになります。  FX・株式のようなのは法整備がしっかりしていますから証券会社がなくなったとしても大きな問題はないでしょうが仮想通貨の法整備はまだ十分には整っていないので取引所が倒産してしまった場合100%手元に帰ってくる保証がないこと、仮想通貨って何?ビットコインって何?安全なの?といった不信を抱くことが多いことも課題になりますが時間の問題と言えるでしょう。

将来性

ビットコインの将来性は仮想通貨の将来性といっても過言ではないですね。しかしビットコインにはマイニングと発行上限の関係上から、マイニングに対する報酬がかなり減ってくるという問題があります。 マイニングというのは基本的に誰にでも行うことができて一回成功するごとに報酬としてビットコインが支払われるシステムなんすが、ある期間が訪れるとマイニング報酬が半減するのですがこれを半減期と呼びます。このことからマイニングの報酬をもらえることでインセンティブとなってマイニングをしている状態が半減期によりインセンティブが弱まってしまうので問題視されています。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る