Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「ジーキャッシュ」について!長所や短所を徹底解説!

目次で概要を確認

時価総額や知名度について

ジーキャッシュの通貨単位はZECで時価総額は約1280億でランキングは21位とメジャーな通貨であることが分かります。匿名性はビットコインにおいてかなり重要視されていたため、公開当初は50万円の値がつきましたが急落し今は落ち着いています。 また、ファウンダー兼CEOであるZooko Wilcoxw氏を中心に開発が行われています。約398万ZEC全てが市場に流通しているため、取引が活発であることが分かります。

使われている技術

ジーキャッシュはゼロ知識証明という現在行っている取引は安全で信頼性のある取引という情報だけで取引できるシステムで、zk-SNARKという技術を使うことで可能にしています。またシールドトランザクションというシールドアドレスという特殊なアドレスを使うことで送金額などを非公開にした状態で取引ができるものです。シールドアドレスには2種類あり、zから始まるシールドアドレスとtから始まるトランスペアレントアドレスがあります。シールドアドレス同士、トランスペアレントからシールドアドレスへの取引の場合、受領証が公開されることなく取引することが可能となっています。

こんなところが優れている

現在行われている取引は安全で信頼性のある取引であるという匿名性の高い情報だけで取引できることは、取引の追跡が不可能であることが証明されます。この匿名性は現状で一番高いものであり、ハッカーによる悪意のある攻撃を防ぐことができます。またビットコインなどの仮想通貨は政府による介入があると思うので、そこでプライバシーの問題が取り上げられていくと考えます。その点に対してジーキャッシュは心配のない部分だと思います。

こんなところが残念

ジーキャッシュの匿名性ゆえにマネーロンダリングやダークネットマーケットに活用されてしまう可能性があります。既に閉鎖されていますが、、AlphaBayという世界最大の闇サイトの決済にジーキャッシュが使用されていました。またコンセンサスアルゴリズムにPoWを用いているため、マイニングの際に大量の電力が必要になってしまいます。さらに51%攻撃という世の中に半数を越える悪意を持った集団にブロックチェーンを改竄される可能性があります。

将来性

2018年の5月にニューヨークに拠点を置くGeminiにへの上場が発表されました。アメリカは州ごとに取引所の認可の条件が違う上に、特に厳しいとされるニューヨークの取引所に上場できたのはとても素晴らしいです。この上場によってよりジーキャッシュは注目されていくと思います。またジーキャッシュの匿名性の技術が企業同士の取引などの実生活に活用できる可能性があるので、Z実現した時は価値が急上昇するでしょう。

取引所について

ジーキャッシュは国内の取引所ではCoincheckで取り扱っていますが、当時のレートで約580億円のNEMが流出した事件があり安全性が保証できないためおすすめできないうえに、匿名通貨の取扱いを廃止する決定をしたためジーキャッシュは海外の取引所で購入することになります。海外の取引所で購入する際には日本円の入金を扱っていないところがほとんどなので、まずは日本の取引所でビットコインを購入し、そこから海外の取引所でビットコインを送信して、それをもとに取引します。オーガを扱う海外の取引所はいくつかありますが、その中からBittrexとPoloniexを紹介します。Bittrexは扱っている仮想通貨の種類が豊富な取引所で、200種類以上の主要な仮想通貨からマイナーな仮想通貨まで幅広く扱っています。取引にかかる手数料は0.25%となっています。またBittrexは本人確認せずに簡単にアカウントを作成することができます。Poloniexも取り扱っている仮想通貨の種類が豊富で、Bittrexほどではないですが100種類の主要な仮想通貨からマイナーな仮想通貨を幅広く扱っています。取引にかかる手数料は0.0%〜0.25%となっています。Poloniexは現物取引だけではなくレバレッジ取引も可能となっています。レバレッジ取引とは少ない資金で大きな金額を取引できる仕組みで。最初に証拠金と言われる担保を支払い、その金額にレバレッジ倍率をかけて取引を行います。例を挙げると、証拠金として10万円を支払い、レバレッジ倍率が5倍だと50万で取引が可能になるということです。大きな金額で取引が可能になることで利益が大きくなる反面、損益も大きくなるので利用する際は注意が必要です。またどちらの取引所も英語でのサポートしかしかしていないので、英語が苦手な人はやりにくいかもしれません。

ジーキャッシュの補足情報

ジーキャッシュのマイニング報酬のシステムは他の通貨と違ってファウンダー報酬というのがあります。ビットコインなどのマイニング報酬は100%マイナーに付与されますが、ジーキャッシュは90%をマイナーに、残りの10%をステークホルダーが受けとるシステムとなっています。このファウンダー報酬によって投資家たちはジーキャッシュにとって有益な働きをすると考えます。ファウンダー報酬は2020年頃に終了すると言われています。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る