Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「エムキャップ」について長所や短所を徹底解説!

目次で概要を確認

時価総額や知名度について

エムキャップは現在2017年5月23日の時点で価格が7.43円となっており、時価総額は0.78億円とまだまだで、時価総額ランキングでは全体の895位と伸び悩んでいます。 取引開始直後に値を上げたのが最高値で、その後は乱高下をしながら下落の軌道を進んでいます。 2018年に入ってからは安定し、0.5〜1.0$あたりを維持しています。 また、エムキャップの最大発行枚数は100,000,000 MCAPとなっています。

使われている技術

MCAPは、Ethreum上のブロックチェーンのため分散合意アルゴリズムもEthereumに依存しています。イーサリアムのブロックチェーンはビットコインよりもはるかに高性能であると言われており、どの点で高性能であると言われているかというと、イーサリアムのブロックチェーンでは、ブロック一つ一つを作るための時間が、ビットコインがおよそ10分かかるのに対して、イーサリアムは15秒から17秒となっており、大幅にブロック生成時間が短くなっています! ブロック生成時間が短かければ短いほど送金する際にかかる時間が短縮され、利便性を向上させることができます。 そのイーサリアムのブロックチェーンを採用しているのは技術的な側面において大きなメリットであると思います。 さらにエムキャップには大まかに3つの技術的な側面があると言えます。 1つ目はマイニングリサーチという風に言われている、マイニングの研究に力を入れていることです。マイニングとはざっくりいうと、仮想通貨の暗号化システム、取引履歴のシステムに参加するということです。仮想通貨は、すべての取引記録をブロックチェーンに追記することで管理しています。 この追記の作業がブロック生成であると理解してください。仮想通貨を扱う上で、マイニングは技術的には誰にでも行うことが可能ですが、マイニングには莫大な電力がかかり、マイニングによって発生する利益よりもマイニングに必要となる電力の方が上回っているということが現在度々問題となっています。 そこで、MCAP(エムキャップ)labosは、マイニングの研究を通じて、これらの問題を解決することを目指しています。 2つ目がICO評価と呼ばれているものです。MCAP(エムキャップ)labosでは、ICOを評価するための専門家が決定した一連のKPIに対してすべてのICOがテストされる独自のテスト「KPIテスト」を設計しました。ICOという新しい資金調達システムはいくつかの不正行為を招き、投資家を不安にさせるものになってしまいましたが、ICO評価によって、投資家が安全に投資し富を得ることを保証することができます。3つ目がICO投資です。 MCAP(エムキャップ)labosは、暗号通貨、ICO、および高い市場価値に上昇する可能性のある他の仮想通貨のマイニングにより調達された資本を投資します。現在投資している仮想通貨は、ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ダッシュコイン、モネロ、ライトコインなどがあります。 なぜこの3つのマイニングリサーチ、ICO評価、ICO投資の研究を進めているかというと、これには仮想通貨市場が直面している現在の状況にあります。 現在、仮想通貨の価格は急上昇したり急降下したりして安定せず、投資家たちがICOに投資することをためらうようになってきています。それに加えて、次々と、ICOが生まれていることで、一般の投資家がICO市場の変化に対応して行くのが困難になってきています。そこで、MCAP(エムキャップ) LabsはICO評価、ICO投資、マイニングリサーチを行うことで、投資家にたくさんの仮想通貨に着手するのではなく、1つのコインに投資するだけで済むという選択肢を提示しようとしています。

こんなところが優れている

最大のメリットは、先ほど説明した、ICO評価、ICO投資、マイニングリサーチを行なっているということです。エムキャップは現在仮想通貨市場が置かれている状況をしっかりと見極め、それを解決するべくこれらの方法で投資家たちに選択肢を提示しています。この研究がさらに進んで、1つのコインに投資するだけで済むというエムキャップが目指していることが主流になれば、エムキャップの注目度も上がると思います また、資産がなくても投資できるというのもメリットです。 エムキャップでは、仮想通貨の市場をほとんど知らない、または全く知らない人であっても、取引や投資に参加することができます。 また、以前の取引や投資機会は巨額の資産を持つ人々だけに権利が与えられていましたが、エムキャップはこれらの条約を廃止し、投資の少ない低所得の人々にも投資機会を与えられるようなシステムになっています。

こんなところが微妙

デエムキャップ のデメリットは認知度が低いことです。 エムキャップはまだまだ開発されたばかりで、認知度も低いので、上場している取引所は少ないのが現状です。日本国内のビットフライヤーなどの取引所や販売所では取り扱われてなく売買出来ません。 しかし、現在海外では取り扱う取引所は数を増やしており、日本国内でも今後いくつかの取引所に上場してくる可能性もあります。もしそうなったら、さらなる注目を集めるかもしれませんね!

将来性

エムキャップトークンはフォノプラットフォーム上で利用できるようですが、現在、価格が思うように上がっておらず、他の仮想通貨に比べて魅力はないのかもしれません。しかし、度々いっているようにICO評価、ICO投資、マイニングリサーチなどを行うだけででICOが成功する見込みがあるので、このまま行けば、ICOを成功させるチャンスがあるかもしれません!

取引所について

現在エムキャップは国内取引所では扱われておらず、海外取引所のみとなっています。 海外取引所では、C-CEX、ForkDelta、HitBTCなどが扱っています。
]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る