Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「SRN」について、長所や短所を徹底解説

目次で概要を確認

時価総額や知名度について

SRNの基本情報 SRNの時価総額は約70億円で、時価総額ランキングは171位です。1SRN=31円ほどで取引されています。この情報からだけだとマイナーコインでいわゆる「草コイン」というような印象を持つと思いますが、SRNは世界初でのブロックチェーンとスマホをコラボさせたプロダクトを提供しているトークンであり、かなり注目が集められているものなのです。 発行上限枚数は約5億7千万ほどで、現在2億枚以上が市場に出回っています。

使われている技術

SRNはセキュリティ面で高い技術を誇っています。  まず初めに一番のメリットでもあるスマホをコールドウォレット化させる技術を駆使していることが挙げられます。ウォレットとは仮想通貨を管理する財布のようなものでそれをインターネット上で扱うことができます、しかしインターネット上でお金を扱うには高いセキュリティが必要不可欠となりますがFINNYはスマホで管理するウォレットをコールドウォレットにし、ネットワークでの攻撃を受けずらい仕組みにしているのです。 このコールドをレットはオフライン上で扱われているものなので、そもそもハッカーがターゲットにするオンライン上のものの範囲から抜けることができるます。

こんなところが良い

SRNのメリットの1つとしてセキュリティがかなり強いという点があります。 世にすでに出ているスマートフォンは機能性や汎用性を高く重視しているため、セキュリティ面では問題になることが多々ありますが、SRNのFINNYの場合スマホ自体がハッカーから狙われてもなかなか破ることができないとされているコールドをレットとなっているので、セキュリティ面でも安心で、高い機能性を誇ることができるとされています。 元々、コインチェックであったハッキング事件は、コインチェックが管理している仮想通貨をホットウォレットで管理していることからハッカーから狙われてしまったという事実があるので、コールドウォレットを利用していれば安心ということになります。イメージでいうと、スマホ自体が超セキュリティ万全な財布になるという感じです。 こんなにセキュリティ面に重点を置いていたら機能性が欠けてしまうのではないかと思われるかもしれませんが、FINNYでもしっかりGoogleと契約していてGoogleの機能が搭載されます。この点のすごいところはFINNYがセキュリティだけでなく、機能性も兼ね備えているという点よりも、FINNYがGoogleと提携したという点だと思われます。世界的ITインフラを持つ企業と提携を結べるということは、GoogleがFINNYを見込んでさらに良くなると思ったからこその提携だと思われます。  またさらにすごい点はFINNYを使えば普段私たちが使っている取引所を通すことなく仮想通貨を取引できるようになります。例えば、FINNYでSRNとBTC(ビットコイン)を取引することなどが可能にあり、取引所を利用する上で一番ネックな取引手数料問題などがなくなると考えたら早く普及してほしい思いが増してきますね。  この素晴らしい機能を兼ね備えているFINNYがなぜこんなにも広まったかというと広告の面でも特徴的な宣伝の仕方をしています。このFINNYの宣伝をする際なんと「メッシ」を宣伝に出演させているそうです。サッカー界でのレジェンドであるメッシを利用することによって世間一般の注目を多く集めることができます。 日本の例で言うとコインチェックの宣伝の際に出川哲郎が出演していたようなものですね。  FINNYの特徴としてさらに、競合相手がいないシェア1人締め状態というのが世間の注目を多く集めている要因です。 先ほども述べた通りFINNYは世界初のブロックチェーン搭載スマホとなるので、誰も成し遂げている企業がないという偉業をやっている状態です。もし今後ブロックチェーンスマホが普及してきて競合する他社が存在してきても、FINNYの世界初でブロックチェーンを搭載したスマホとなった事実が今後残り続けることは間違いないでしょう。イメージ的にいうとアップルのアイフォンのような感じです。アップルが世界初でスマートフォンという概念の製品を作り上げ、それから他の他社たちが多く競合していますが、アップルのアイフォンという存在は時が過ぎても根強く残り続けていることは事実です。

こんなところが微妙

SRNはかなり期待が込められているコインですが、今の時点ではまだマイナーなため、SRNの名が世界中に大きく知れ渡っているわけではありません。この点からネームバリュー的なデメリットは少なからずあると思われます。ビットコインやイーサリアムなど誰もが知っているような存在にならなければスマートフォンとして使われるFINNYが世間に完全に浸透することは考えにくいと思われます。大きく広まってこそのスマートフォンは世間からの信頼を勝ち取ることができるのでここからのマーケティングなどが大きな課題となると思われます。  また、取引所が日本にないので取引する際には少し余計なプロセスを通す必要があるということです。余計なプロセスというと、日本の取引所で元手となるビットコインを買い、海外の取引所を開設し、そこのアカウントに買ったびっろコインを送信し、受け散ってからようやくビットコインを元手に取り引きを開始することができるので、直接日本円からの送金をすることができないのが面倒なプロセスでありデメリットかと思われます。しかし、仮に国内の大手取引所に上場したのであれば、その時点で多くの人の目に触れることからSRNの魅力が知れ渡り購入者も増え、価格が一気に高騰することが予想されます。このことから、国内取引所の上場する前に事前に買っておくことが資産を増やす一番効率的な方法なのではないかと考えます。

将来性

FINNYはSRNが主なトークンとして売り出されていますが、最近になりオンラインカジノ運営で有名な高いセキュリティを誇るプラットフォームを持つカルダノと提携して戦略的企業提携という形でADA(エイダコイン)も追加されることになりました。カルダノは時価総額ランキングでも10位以内位に入るなどとかなりメジャーな仮想通貨で将来有望と言われているものです。そのような大手仮想通貨と提携したことで更なる開発欲の向上と宣伝効果を見込むことができると思います。  また、FINNYが一般に発売されるのは2019年とロードマップに示しているので現在(2018年)から約1年で未来の新世代スマホを使うことができるるようになると考えたらテクノロジーが着々と進化しているのを肌で感じることができ、インターネットの進歩を感じますね。

取引所について

現在の所でSRNを扱う取引所は国内ではなく海外でもLiquiなどマイナーな取引所でしか扱われていません。 しかし、SRNは価格が大きく上昇しているので今後海外の大手仮想通貨取引所に上場する可能性もありますね。  Twitterの一部ではアメリカの大手仮想通貨取引所のBittrexに上場するというような噂が慣れていました。この情報はただの噂としてあがれ去りましたが、ポテンシャルの面で感がるとBinanceやBittrexのような取引所に上がるのは時間の問題なのではと思わせるような高い先代的な能力を持っているのは間違にないと思います。このまま世間に着々と知れ渡ることができれば価格も高騰していきいつか大きな取引の上場ニュースを見るかもしれないですね。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る