Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「ファクトム」について、長所や短所を徹底解説

目次で概要を確認

時価総額と知名度

時価総額は約160億円でランキングは95位とまだまだマイナーな通貨と言えますね。通貨単位はFCTとなっています。 ファクトムはアメリカのテキサスにあるFactom.inkという会社によってプラットフォームと通貨の発行を行っています。現在の発行枚数は約870百万枚で発行上限枚数は設けられていないです。

使われている技術

ファクトムはビットコインのブロックチェーン上に書類やデータを保存しますが、書類やデータのハッシュしか保存しないので個人情報などの漏洩を防ぐことができます。この保存の仕組みは、まずファクトムのサーバーにデータを送信すると確認が出来次第エントリーブロックという場所に暗号化された状態で格納されます。その後ディレクトリブロックにカテゴリー別にまとめられます。ビットコインのブロックチェーン上に直接データを保存してしまうとマイナーの手数料がかなり上がり、ビットコインの承認は1つ10分かかるのでかなりの時間がかかりますが、先ほどの仕組みによってデータ量を減らすことができます。

こんなところが優れている

ファクトム独自の技術としてファクトムハーモニーとdLocがあります。まずファクトムハーモニーとはファクトムのブロックチェーンを利用した書類を管理するシステムで、アメリカの住宅ローンの市場向けに作られたものです。このシステムによって管理されるファイルは誰にでもアクセスできるかつ改ざんすることができないので、トラブルを防ぐことができますし、適切なデータを使って監査や書類審査をすることができますね。このように書類を処理できることによって書類処理のコストを大幅に削減することができます。次にdLocとは医療記録などの重要性の高い書類を認証するための印的なものをつけるのをイメージしていただけると少しはわかりやすいかもしれません。この印をつけることでSMART COSMOSというプラットフォームで書類を追跡が可能となります。設定で公開することや当事者だけが閲覧可能な状態で保存が可能になります。このデータは改ざんができないので安全性や信頼性が増します。

こんなところが微妙

ファクトムと同じような機能がある通貨にネムがあります。ネムはファクトムより公開が遅い通貨ですが、開発状況ではネムの方が進んでいるのが現状です。これはファクトムの開発が遅いことを意味します。開発が遅いということは新機能の実装がなかなかなく変化がないため、取り残されていく可能性があります。またファクトムは中央集権型なので仮にFactom.inkが崩壊したり、不正が働くとすぐに通貨としての価値を失う可能性があります。

将来性

アメリカのための住宅ローン向けに作られたファクトムハーモニーですが、これが他国にも導入されたりdLocが実際の医療現場に導入された時は認知度があがり同時に通貨自体の価値もあがると思います。またファクトムはベンチャーキャピタルから約8億円以上の出資を受けているので期待されていることがわかります。

オススメ取引所

国内でファクトムを扱っている取引所にCoincheckがありますが、当時のレートで約580億円のNEMが流出した事件があり安全性が保証できないためおすすめできないので、海外の取引所を使うことをおすすめします。海外の取引所で購入する際には日本円の入金を扱っていないところがほとんどなので、まずは日本の取引所でビットコインを購入し、そこから海外の取引所でビットコインを送信して、それをもとに取引します。ファクトムを取り扱う海外の取引所はいくつかありますが、その中からBittrexとPoloniexを紹介します。Bittrexは扱っている仮想通貨の種類が豊富な取引所で、200種類以上の主要な仮想通貨からマイナーな仮想通貨まで幅広く扱っています。取引にかかる手数料は0.25%となっています。またBittrexは本人確認せずに簡単にアカウントを作成することができます。Poloniexも取り扱っている仮想通貨の種類が豊富で、Bittrexほどではないですが100種類の主要な仮想通貨からマイナーな仮想通貨を幅広く扱っています。取引にかかる手数料は0.0%〜0.25%となっています。Poloniexは現物取引だけではなくレバレッジ取引も可能となっています。レバレッジ取引とは少ない資金で大きな金額を取引できる仕組みで。最初に証拠金と言われる担保を支払い、その金額にレバレッジ倍率をかけて取引を行います。例を挙げると、証拠金として10万円を支払い、レバレッジ倍率が5倍だと50万で取引が可能になるということです。大きな金額で取引が可能になることで利益が大きくなる反面、損益も大きくなるので利用する際は注意が必要です。またどちらの取引所も英語でのサポートしかしかしていないので、英語が苦手な人はやりにくいかもしれません。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る