Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「DASH」について、長所や短所を徹底解説!

目次で概要を確認

時価総額と知名度について

仮想通貨DASHの時価総額は、2018年5月現在約2980億円で、仮想通貨の時価総額ランキングは12位です。この数値・順位はIOTA・NEOに次ぐくらいで仮想通貨NEMよりも高いです。そのため仮想通貨の中では比較的知名度は高いと言えます。 発行上限枚数は2200万枚と言われているのでかなり流通しています。ちなみにビットコインは発行上限枚数が2100万枚と言われていますので枚数はそれほど変わりません。またそこまで多くないので価格が変動しやすいです。

こんな技術が使われている

DASHに使われている技術・特徴は以下の3つが代表的です。 ⑴ マイニングアルゴリズム ⑵ ブロックチェーンによる分散管理を採用した分散型自動化組織によりビットコインとは違う資金調達方法と運営意思決定 ⑶ マスターノードの存在 上記の3つの技術・特徴があります。具体的な説明は次のテーマであるDASHのメリットと絡めながら紹介します。

こんなところが優れている

⑴ DASHは、11種類のハッシュ関数を利用して作られたセキュリティに優れたX11というマイニングアルゴリズムを採用しています。X11は、それ専用のマイニング機材の開発が難しいので、ビットコインで見られたようなマイニングにおける中央集権化を防ぐことを1つの目的としていて現状では成功しています。例えばビットおコインのハッシュレートが@という団体(個人でも同じことが言える)に集中しているとします。このような場合に、ビットコインの運営や開発に@だけが不満を持っているときに@がマイニングを止めることでトランザクションのスムーズさを失わせるという他の大多数のユーザーにとって害となる抗議をすることができるようになってしまいます。これを防げるのは良い点だと思います。さらにマイニングにかかる消費電力もビットコインと比べて少なくなる特徴があります。そのため消費電力を抑えつつ、中央集権化を防ぐことができます。 ⑵ ビットコインのプロトコル運営の資金は、ボランティアや寄付で外部の団体(例としてはBitcoin Foundation)や個人などから調達しています。しかしこれだと人為的操作やミス、賄賂や検閲といった様々な問題が起こってしまう恐れがあります。一方でDASHは資金調達を外部に頼る必要がなく自己完結で行うことができます。マイニングによって発生するブロック報酬は45%がマイナー、45%がマスターノード、そして10%が運営資金と分けられます。そしてこの10%の運営資金はTreasuryといい毎ブロックごとに集められ毎月末に投票で決まる運営方針や新規プロジェクト、プロトコルの開発やマーケターなどのコアメンバーにこの集められた資金を投入する形を取っています。このような資金調達方法を採用することによってDASHは外部の個人・集団に頼ることなく完全に自立した状態になることができます。ビットコインの場合、他人コインキャッシュの誕生の元となったブロックサイズを大きくするかSegwitを導入するか論争が非常に長引いたことがありますが、このような開発チームとマイナー間で意見が対立してしまうと意思決定が遅くなってしまいます。一方でDASHはマスターノードと呼ばれる人たちによる投票のみで意思決定が行われます。ビットコインと比べれば、意思決定権を持っている人の数が圧倒的に少ないのでスピーディーな意志決定をすることができます。この投票は毎月末にその月に関して行われた運営方針・財政案などに関して行われ賛成票と反対票の数の差がマスターノード総数の10%を超えると可決となる仕組みです。しかもこの提案に関してはネットワーク上の誰もが行うことができるのです。 ⑶ 先ほどから述べているマスターノードとは1000DASHを保有する人たちのことを指し、ブロック承認報酬の45%をもらうことができます。マスターノードの存在によってビットコインは一般のマイナーだけによる一層構造と言われているのに対しDASHは2層構造と言われています。2018年2月現在でマスターノードは4702も存在していて月末に行われる開発者からの今後の運営に関する提案に賛成か反対か投票することのできる権利を持つことができます。しかし投票権を持つ代わりに行わなければならないことがいくつかあります ① 24時間ノードをフル稼働させる ② DASHはビットコインや他のアルトコインに比べて決済、送金が非常に速いです。これはInstandSendというネットワークによって可能になっていて、送金、決済といったトランザクションの承認を行うのはマスターノードと決められているので約1.3秒の速さが実現できています。そのため現金を扱うくらいのスピードと感覚なのでDASHを採用している自動販売機は多いそうです。 ③ DASHにはDASHが誰の手に渡ってきたのかという足跡を追うことができなくなるという通貨の匿名性を保持する仕組みであるPrivateSendと呼ばれるシステムを導入しています。私たちが現在使っている1万円札のような紙幣が発行されてから誰の手に渡って自分の元に来たのかなんてわかりませんよね?感覚といては似たものだと思っていただければわかりやすいと思います! このシステムはコインジョインやミキシングと呼ばれる複数あり分割されているトランザクションを一度全てミックスしてからアウトプットすることで誰が誰にDASHを送っているかをブロックチェーン場で確認することができない操作を行っています。

こんなところが残念

デメリット 毎月末に行っている予算案や運営方針を決めるための投票権はマスターノードしか持ってないので意思決定を迅速に行えますが中央集権的になってしまうので分散管理などの非中央集権的なプラットフォームを目指しているDASHの成長を妨げてしまう要因の一つになってしまう恐れがあります。 DASHの開発や運営資金はブロック報酬の10%のDASHで得ているという話を上記しましたが現在のDASHの価値が妥当であるからこそこれは成り立っているので何らかのアクシデントによって価値が下がるとこのシステムは成り立たなくなる恐れがあります。ですが逆にアクシデントや欠点のない運営や開発に尽力するといったモチベーションの向上を期待できるのも事実です。 DASHは匿名通貨という特徴がありますがこれはプライバシーの保護をできる一方でマネーロンダリングに使われる恐れがあります。送金者と受給者を特定できないので闇取引に使われる可能性があります。

将来性

DASH Evolutionのリリースが予定されています。 DASH Evolutionのリリースによって友人間で気軽な送金を行い割り勘などがしやすくなります。また銀行口座を開設することなく銀行口座を持っているのと同じような決済を手数料がかなり安い状態で利用できます。

取引所について

取引所はBinanceと呼ばれる香港にある世界最大級の仮想通貨取引所がオススメです。取引手数料がわずか0.1%でさらに取引所トークンのBNBを使って取引をする場合は手数料が何と0.05%になり非常にお得感があると思います。しかし中国政府の仮想通貨に関する規制の影響を受けやすいのが難点です。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る