Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

デジタルプライバシーに関して、David Chaum氏の考え

1980年にサイプパンクの動きを開始し、1990年代の初期のバーチャルマネーであるeCashを開始したデビッド・ショーム氏は、人々が、真剣に財政的プライバシーを守っていると考えている。 2018年10月23日のラスベガスで開催されたマネー20/20の聴衆に語ったところによると、「消費者はオンラインサービスとプライバシー保護の信念を失い始めている」と語った。Facebookなどのソーシャルメディアサイトの最近の失敗を指摘しており、プライバシーの選択肢がはるかに優れていることは明らかとなっております。

さらなる言及

チャイム氏はBitcoinのコードに基づいた暗号化方式であるLitecoinの創設者であるチャーリー・リー氏とデジタルプライバシーの未来について広く話しました。彼はまた、最新のベンチャーを促進する機会を得ました。ブロックチェーンベースの支払いと、Elippxirと呼ばれるメッセージシステムです。

Chaum氏は、プライバシーの範囲が変更されたため、人々はより多くのプライバシーを守っていると回答。過去には、個人情報を保護する方法が焦点でした。今では膨大なメタデータの蓄積が懸念されています。

「人々は、追跡される危険性をもっと認識したほうがいい」と彼は語っています。 過去に野心的なプロジェクトで知られていたオンライン匿名の父親である彼自身のプロジェクトに話題を切り替えると、Elixxirは1秒間に数十万の秘密のトランザクションを処理できることを誇っていました。

Bitcoin Magazineとの別のインタビューで、Chaum氏はElixxirに関するより多くの情報を共有しています。

ブロックチェーン技術の重要性を強調し、「ブロックチェーンは所有するものではないため、消費者のプライバシーに対するより強固でより新しいアプローチを提供する機会はブロックチェーンによって所有されています。 Chaum氏は、ペイメントアプリケーションとメッセージングアプリケーションがますます絡み合っていることを認識し、Elixxirは中国で非常に人気が高くなっているモバイル決済とメッセージングアプリケーションであるWeChatのブロックチェーン版として説明しました。

「Elixxirは、WeChatのようにデータ・プランの使用、バッテリー使用、速度に関して同じ性能で表示されますが、ブロックチェーンが内部にあることは明らかです」とChaum氏は述べています。

Wechatとの差別化

WeChatの1つの問題はプライバシーの欠如です。「私の推測では、中国の大部分の人々は、政府がWeChatにかなりのアクセス権を持ち、アカウントを無効にしたり、特定のユーザーの銀行口座にアクセスすることさえできます。今年の初め、中国政府は、削除されたWeChatメッセージへのアクセス権を認めていた。 彼は、消費者規模のソリューションは、動作するためにある程度のプライバシーを必要としていると感じています。これまでのところ、消費者はプライバシーの不足を理由に解決しなければなりませんでした。

cryptocurrenciesの1つの問題は、人々が不正な目的のためにそれらを使用する傾向があることです。しかし、Charlie Lee氏はこれがまさにこの事実がcryptocurrenciesが実行可能であることを考えています。彼はMoney 20/20で聴衆にこう問いかけています。

「暗い市場とシルクロードはビットコインがお金のために使われている理由だ」と主張した。2011年、米国政府がメジャーなポーカーサイトへの銀行支払いをブロックしてオンラインポーカーを止める方法を指摘しました。

取引に無関係な誰かをブロックすることはできません。ビットコインマガジンは Elixxerは、その仮想マネーの犯罪者の人権侵害に対処する方法を尋ね、Chaum氏は「私は米国の紙幣の四分の三は、世界的に、未知の場所にあると言われていると考えているので、これは、愚かな関心事である。」と述べました。

まとめ

仮想通貨もさらなるプライバシー強化に励んでおります。

日本では様々なプライバシー問題やハッキング問題がありましたが、仮想通貨ではその点がかなり悪い衣装に見えてしまい、「仮想通貨は危ない。」「怖い」などということが多くあります。

多くの人間に認知して頂くには、プライバシー問題を強化する必要があるので今後の動きにも注目です。

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る