Bitmain、匿名のハッカーに5億5千万の盗難を請求

中国の鉱業大手のBitmain氏は匿名のハッカーを訴えている。同社は昨年4月にデジタル交換機Binanceに関するアカウントから暗号違反で550万ドルを盗んだとされている。

ハッカー、Jhon Doe氏

ハッカーのアイデンティティは未知であり、2018年11月7日の訴訟に基づいてシアトルのワシントン西部地区連邦地方裁判所に提出された公式裁判所文書では、「ジョン・ドゥ」としか書かれていない。文書には、ハッカーが会社のBinanceアカウントを引き継ぎ、アカウントに保存されたビットコインを使用してイーサリアムトークンを購入することができたと記載されています。これらのトークンはMANAコイン(MANA)と呼ばれるアルトコインの価格を購入し操作するために利用されました。

John Doeは、MANAを管理していた別のBinanceアカウントに移しました。書類には、「John Doe氏は、さらなる情報と信念のもと、Bitmainの財布とJohn Doeのウォレットの間で、縮小したMANA価格を使用して、同じオーケストレーションされた取引を本質的に逆転させることにより、Bitmainのデジタル財布に権限なしでアクセスしている間、John Doeは、BitMainのデジタル財布からMANAを収縮させた価格で販売するよう命じました。同時に、John Doe氏は、John DoeのBinance財布からの価格の下落に伴いMANAの購入注文を出しました。

彼らは、「Binanceの自動化されたシステムは、失われたMANAの売り注文と、縮小したMANAの購入注文をマッチさせ、取引を実行しました。そして、John Doeは、Bitmainを犠牲にして大きな利益を得ました。その結果、John Doeは、BitMainのデジタルウォレットにMANAを転送し、2倍の利益を得ました。

これらの手続きが完了した後、訴訟提出は、ハッカーが盗難からのすべての暗号基金を競合するデジタル資産交換であるBittrexの財布に移したと報告しています。」

この文書では、ハッカーがBitmainを欺く目的で適切な許可なく、保護されたコンピュータに喜んで意識的にアクセスしたと伝えています。

John Doe氏は、このような行為によって、意図した詐欺行為を促進し、価値あるもの、具体的にはビットコインおよびその他のデジタル資産を取得し、Bitmainが5,500,000ドルを超えて損失を被ったと主張しています。

具体的には、被告の行為はコンピューター詐欺行為法(CFAA)に違反していると主張し、Bitmainは法律の規定に基づく特定の損害賠償を受ける権利を有する。

それはされた先月報告した 2018年の最初の9ヶ月間にデジタル交換のハックが被った損失はおよそ250パーセントで2017年の総損失を超えていること、およびそのおよそ$ 950百万ドルは、今年盗まれました。

まとめ

仮想通貨ではやはりこういったハッカーニュースが後を絶ちません。銀行では、ほぼありえないお話でしょうが、ネットの世界だとまた違ったお話です。仮想通貨はデジタルのお金で、使いやすくこれから浸透していくものだと思いますが、このニュースがある限り人々は仮想通貨を怪しい、怖いと思うのは仕方ないのかもしれません。実際に盗まれてるのが現実です。

セキュリティ面を強化していくのが、今後の課題だと思われます。

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る