Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

仮想通貨は証券ではなく通貨なのか!?

John McAfee氏「仮想通貨は証券ではなく通貨」

5月27日、インターネットセキュリティのパイオニアであり、以前NASA宇宙科学研究所のプログラマーも務めたJohn McAfee氏が、Twitterに自身のビデオをアップロードし、仮想通貨業界で“戦争”が起きていることを主張しました。

John McAfee氏の主張によると、戦争は、「仮想通貨コミュニティと銀行、政府、金融機関、規制局の間で起きている」と言及され、銀行がクレジットカードを使用した仮想通貨の購入を禁止し、政府や米国証券取引委員会などの規制機関も仮想通貨を証券として定義することで、仮想通貨の進行を阻んでいると指摘しました。

実際2018年2月には、JPモルガン、バンク・オブ・アメリカ、シティグループという世界有数の大手銀行が、クレジットカードでの仮想通貨購入を禁止しています。

米国証券取引委員会は、仮想通貨を通貨ではなく、証券と定義しており、米国証券取引委員長のJay Clayton氏も”有価証券でないICOを見たことがない”と言及しています。しかし、McAfee氏は、動画内で「仮想通貨は、”証券”ではなく”通貨”である」ことを強く主張しました。

さらに関連して、McAfee氏を中心として構成されるチームMcAfeeは5月25日、多くの権力から仮想通貨を独立させるため署名を求める通貨独立宣言を発表しています。

この独立宣言は、「英語、日本語、中国語を始めとする14言語」に翻訳されており、その署名は、イーサリアムブロックチェーンのスマートコントラクトを使用しています。

仮想通貨戦争に打ち勝つために

最後にMcAfee氏は、この仮想通貨戦争に打ち勝つために、個人が行動しなければならないことについて述べました。

「我々に何ができるかと言うと、まずは”行動”あるのみだ。試しにあなたが支持する議員に手紙を書いてみて欲しい。」

「バカげているように聞こえるかも知れないが、議員に選ばれたからには、仕事を与えなければならないのだ。」

「そして銀行に行き、仮想通貨取引を行うことができるか聞いて欲しい。もしできないと答えられたのであれば、できる銀行を紹介して貰って欲しい。そして、クレジットカード会社に仮想通貨決済を行えるように要求してくれ。」

「さらに、米国証券取引委員会にも干渉しないように手紙を送るんだ。なぜなら仮想通貨は、”証券”ではなく”コイン”であり、”通貨なのだから。」

そして最後に、「ぜひ行動を起こすべきだ。」と、投資家に対して行動を促し、動画を締めくくっています。

このようにMcAfee氏は、現在の仮想通貨業界を取り巻く状況に対して疑念を抱いており、さらなる発展のため仮想通貨が受け入れられていくべきだと主張しています。

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る