Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

仮想通貨ストラティスについて長所や短所を解説

目次で概要を確認

ストラティスの基本情報について

Stratisの時価総額・知名度 Stratisの時価総額は2018年5月現在で約540億円あります。仮想通貨の時価総額ランキングでは39位とメジャーとは行かないまでも、アメリカを中心とした仮想通貨市場で開発競争が激しく常に上位を位置し、注目度が高い仮想通貨として知られています。 また、仮想通貨Stratisの最大発行枚数は9800万枚と言われていて、現在の総発行枚数のうちICO参加者には85%が、残り15%には開発費用に当てられていて開発者が保管している状態です。

ストラティスに使われている技術

Stratisは、「ユーザーがただプラットフォームを通して選択をしていくことだけでコンテンツを手軽に利用できるような環境」を構築していくことを目標としていて、こう言った環境のことをBaaS(Blockchain as a service)といい、この環境の元ではユーザーはブロックチェーンに対する専門的な知識が乏しくてもアプリを利用・開発することができるのです。 複数のブロックチェーン間で仮想通貨のやり取りを双方向で行い、様々な機能等を実装しようとする技術・プロジェクトであるサイドチェーンを利用することによって Stratisのメインチェーンと他の仮想通貨プラットフォームとブロックチェーンとの間において、プライベートなブロックチェーンのネットワークを構築していくことが可能になります。このシステムが可能になることによってビットコインの匿名取引やイーサリアムのAPIなどを利用することが可能になっているのです。 Stratisでアプリケーションを開発したりすることに用いられている言語はC#です。1972年に開発されたプログラミング言語の1つである「C言語」と世界で最も優れている「JAVA」を融合して2020年に作られた言語です。世界的に有名なプログラミング言語で、これとプライベートなブロックチェーンによる他プラットフォーム上APIの使用によって様々なAPIシステムを取り込んでいるブロックチェーンを利用するアプリケーションを利用することが可能になります。

ストラティスの優れているところ

Stratisではビットコインの匿名送金サービスである「Tumblebit」が利用可能です。これはアルトコインDASHと同じようなシステムで、複数存在する送金記録を一箇所に集めて、それを配布していくことによって送金元と受取先との関係性をわからなくすることを可能にするのでビットコインのような匿名性を持つことができます。 Stratisに必要なプログラミング言語は先述したC#だけなのでアプリ開発はかなり簡単にできると思います。他の仮想通貨で言えば、イーサリアムのプログラミング言語はSolidityというとても難しい言語を学ばなければならなかったので簡単にアプリ開発ができるのはスマートコントラクトに興味があっても難解なプログラミング言語のために参入しづらかった方の敷居を下げていくことに成功したのでメリットの一つです。

ストラティスの残念な所

Stratisはマイクロソフトと提携をしているので明確な運営者という存在があります。ここで注目したいのがビットコインでは管理者不在で非中央集権的な運営が可能であることなのですが、Stratisの場合は運営者の存在によってやや中央集権的になってしまいます。よって運営側が失態などを犯して倒産してしまった場合はこちらの価値もなくなってしまうというデメリットはあります。

将来性

StratisはOSの開発で有名なマイクロソフトと提携していて、マイクロソフトの主要なプロジェクトの一つであるそうです。さらにICOで発行されている仮想通貨の中では、値上がり率が比較的高いので将来性は高いと言われています。また、先述したプログラミング言語「C#」を採用していて誰でも比較的簡単にブロックチェーンの構築をできることから多くの企業が注目しています。仮想通貨の浸透に伴いブロックチェーン技術の導入を試みようとする企業が増えた時に現状のままではブロックチェーン技術の構築ができるエンジニアが少ないです。この解決策としてStratisが開発され市場のニーズに合うようになるでしょう。それに合わせて仮想通貨「STRAT」の需要も拡大していくことでしょう。日本での知名度は低いかもしれませんが世界的に見ると高いので今後も注目の仮想通貨です。

ストラティスを扱う取引所

100種類以上の通貨を取り扱う中国の大手仮想通貨取引所Binanceがオススメです。仮想通貨全体の取引高が高いのですが特にStratisの取引高が高く手数料も安いです。 約200種類の仮想通貨を取り扱う世界最大級の仮想通貨取引所Bittrexもオススメです。取引高が高いです。しかし日本語対応しておらず、手数料が割高というデメリットもあります。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る