Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

仮想通貨エイチシェアの長所や短所を解説

目次で概要を確認

エイチシェアの基本情報

エイチシェアの時価総額は2018年5月現在約310億円で仮想通貨時価総額ランキングでは54位に位置づけられています。開発されたばかりの通貨で知名度が爆発的にあるわけではないですが、徐々に注目を浴びつつある仮想通貨の一つです。 また、エイチシェアの最大発行上限枚数は8400万SHRです。そのうちの2100万HSR(25%)はPoSによって発行され、PoWによって2100万HSR(25%)発行されICOと無料販売分も2100万HSRだそうです。さらにICO前の投資家たちが1260万HSR(15%)を保有し開発チームとHcashファンドが420万HSRを保有しています。

エイチシェアに使われている技術

2009年に仮想通貨ビットコインが誕生してからイーサリアムやリップルなどの様々なアルトコインが開発されてきました。現在は1500種類以上も存在しますし、それらの仮想通貨は皆独自のシステムを持っています。そのため、仮想通貨同士の送金・交換に問題が起きてしまったのです。それは交換するために一度円・ドルなどの法定通貨やビットコインに置き換えてから交換しなければいけなくなりその分仲介する取引所などに手数料を多く払う必要性が増し、仮想通貨同士の交換に高い障壁が生まれてしまったのです。要するに既存の通貨は同じシステムを導入しているもの同士でないと交換がしづらかったので様々なシステムを持つエイチキャッシュという通貨を開発しようといった感じです。この問題を解決するために開発されたのがエイチシェアです。その特徴として主にあげられるのが ① DAGシステム ②ゼロ知識証明 ③PoWとPoSの交配種 ④DAOです。 順番に説明していきます。 DAG(directed acyclic graph)とは日本語では有向非循環グラフと訳され、ビットコインのブロックチェーン技術に潜んでいる課題・問題を解決するために誕生した技術です。エイチシェアは一般的なブロックチェーン技術の他にこのDAGシステムを導入しています。ビットコインなどに使われていた通常のブロックチェーン技術ではトランザクションはブロックにまとめられていて、1つの分岐しないチェーンにブロックが結ばれ全ての情報が記録されています。そしてビットコインが成長するにつれネットワークの全てのノードに伝播されるのに時間がかかりすぎてしまい取引に時間がかかってしまいます。ですがDAGシステムも採用することで、ブロックの前後に2つチェーンをリンクさせ全体としては網目模様のように情報が連鎖していき、新しいトランザクションが誕生した時に前の2つのトランザクションを参照するだけで済むので余分にデータを解析することもなくなり情報処理のスピードが格段に速くなります。 ゼロ知識証明とは英語でZKP(Zero Knowledge Proof)と英訳され暗号技術の中でも特に匿名性が高いとされています。通常のブロックチェーンでも公開暗号方式により、ウォレットアドレスの特定が不可能であることから匿名性が高いと言われてきましたが取引金額・送金者アドレス・受信者アドレスの3点はブロックチェーン上のトランザクションに記録されるのでアドレスの監視をすれば仮想通貨の多額所有者を事実上特定することが可能でしたが、ゼロ知識証明は全ての情報を公開せずに取引を処理するので通常のブロックチェーンよりもさらに匿名性が高いとされています。 エイチシェアのコンセンサスアルゴリズムはビットコインやモナコインが採用している取引検証方式PoWやイーサリアムが採用している取引検証方式PoSのハイブリッド型のオープンガバナンスモデルで、エイチシェアの保有者は誰でもその運営方針に参加できるといった特徴があります。 DAOとは非中央集権的で自律的に稼働するシステムのことです。エイチシェアはDAOを採用しているのでエイチシェアの保有者全員がエイチシェアの動向に関して投票権を持っています。そのためプロトコルの更新などの最重要意思決定の際にリアルタイムで参加することができます。

こんなところが良い

DAGを採用することで高速で取引処理を行うことができるので大幅な時間短縮が可能になります。また、異なるブロックチェーン技術の導入により送金や交換が簡単に行えるので他の仮想通貨との差別化ができています。またボロックベースのブロックチェーンとブロックレスベースのブロックチェーンの橋渡しをするために主要なブロックチェーンにリンクする全てのプラットフォームを作成するので当然のことながら有名な仮想通貨の機能をかなり幅広く備えることになるでしょう。このような優れた技術を使っているため世界でも注目されつつある仮想通貨の一つです。

こんなところが微妙

先述したようにHcashのローンチが遅れているのが懸念されています。しかし支払サービスなどの環境づくりは積極的に行われています。また日本国内の取引所には取扱がなく海外の取引所を利用しなければなりません。

将来性

HshareがHcashと交換できるようになれば仮想通貨にある多くのシステムが採用されるので様々な仮想通貨と平等な取引を行うことができるようになるでしょう。また独自の偽造システムによる偽造防止やゼロ知識証明による匿名性の向上によりセキュリティの質も高く安定した価値のある通貨になることでしょう。開発段階にあるので取引所はまだ少ないですが今後は日本の取引所でも取り扱われるようになり仮想通貨の中でも中心に位置することができるようになるでしょう。

取引所について

先述した通り日本にはまだ取引所がありません。エイチシェアの取引が多いのはBinanceです。2017年に設立した急成長中の中国の仮想通貨取引所です。大手のビットフライヤーなどで口座を開設し、BTCなどで送金することで海外の取引所で取引できます。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る