Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

仮想通貨ロードについて長所や短所を解説

目次で概要を確認

ロードの基本情報

ロードの通貨単位はLDGで現在はまだ上場していません。2018年の10月に上場予定であることやプロジェクトが始まったばかりであるため知名度はあまりないと言えます。 また、モハメドアブジブリル氏を中心として開発が行われています。5月28日現在トークンセールが行われていますが、トークンセールでの販売数は発行総数の88%で残りの12%は分配されると言われています。

ロードに使われる技術

仮想通貨の技術の根幹に存在するブロックチェーンを利用する事で金の製錬所(保管所)、販売所、ユーザーを直截結びつけ、監査機能もついたLODE NETWORKを構築する予定です。LODE NETWORKによって金の現物取引の無駄を省きスムーズかつスマートに行うことを可能にすることを目指しています。

ロードの優れている点

金の輸送をする際には盗難や紛失の危険性や輸送の際に莫大なコストがかかっていますが、LODE NETWORKによって輸送の際の危険性やコストを大幅に減らす事ができます。また人を介さずに取引をする事ができるので金を売る際にかかる手数料を少なくする事ができます。金を売る際の手数料であまり利益が見込めない問題の解決に繋がりますね。さらに金の価値がわからなくても適正価格で売る事ができるので非中央集権型であると言えます。

ロードの残念な点

仮想通貨業界の主要な国には中国とアメリカが挙げられる事が多いと思います。それに伴ってサイトやホワイトペーパーは中国語と英語にまず対応させる事が必須と言えます。しかしロードの公式サイトやホワイトペーパーは英語、日本語、アラブ語という言語のチョイスが微妙です。日本人に対する詐欺ICOの特徴として日本語と英語に対応させていることが多いです。そのために今は信頼性において致命的に悪いと言えます。またプロダクトのローンチが2020年の1月というのはさすがに遅すぎると思います。

将来性

まだ上場していない点や信頼性に欠ける部分があるので正直なところ未知数であるというのが一番しっくりきます。ただロード事業構想が実現すれば金の業界が大きく変わることとなり、通貨の価値が高騰していくと思います。

取引所について

ロードはまだ上場していないので公式サイトから直接購入する形となります。現在5月28日時点ではパブリックセールステージ2という販売を行なっていて、1LDGを1ドル最小購入額10LDGから購入可能です。販売数は20000000LDGで期間は6月15日までとなっています。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る