Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

MUFGコイン今年大注目!リップル(XRP)でテスト予定!

三菱UFJファイナンシャルグループ(MUFG)は、自社仮想通貨『MUFGコイン』の発行を計画しています。
現在稼働顧客である約10万人のアカウント保有者が関わる大規模なテストを行う予定です。
またMUFGは、仮想通貨のシステムであるブロックチェーン技術を銀行全体の業務に活用する方法を検討しているようです。
仮想通貨、ブロックチェーンの特性を活かしMUFGコインは、商品購入やサービスの購入から口座から口座へのスムーズな送金を目的としています。

MUFGはリップルのグローバル・ペイメント・ステアリング・グループと連携を強めている。

この連携では、リップル(XRP)の国際送金ネットワークのブロックチェーン上で実際の資金を移動するテストを行う予定も立てております。
世界の中央銀行による仮想通貨プロジェクト (USCプロジェクト)に参加後、1年目にして、こういった動きが起こったことにも多大な注目を浴びております。

USCプロジェクトの目的は、ブロックチェーン上の担保資産を使用して、グローバル銀行が様々な取引をより容易に行うことを可能にし、最終的には中央銀行の仮想通貨の使用を支援する事を目的としております。スマートフォンにアプリをダウンロードすると、アプリで送金や代金の支払いの際にMUFGコインを使用する事ができるようになる予定です。通貨レートは1コイン=約1円で安定させることにより利用者が安心してMUFGコインを使用できるようにするようになっており発行された段階でTetherなどと同じ法定通貨と等価交換が可能なペッグ通貨となる予定です。

MUFGコインが作成された理由

MUFGグループは仮想通貨強い関心を持っているようで、
2016年の時点で既にMUFGコインについての報道がありました。
仮想通貨の開発・ブロックチェーンの活用は目標だったと言えます。
2017年の時点でMUFGコインはグループ内では試験的に使用されていた。
銀行・金融機関にとっては貸付・発行であっても、通貨が変動してしまう通常の仮想通貨では大きなリスクになってしまいます。その為、MUFGコインは1単価1円を担保するペッグ通貨の方式とし、法定通貨と等価交換の出来る通貨であれば、価値を担保しつつ、ブロックチェーンを活用でき、人員やATMなどにかかる経費面でもコストも削減することが可能となります。

今年注目のMUFGコインまとめ

仮想通貨のメリットは、時と場所を選ばず送金においても国内であろうと海外であろうと即座に反映される。仮想通貨・ブロックチェーンの開発を行うMUFGグループは、仮想通貨のシステムの採用で金融機関のデメリットとされていた事項のほとんどを解決できてしまいますね。
今ではMUFGだけではなく、国内外問わず大手金融機関が仮想通貨導入や仮想通貨の自社開発を目指しております。MUFGのような取り組みは銀行にとっても、我々ユーザーにとっても
幅広いニーズが生まれますよね!

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る