Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

メイドセーフコインについて長所や短所を解説

目次で概要を確認

メイドセーフコインの時価総額や知名度

メイドセーフコインは2018年5月30日の時点で、価格が47円ほどとなっており、時価総額はおよそ212億円で、時価総額ランキングでは、仮想通貨全体で、74位となっています。 2014年に公開され、それから1年間は、1MAIDがだいたい1円から2円で推移していました。しかし、2016年に入り、1MAIDが10円まで上がるなど徐々に上昇し、2017年の仮想通貨ブームにのっかって、他の通貨の上昇と同じように、一気に1MAIDが60円になるまで上昇しました。当初の価格と比べると、現在は4倍ですが、一時期6倍まで上昇したところを考えれば、まだまだ可能性はあると思います。 またメイドセーフコインの最大発行枚数は43億MAIDで、現在4億5千MAIDが流通しています。

使われている技術

取引の承認システムには、Proof of Resourceを採用しています。 Proof of Resourcetとは、ざっくりいうと情報のシャード(断片)を保存するに関わるディスク容量、CPUと帯域幅を表すことです。個人がP2PでディスクやCPUの容量を提供し合うことで分散型ネットワークは成立するというもので、CPUや帯域幅、ディスクスペース・オンライン時間の提供割合の寮に比例してその分の発言権を与えるというシステムになっています。そうすることで、データを保管するだけではなく、アプリやシステムの構築などコンピュータの能力自体を活用できることになります。このシステムは、メイドセーフシステムと呼ばれていて、この容量の提供者のことを、ファーマーと呼び、リソースを提供した人には、セーフコインがもらえます。ビットコインなどの発行母体がない仮想通貨はブロックチェーンで取引データを管理することで価値を表現し、P2Pネットワークの参加者みんなで、ブロックチェーンというデータを管理しているため、不特定多数のビットコインを持っている人が、マイニングという操作を行うことによって、コインの新規発行がおこなわれています。メイドセーフコインはこのようなビットコインなどの中央管理者がいない通貨と違って、はっきりとした発行母体が存在しています。そこでシステムを整備する資金としてメイドセーフコインを購入することによって、先ほど説明した通り、データを保管するだけではなく、アプリやシステムの構築などコンピュータの能力自体を活用できる、セーフコインを獲得できます。この点はメイドセーフコイン独自の特徴なので、しっかりと理解をしておく必要があると思います! また、メイドセーフコインのシステムを支える上で大切になっているものにCCPというものがあります。 CCPとはメイドセーフ社とカナダの暗号通貨交換所が提供するコインペイメンツ社という会社との共同案件で、CCPはコインペイメンツ社のウォレットを普及させることとメイドセーフコインの時価総額を押し上げることを目的として、CentCoinというものを発行します。CentCoinは簡単にいうならば、特定の利用者に流通している地域通貨のようなもので、価格がよく変動する通貨のことです。 CentCoinを購入する場合、同社のウォレットを利用して入金などの操作をしなければいけません。また、コインの購入者が増えてコインの価格が上昇すれば取り分が増え、さらに購入者を紹介すればその人の購入分も取り分の対象になるというシステムになっています。 この説明をする上で、P2Pシステムという言葉が何回か出てきました。P2Pシステムはメイドセーフコインを説明するにあたって、おいて非常に大事なシステムです。 簡単にこのP2Pシステムを説明していきます。 P2Pシステムとは、ピアーツーピアー(Peer to Peer)の略称で、簡単にまとめると、同格のパソコンから、別の同格のパソコンへ直接ファイルを送るシステムという仕組みです。 通常パソコンを使ってインターネットを利用する際は「クライアント」(依頼者)と「サーバー」(提供者)が存在します。私たちが自宅でインターネットを使っているのが「クライアント」(依頼者)、そして検索やメールサービスなどを提供してくれている企業の巨大なコンピューターが「サーバー」(提供者)と理解しておいてください。もしあなたがネットで検索エンジンやメールサービスを使ったとします。その行為は、ネットワークを通じて「サーバー」という巨大コンピュータにアクセスしているからできています。あなたがインターネットを使うということは、企業の巨大なコンピューターにアクセスしているのと同じ意味を持つのです! このシステムのメリットは大きく分けて2つあります。 1つ目は、データ通信の速さです。このシステムではサーバーが存在しないので、巨大ファイルをいちいちサーバーに預けて、そのあとでダウンロードするという二度手間もなくなるのに加え、サーバーにアクセスが集中して、回線が混雑したり、ダウンロードに時間がかかるという問題もなくなります。 2つ目は、安全性です。データを管理しているサーバーが1つではなく、各端末で保持・共有をしているため、ハッキングなどの悪質な攻撃も受けにくくなっていて、安全性に優れていることです。 しかしこのシステムにはデメリットもあり、それは、サーバーがいないため、管理がしにくいというものでした。そのため、不正の発見が遅くなってしまっていました。しかし、仮想通貨で用いられている、ブロックチェーン技術が発達したため、その問題はほとんど解決しています。 P2Pシステムについて理解できたでしょうか? このようにP2Pシステムは一方通行のシステムとは異なり、ユーザー同士が対等の立場で通信を行っています。 このシステムはメイドセーフコインだけでなく他の仮想通貨でも大きく関係しているものなのでしっかり理解しておきましょう。

優れているところ

メイドセーフコインは利用者の安全性を担保するシステムとして「自己暗号化」というものがあります。このシステムによって、古材いの情報がアップロードされると暗号化されバラバラに保存されます。こうすることで、分散されて保存されるのでハッキングなどの悪質な攻撃がしにくく、安全性が非常に高くなっています。 よく、私たちはインターネット上で、ユーザー名やパスワードを登録しています。実はこの行為が意外に危険で、ハッキングされるリスクがあるんです!私たちは勝手にパスワードは自分以外が知らないから安全だと思っていますが、実際にはそうとは言い切れません!なぜかというと、サーバーがパスワードを記憶しているからです。なので管理者はパスワードを閲覧できるということになります! よくテレビや新聞で「何千人の個人情報漏洩」などのニュースをよく見ますが、それはサーバーが全てを記録しているため、ハッキングによって一気に大量の個人情報の漏洩してしまうということなんです。 その点メイドセーフコインはパスワードも暗号化され分散するようになっています。 さらにP2Pシステムによって中央サーバーがないので情報が集中することがないため、個人のパスワードなどの個人情報は自分1人だけで保管できます。 さらに誰も個人のファイルの記録やログインの詳細を保持する必要がないですし、誰にもアクセスを許可するよう頼む必要がないので、自分のデータを見つけたり、ロックを解除したり、復号化したりすることができます。

残念なところ

メイドセーフコインのデメリットとしてあげられるのはシステム開発の進捗状況です。 先ほど言った通り、リソースを提供した人にはデータを保管するだけではなく、アプリやシステムの構築などコンピュータの能力自体を活用できる、セーフコインがもらえます。また、このセーフコインはメイドセーフコインと等価値の割合(一対一)で交換できるようになっています。したがって、利益を上げるためにはこの通貨を保持するしかありません。セーフコインはそれ自体を使ってサービスの売買を行うものではなく、メイドセーフが開発された時にサービスを利用するための通貨です。そのためこの通貨はメイドセーフのシステム開発の進捗によって確実に利用できるかはまだわからないという点は大きな不安材料です。

将来性

現在、メイドセーフはロードマップに記載されている計画の第1段階であるSAFE Network Alpha1というものが完成しており、作業は第2段階に突入しています。この第2段階では、メイドセーフコインが実質的に利益を持ち始めることを目標にしています。これが実現すればメイドセーフコインの価値がグンと上がることは間違いないでしょう。しかし、実用化がいつになるか断言できません。また冒頭でも述べたとおり、メイドセーフコインは、Facebookなどの巨大なサーバーを保有する組織を介さずにインターネット取引できるための開発を進めています。現在インターネットの業界は、特定の大企業が中央集権的に市場を独占しています。この状況を打破する可能性が、このメイドセーフコインには確実にあるといえます!そういう意味では開発の進捗しだいで大きな将来性が見込めます

メイドセーフコインを取り扱う取引所

メイドセーフコインを扱っている海外取引所で、比較的手数料が安い取引所を3つ紹介します。それは、Cryptopia、HitBTC、Poloniexです。その中でもCryptopiaはニュージーランドの取引所で、手数料の安さだけでなく、扱っている通貨が非常に多いというメリットがあるのでオススメです!  ]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る