Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

「マイン」について長所や短所について解説

目次で概要を確認

マインについての時価総額

マインは誰にでも仮想通貨で簡単に決済が出来る仕組みを実現させるために考えられたプロジェクトです。他の仮想通貨との大きな違いは使えば使うほど通貨の価値が上がるという点で、それによって利用者を増やして一つのコミュニティを作り上げ、通貨の価値を半永久的に上げ続けることで仮想通貨を軸とした経済圏を作り上げようとしています。そのためには巨大なマイニングファームを建設して、マイニングによって得られた仮想通貨を保有マインに応じて分配するシステムです。建設されたマイニングファームにYoutuberであるラファエルが訪問した事でも話題となっていました。 ETHPoll Technology Labo .Incというのマークパダマ氏が中心となって開発を行なっています。発行枚数は約2000億枚となっています。

マインに使われている技術

マインが構想するする世界を実現するために3つの要素があります。1つは先ほど少しでてきたマイニングファームで、モンゴル、ウイグル自治区で中国に正式に認可されて建設されています。最新のGPUやASICを導入しています。2つ目マインウォレットというもので日々分配を受けるために必要なものです。他のウォレットでは分配が受け取れない上にマインウォレットに最低24時間保有する必要があります。またマインウォレットと連動しているマインデビットカードがあり、マイン、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュとマインウォレットで扱っている通貨で支払いをする事ができます。支払いの際には5%の決済手数料が使われ、そのうちの3割が運営側がコミッションとして受け取り、7割が同価値のマインを新規発行してユーザーに分配されます。

マインの優れているところ

マインの技術を使ってMining of Things(MoT)という流れを作ろうとしています。これはモノにマイニングに関係するものを載せるという考えで、マイニングファームによって得られたマインを分配され、またマインデビットカードを使って決済をして新たなマインを得る事でどんどんマインが増えていくことが可能となります。これによって消費することが苦ではなくなるので通貨が流通しやすくなるということがあります。

マインの残念なところ

3月と4月にプリセールが行われていましたが、そのときにはホワイトペーパーが完備されていない状態で、実際に話をきいて購入する形でした。詳細がまとめられていない状態で出資を募ることはあまりいいことではありません。また後日ホワイトペーパーが掲示された時に話で聞いたことと違う部分があったそうで信用性に欠ける部分があります。

将来性

マインが構想する世界が実現した時には世界の決済方法に革命は起き大きな注目を受けることは間違い無いですね。しかし構想が大きすぎるうえに本当に実現できるか微妙なところだと思います。マイニングで常に利益をちゃんとあげられるかによって決まっていくと思います

取引所について

現在マインはトークンセールを行なっています。購入方法はトークンセール購入のリンクをクリックして、そこからメールアドレスを登録して購入する流れです。支払い方法はイーサリアム、リップル、ビットコイン、アダで支払うことができます。 また、マインは2018年の10月〜12月に上場するとロードマップで言われています。同じ時期にマインウォレットα版のリリースやマインカードの申し込みが開始されます。この記事を読んで興味をもった方は公式サイトでしっかり詳細を読んだうえでこれらのロードマップに備えて購入を検討してみてください。]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る