Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

オーストラリアで仮想通貨都市!?

仮想通貨フレンドリー!? オーストラリアで初めて「仮想通貨フレンドリー」の観光都市が誕生したと話題担っております。オーストラリア クイーンズランド州に位置するアグネス・ウォーターは、オーストラリアで初めての「仮想通貨フレンドリー」な観光都市であることを宣言しました。アグネス・ウォーターは、わずか2000人ほどの住人にも関わらず、30を超える企業がアグネス・ウォーターでの支払い方法として仮想通貨を受け入れました。仮想通貨を観光促進の為に活用するアグネス・ウォーター。何と今回仮想通貨を受け入れると考えたのは、地元の不動産業者だと言う事だ。地元の不動産屋さんのクリスチャン氏が仮想通貨に関心をもったのは、不動産の顧客にビットコインの支払い方法について求められた事だったという。そして、すぐ後にブリスベン空港が仮想通貨決済を受け入れると発表したこともあり、仮想通貨に関心を持ったといっております。彼はいくつかの企業とこの話を共有したところ、その企業は前向きな姿勢で受け入れたいとのことだった。その企業は、旅行客が仮想通貨の支払い手段を求めていること、また仮想通貨に対して興味があると考えたようです。さらに大手企業10社が仮想通貨を採用しようとすぐに決断したことで、この取り組みは始まったようです。仮想通貨の支払いがアグネス・ウォーターの企業で急速に進んでおり、仮想通貨の支払いを受け入れていた企業が急速に伸びました。既に、31の地元企業(リゾート、旅行会社、レストランや、地元のパブなど)が、アグネス・ウォーターでの仮想通貨決済を受け入れている。現在世界中を旅する旅行者は、複数の通貨を扱う必要があるため、為替レートに混乱することや、時にはATMを見つけることに苦労すること、そして外貨両替業者に騙されることもあるかもしれません。しかし、ビットコインのような仮想通貨による決済は、これらの問題を解決できるとのことです。私も年間で5回くらいは海外旅行を行うので、こういった取り組みが世界全体で起きることで、外貨両替の手間や両替の際にかかる手数料などの無駄を省けるのではないでしょうか?

仮想通貨ブームの国、中国!

次も海外記事ですが、現在仮想通貨ブームが最もある国、中国。現在世界的な基準からしても中国は圧倒的に進んでいます。仮想通貨ブーム以来最大級の投機バブルをもたらす中、世界の仮想コインの最大80%を採掘(マイニング)する半導体を中国・北京市の海淀地区にある1企業が販売してきました。2年ほど前までほとんど無名の仮想通貨マイニング業者ビットマイン・テクノロジーズは2017年に25億ドルの売り上げを計上したことを明らかにしました。仮想通貨ネットワークは大量の演算処理能力と電力を必要とするマイニング技術で成り立っているが、このゲームに本格参戦しようとするなら、ビットマインの半導体が必要になる。アメリカでは新たなマイニングを行い、中国ではチップの開発に注力している。同社はAIを用いて、中国政府から全面的な支援を受ける、ビットコインとは異なる業界にターゲットを絞っています。中国政府は昨年7月、調査や関連ビジネスへの投資を通じて30年までに中国がAI分野で世界のリーダー的存在になる計画を示しております。仮想通貨全体が盛り上がることでマイニングは必ず必要になります。そのマイニングを効率よくできるかできないかが今後の市場全体に繋がって行くのではないでしょうか? ]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る