Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

再び51%攻撃~ZenCash約6140万円盗難〜

51%攻撃 51%攻撃は不正な取引を目的した悪意あるユーザーが過半数以上のマイニング(採掘)計算能力を保持することで、ブロックチェーンのネットワークを乗っ取る行為のことです。今回51%攻撃を受けたZenCash(ZEN)は即時に対応し、事態を調査し51%攻撃を受けていることを確認すると同時に、二重払いを最小限にとどめるため、各取引所にZENの承認時間を延ばすように依頼をだしております。しかしながらし迅速な対策が取りましたが、二重払いがすでに2度行われていたことが発覚しています。今回ハッカーが不正操作によって収得した量は19,000ZEN、日本円で約6,140万円に相当するの価値を収得したと思われます。6月2日には3,500円近くで取引されていたZENは攻撃直後には約3000円にまで値下がりし、現在も下落を続けており、その価格は2,300円近くまで下がってしまっております。

ゼンキャッシュ(ZenCash/ZEN)

ゼンキャッシュ(ZenCash/ZEN)は、2017年3月にリリースされました。ブロックチェーンの安全性と匿名性を、日常的な情報管理にも応用することを目指し、ジークラシック(ZClassic/ZCL)からハードフォークした仮想通貨になります。今回の51%攻撃には迅速な対応を行ないましたが、大きな打撃を受けたことは間違いない。ここ最近相次ぐ51%攻撃。ビットコインゴールドやモナコインなども被害をすでにうけております。その他でも相次いでおります。では51%攻撃も受けにくい通貨は何なんだろうか?51%攻撃を受けるのは、既存のマイニング方式を見直さなければなりません。攻撃を受けるのはPow式のマイニングになります。 このマイニングは全体のマイニング計算量の51%以上を占領してしまえば、ブロックチェーンを支配できてしまいます。しかし51%攻撃でできる事は限られます。 <h3>51%攻撃でできる事</h3> ○トランザクションが承認されるのを防ぐ ○過半数のハッシュパワーを持っている間、自分のトランザクションを取り消すことができる(2重支払い) ○マイニングにより得られる10分に一度のブロック報酬(25BTC)を全て自分のものにすることができる。 くらいです。決して他人のウォレットに入っている、通貨を盗む事が出来るわけではありませんので、勘違いしないようにしてください。 現在イーサリアムもそうですが、マイニング方式の変更や始めからPow式のマイニングを選択しない通貨が増えてきております。Pos式というウォレットに入っている通貨の量でマイニング順位が変わる方法をとっています。これは51%攻撃を防ぐだけではなく、現状問題視されている、電力や人件費などが大きな背景としてあります。 ]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る