Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

スロベニアでも!?ビットコインシティ!!

これから話題の(?)ビットコインシティ!! 今回のスロベニアですが、本当の意味でのビットコインシティが誕生するかもしれないです。今回の舞台はスロベニアの首都リュブリャナにある複合商業施設、「BTC City (BTCシティ)」になります。ここは、ショッピング、エンターテイメント、レストランなどが楽しめるショッピングモールです。BTCシティですがビットコインを利用した「真のビットコインシティ」になる為に動き出しているそうです。BTCシティの敷地面積は延べ475,000㎡に及び、現在は500程の企業、商業、娯楽施設があるそうです。ヨーロッパ随一の複合商業施設としても知られいて、リュブリャナの観光名所、ショッピングスポットの一つとして市民、観光客から愛されているそうです。BTCシティの運営陣はこの複合商業施設を、ブロックチェーンを含むフィンテックやAIなど最新テクノロジーに裏打ちされたエコシステムを採用する新たな形の複合商業施設とすることを もくろんでおり、その中で目を付けたのがビットコインというわけです。そして今回、ビットコインを利用したエコシステム構築のためにしらはの矢が立ったのが、スロベニアに拠点を置くフィンテックのスタートアップEligma(エリグマ)社です。Eligma社はAIとブロックチェーンを利用した、コマーシャルプラットフォームの研究開発を行っており、2018年4月には同社発行トークンを利用したICOを無事に成功させています。(シンボル= “ELI”)現在BTCシティでは、同社の決済システムであるElipayをBTCシティ内で営業しており、複数のショップやビジネスセンターの決済方法として採用しております。すでに仮想通貨用のATMも設置されており、準備は着々と進んでいるようです。

スロバニア首相や政府からも注目が!

このBTCシティ(ビットコインシティ)の構想は政府からの注目も集めています。2018年5月25日には、スロベニアの現首相であるミロ・ツェラル氏がBTCシティを訪問、その活動を視察しました。これは同日スロベニアで開催された、デジタル化社会やブロックチェーンテクノロジーの国際カンファレンス『Biyondo4.0』の中で行われました。ミロ・ツェラル氏は仮想通貨をはじめとした、フィンテックなど最新テクノロジーに対して知見の深い人物と知られ、スタートアップの投資、支援事業にも力を入れている人になります。この方は今週初めにブロックチェーン技術に焦点を当てた新たな政府支援のシンクタンクを発表しています。首相は水曜日にデジタルスロベニア 2020を開催し、ブロックチェーンに関する講演を行い、その中の発言で、スロベニアを欧州連合において最も認知されているブロックチェーンのリーダーとして位置づけたいと語ったそうです。首相は政府主導でスロベニアの経済成長のために、すべての分野で近代化とデジタル化促進のビジョンを掲げ、新しい技術の導入を目指しているそうで、その中でもブロックチェーン技術には大きな可能性があると認識しています。首相自ら企業との話し合いに参加するなど積極的に活動していますので、スロベニアはヨーロッパの国々の中でも最もブロックチェーン技術でリードしています。スロベニアのブロックチェーン企業は世界的にも認識され始めていて、その価値は着実に増加しています。スロベニア全体としてはブロックチェーンフレンドリーな地位を確立しており、そのために情報伝達と普及、法的規制の導入、プロモーションなどの分野で、ブロックチェーンエコシステムの柱を確立しています。ブロックチェーン技術分野で働く企業の発展のために支援を行う環境を提供してくと首相は発言をしています。国のトップがここまで力を入れているわけですから必然と企業は伸びていくわけですね。 また彼は、同国のスタートアップコミュニティを支援し、政府がブロックチェーン管理アプリケーションを 検討していることを明らかにしています。政府のシンクタンクは、これらの継続的な取り組みにおいて役割を果たすと思われます。ですが同時に、政府はICOや暗号通貨への規制が整っていないことにリュウイして、警告を行っています。仮想通貨の危険性なども冷静に分析しているようなので、もしスロベニアからICOが出てきた際にはミロ・ツェラル氏の発言に注目したほうがよさそうですね。スロベニアに限らず、東欧諸国ではフィンテックの研究開発に国家レベルで力を注ぐ国が多いです。私も海外企業が集まるカンファレスなど参加しますが、やはりヨーロッパの企業の勢いを物凄く感じました。まだ一企業による事業レベルを出ないビットコインシティ構想ですが、今後どのような発展を遂げていくのか注目していきたいですね。 ]]>

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る